« カンクン旅行記 始まりました | トップページ | グランドケイマンにて »

2011年7月29日 (金)

ヒリゾ浜と南伊豆

 

7月14日、15日で南伊豆のヒリゾ浜に行ってきました。

 

14日の早朝に家を出て、まっすぐ南伊豆の中木に向かいました。

 

木曜の昼過ぎまでヒリゾ浜にいて、それから正月の時に寄ったら日影になっていて

 

きれいに撮れなかった碁石が浜を見に下田方向i(東方向)に行き、

 

その後はまた西方向に戻り、これもまた正月に夕陽を見た西伊豆の大田子海岸まで

 

夕陽を撮りに行き、暗くなってからまた真っ暗な山道を南下して中木に戻り、

 

その日は中木港で車中泊でした。

 

 

 

15日の朝、最初に以前何回か採集目的で行った中木港の奥の浜に行ってから

 

ヒリゾ浜に行き、午後までいてから家に帰りました。 

 

その時の写真をご紹介します。 

 

まずは、玄関を出たとき見た朝陽から。

 

                                                    つづく

夏はすべてのものが元気いっぱいな感じがして、本当に楽しい。

 

 

このループ橋は高さがあるので、思わず車を下りて撮りました。

 

 

 

ヒリゾ浜を高台から見た全体像をご紹介。

これがヒリゾ浜の全景です。

 

 

 

 

小さく写っている船は監視船です。

 

 

ブイの向こう側は航路になっているので遊泳禁止です。

 

 

右端の部分に中木港から出た渡し船が着きます。

 

ものの数分ですが。

 

 

伊豆半島南端のちょっと西側に中木港はあります。

ここを曲がります。

 

 

バス停でいうと「仲木口」です。

バス停は「中」じゃなく「仲」なんだ。

 

 

 

曲がると数分で港に着きます。

 

 

 

 

 

港について車を停めたらアヒルが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右手のテントが渡し船のチケットを買うところです。

 

 

 

N70_7724

その横にはトイレがあります。

 

 

 
 

チケット売り場のすぐ先に大きめの駐車場があります。

 

 

 

駐車場の左端の通路から渡し船の乗り場に行きます。

 

 

 

ここです。

 

 

 

ヒリゾ浜から戻る人を乗せて船が来ました。

 

 

 

それに乗ってヒリゾ浜に。

 

 

 

しゅっぱーつ!

 

 

 

港の防波堤を抜けて、こういう景色になったと思ったらすぐに近づいてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうすぐ到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真ん中左側のところに着きます。

 

 

 

 

 

 

左手の階段になっているところです。

 

 

 

 

戻る人が待っています。

 

 

 

 

 

 

はい、到着。

 

 

 

着いたらすぐ戻ります。

 

渡し船はいくつかの船宿が船を出し、共同運行しています。

 

着いた側で乗る人が人いないと、ちょっと離れたところで留まっていて、姿が見えると

来てくれます。

 

 

石段を少し上って

 

 

 

この渡り通路を通って

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通路が終わるとごろたの浜に出ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浜の前の大きな島との間のブイの手前が遊泳区域です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

監視船の近くまで行ってみました。

 

これが、苔で滑るのを注意しながら船の近くまで行くのは超大変でした。

 

 

 

苔の残っているこの岩に用心しながら上って見ると

 

 

 

こんな感じでした。

 

 

 

右手を見るとこんな様子。

 

 

 

更に右を見るとさっきの浜が見えました。

 

 

 

船の先もきれいそうでしたが、この日は大潮の仲でも激しい大潮で、右から左への流れが

はんぱない状態だったので、ちょっと下流の方に行く気になりませんでした。

 

 

 

ブイの向こうは遊泳禁止。

 

 

 

こういう風に航路になっているからです。

しかし、この船は「どこから来たのか」、「何者なのか」、「どこへ行くのか」は分かりません^^

(注)ゴーギャンの最も有名な絵のタイトルから

 

 

 

この日は、干潮時の潮位は21センチと、ものすごく引いていたので、普段はもっと深いはずです。

潮見表を見ると満潮干潮の時刻と潮位がわかります。

 

 

 

 

 

 

浜の向かいの大きな島との間だけでなく、右手の船着き場方面にもシュノーケリングできる

エリアがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろんよその子です^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今度は水中の様子を。 

 

 

海草は多いです。

 

 

 

浅場には砂地もあり、そこが明るくてきれいでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オハグロベラ

 

 

 

 

クサフグもたくさんいました。

 

 

 

ヒメジの仲間。

 

 

 

 

 

 

 

 

温帯の代表選手のひとつ、キュウセン

 

 

 

 

 

ニシキベラも代表の一つ。

 

 

 

 

砂地をよく見ると

 

 

 

 

 

 

 

 

こういうのがずるずり動いていたりします。

これは、コブヌメリ と思われます。

 

 

 

 

豆チョウ。

チョウチョウウオの子供。

 

 

 

 

 

おや?あそこに見えるのは?

 

 

 

 

やっぱりイシガキダイだ!

 

 

 

 

珍しい

 

 

 

 

ヘビギンポのメス

 

 

 

 

オスもいました。

 

 

 

 

うん? あれはイソハゼ?

 

 

 

 

 

 

やっぱりイソハゼの仲間だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔から温帯域のきれいなハゼナンバーワンのナベカ。

 

撮れてうれしい^^

 

 

 

カゴカキダイでも見るとうれしい^^

 

 

 

 

カエルウオも。

 

 

 

 

ソラスズメダイ。伊豆型。

 

 

 

 

あ、クサフグが群れで泳いでいる!

 

 

 

 

 

結構大型のボラもいました。

 

 

 

 

カワハギの子供。

 

 

 

 

クツワハゼ

 

 

 

 

カエルウオもたくさんいました。

 

 

 

 

アップで^^

 

 

 

 

カゴカキダイの子供の群れにニザダイ?の子供が交じっている。

 

 

 

 

ニザダイの子供の群れもいました。

 

 

 

 

カゴカキダイと混成で移動していました。

 

 

 

 

あ、カエルウオくん。

君は別だから^^

 

 

 

仲間のつもりかもしれないけど・・・・

 

 

 

 

ほら、独りぼっちになったじゃない^^

 

 

 

 

おおっ!一つの岩にあんなに!

 

 

 

 

すごいすごい!

 

 

 

 

ちょっと深い方に行ってみました。

 

 

 

 

オレンジのヤギがきれいでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Dsc_4915

きれいなサンゴもありました。

 

 

 

 

きれいなイソギンチャクも。

でもクマノミはいませんでした。

 

 

 

 

大きなイソギンチャクもありました。

 

 

 

 

イシダイの子供だ。

 

 

 

 

こいつら、ひとの足はつつくわ、カメラのハウジングはつつくわ、マスクはつつくわで、

まとわりついてまとわりついて、鬱陶しい^^

 

 

 

 

でも、時々離れていってしまうと、寂しく思ったり^^

 

と思ったら、しばらくするとまた3匹でやってきて足をつんつんつついて

「えーい、痛いじゃないか!」とか言ってた^^

 

 

 

 

これは水中できれいに光っていた。

 

 

 

 

ハコフグだ。

ちょっと深いけど、行くか。

 

 

やっぱりいい角度で撮るのは無理だった。

フグはダイビングでも難しいからなあ。

 

 

 

 

イカの卵だ。

 

 

 

 

ヒリゾ浜を後にします。

 

 

 

 

すぐに本部港が見えてきます。

 

 

 

 

到着。

 

 

 

 

この通路を通って

 

 

 

 

車から着替えとかを出して

 

 

 

 

中木マリンセンターでシャワーを借りました。

500円でした。

 

 

 

 

中木港を出発して、碁石が浜に向かうことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここは標識と逆方向の下田方向に行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここが碁石が浜。

 

正月に来たときは影になっていたけど、今回は全体に陽が当たっていてよかった^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中、ひまわりもきれいに咲いていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クロアゲハの仲間も撮れました。

 

 

 

 

どこでかっていうと、後ろの看板にあるように南伊豆です^^

 

 

 

 

キラキラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中、合歓の樹にクロアゲハ3種が群がっていました。

 

生まれて初めてクロアゲハの群れを見ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すっごくきれい。

 

 

 

 

オレンジのはうまく撮れませんでしたが、きれいでした。

 

 

 

 

これもきれいだった。

 

 

 

 

夕陽を撮りに、正月にも行った大田子海岸に行ってみました。

 

トビとカラスが並んで同じように鳴いていました^^

 

 

 

 

この時期は太陽がだいぶ右の方に落ちるなと思っていたら

 

 

 

 

あれ?あれ?

 

と思っている間に岬の向こうに落ちてしまいました。

 

 

 

 

鳥たちも寝ぐらへ帰って行きました。

 

 

二日目の早朝、ガソリンを入れに行った帰りに見たシーンを。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後まで諦めません^^

 

 

 

 

諦めたらもう普通に戻っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一人になっちゃった。

 

 

 

 

と思ったら別のネコが近づいてきたり。

 

 

 

 

幸せそう^^

 

 

 

 

ネコたちがたむろっていた駐車場脇にはキョウチクトウが満開でした。

 

 

 

 

少し走ると、展望台の駐車場で、アオスジアゲハの群れを見かけました。

 

アオスジアゲハは関東では個体数も少なく、とどまることも非常に短く、高いところを飛んでいることが多いので

写真に撮れることはまず殆どありません。

 

子供の頃から好きでも、まともに近くで見ることも殆ど無く、写真もこの20年々で数回しか撮れたことがありません。

 

しかも単体で。

 

それが今回、一生分の10回分くらい堪能できました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中木周辺の岩々をバックに。

 

 

 

 

 

 

カンナも満開でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上が二日間で見たシーンでした。

 

天気も最高で、本当に楽しかった^^

|

« カンクン旅行記 始まりました | トップページ | グランドケイマンにて »

コメント

久しぶりにコメントさせて頂きますchick
楽天ブログの写真がいっぱいになってしまったので
引っ越しますrvcar
またよかったら遊びに来て下さいねnote
ありがとうございましたconfident

投稿: KotokO | 2011年8月 4日 (木) 17時12分

どの写真もとても綺麗ですね!中でも蝶の写真がとても綺麗だなと
ウットリしました。

この間見た写真と同じに見えない程、鮮明に見えました。あちらは退会されたのですか?

RAKUとびさんの写真を見てると、惹きこまれます。

投稿: みー | 2011年8月 4日 (木) 20時15分

こんにちは~~。
日本なんですよね~~。

素敵です!伊豆行ってみたいです。

沢山の写真ホントに素晴らしいですね!

いやされました~~。
いつもあんまりいいコメントできなくてすいません。
でも写真見て感動しています!

投稿: グレフル | 2011年8月 5日 (金) 17時15分

こんにちは、みーさん
コメントありがとうございます。

クロアゲハって光が当たるととてもきれいに見えるものですね。
ただ、羽ばたきが速いから肉眼では分かりませんが。
写真ならではの美しさです。
向こうは休止状態です。

投稿: RAKUとび | 2011年8月 7日 (日) 12時15分

こんにちは、グレフルさん
コメントありがとうございます。
伊豆の中でもここは特別きれいです。
しかもこの日は大潮の中でも大潮で、流れは強かったですが、
透明度は最高に良かったようです。
夏の間にもう一度行きたいと思っています。
グレフルさんも行かれてはいかがですか?

投稿: RAKUとび | 2011年8月 7日 (日) 12時18分

こんにちは!
カンナの黄・橙と、海や空の青のコントラストが、本当にキレイですね!!
楽とびさんが撮ると、伊豆の海が南国リゾートに見えます・・wave

ところで、MIXIやめちゃったんですか???

投稿: ワン之助 | 2011年8月 9日 (火) 13時44分

RAKUとびさん、こんにちわ。
ご無沙汰しております。最近更新がないので、どうされたのかと気になりました。

投稿: みー | 2011年9月 1日 (木) 15時45分

こんばんは~。
ご無沙汰しております。
死ぬかと(また大げさな。)思うほど、
仕事ばかりしていました。
来週から休暇を取っていたけど、仕事が終わらず1週間の延期です。
どこにも行かずに引き篭もるだけの10日間ですから、延期は問題ないのです。

ヒリゾ浜、自分が行かれないので、弟に連絡しました。
奴なら、家族連れで日帰りでも行かれるかもと思って。
もう数ヶ月前に連絡したのですけど、
返信もなく。。。

らくとびさんが、お元気でいらっしゃると良いなぁと思っております。

投稿: kawasemi26 | 2011年10月 2日 (日) 21時19分

こんばんは、kawasemiさん
ご無沙汰しています。
お仕事ものすごく大変ですね。
体調の方は大丈夫ですか?
ヒリゾ浜は一般的な海水浴場と違って、水路になっているので
流れはありますが(岸の近くは大丈夫です)透明度はとてもいいです。
私が行ったのは、大潮で、しかも大潮の中でも大大潮くらい干満の差が大きい時でしたから
流れも強かったのでしょうけど。
浅瀬はひざくらいで、そこをのんびり見ているといろんな魚がいて面白かったです。
もう一度行こうと思いましたが、その後は休みのときはずっと天気がすぐれなくて、そうこうしているうちに
夏が終わってしまいました。
でもお勧めなので、来年また薦めてみてください^^

投稿: RAKUとび | 2011年10月 3日 (月) 00時05分

RAKUとびさ~ん!!
おげんきですかぁ?
最近どちらも更新されていないようなので・・・^^;

ダイビング、やっと60本越えましたよ~♪
まだまだ初心者だな~っと自分でも呆れてしまいますけど
写真(勿論コンデジ)撮影も少し余裕が出て来ましたよ
でも、カメラは宮古島にて旅に出たままなのですが(笑)


ところで・・・伊豆もキレイなんですね!!
ちょっとびっくりΣ(・ω・ノ)ノ!

投稿: しぃ | 2012年4月30日 (月) 16時30分

しぃさん
こんにちは。
ご無沙汰です。
写真は撮ってはいますがアップするのが面倒で^^;

ダイビングやってますか。
まとめ潜りをしないと本数はなかなか増えませんから、
それで60本になるのはけっこう時間がかかると思います。
宮古にリピートするショップがあるのですか。
宮古は景色もいいし、いい島ですよね。

ヒリゾ浜は特殊な環境なので、透明度がいいときは伊豆とは思えない
状況になります。
ダイバーには不満だと思いますが。
ダイビングやめたら行ってみてください^^

                       はるかかなたカリブの島より


投稿: RAKUとび | 2012年5月 3日 (木) 10時55分

管理人様

はじめまして南伊豆でコテージを経営しております竹沢と申します。
突然のメール失礼いたします。
ホームページ「中木へ行こうよ」を見て
お願いがありご連絡させていただきました。
ヒリゾ浜の素晴らしい美しい写真に
地元ながらあらためて感動しております。
私のコテージのホームページやブログでヒリゾ浜を紹介したいのですが
「rakuenへの扉」さんの写真の使用と
リンクをさせていただけないでしょうか?
お忙しいところ大変申し訳ございませんが
ご返答いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

ヴィラ弓ヶ浜 竹沢
http://www.yumigahama.com/

投稿: 竹沢純 | 2015年4月 6日 (月) 19時42分

管理人様

はじめまして。
フジテレビの小森と申します。
突然のメール失礼致します。
ホームページを拝見しまして
お願いがありご連絡させていただきました。
弊社の番組でヒリゾ浜を紹介したいのですが
「RAKUENへの扉」さんの写真の使用をさせていただけないでしょうか?
お忙しいところ大変恐縮ですがご返答頂ければ幸いです。
何卒、宜しくお願い致します。

フジテレビ 小森

投稿: 小森絵理香 | 2015年7月17日 (金) 17時45分

はじめまして!
今年ヒリゾ浜に行くのに、
参考になりました。

水中写真がびっくりするくらい
キレイなのですが、カメラは何を
使っていますか?

私も水中写真を撮るのですが、
水のなかは液晶が見えにくく、
全然うまく撮れません(涙)

お時間のある時にでも、
是非教えてくださいませm(_ _)m

投稿: お雪 | 2015年7月21日 (火) 03時29分

はじめまして!
ヒリゾ浜、昨日のフジテレビの昼の帯番組バイキングでも紹介されていましたね^^
(私の写真も一枚使っていただきました(^_^)v)

さて、水中ですが、このころはまだデジ一眼をハウジングに入れたダイビング用のをそのまま使っていました。
おっしゃるように、明るいところでのファインダーはよく見えないことが多いので、ヤマ勘で撮る感じですが、
ファインダーはあんなに小さくても意外とよく見えます。
ただ、デジタルは枚数が撮れるからコンデジとかでもたくさん撮っていいのを選ぶというやりかたになると思います^^
最近使っているオリンパスのTGシリーズはシュノーケリングで使った感じでは結構よく撮れます。
ワイドコンバージョンレンズを付けて、広い絵で当たりを付けてからズームしていくと被写体を見失うことも少なくて
結構使えます。

投稿: RAKUとび | 2015年7月21日 (火) 10時09分

RAKUとびさん

カメラ情報ありがとうございます!

ワイドコンバージョンレンズ知りませんでした><
早速調べてみたいと思います。

PS:バイキング録画して観ましたよ^^

投稿: お雪 | 2015年7月25日 (土) 02時55分

静岡市の出版社・マイルスタッフの佐野と申します。
弊社刊の子育て情報誌「momo」(全国誌・次号は6月6日発行予定)にヒリゾ浜を掲載する予定です。
ヒリゾ浜事務局の高野さまから、既に許諾を受けていますが、画像に限りがあるため、
このサイトにある画像を掲載したいと思っております。
つきましてはデータをご提供いただくことは可能でしょうか。
メールをくだされば、企画書等をお送りいたします。
ご検討のほど、よろしくお願いします。

投稿: マイルスタッフ佐野 | 2016年5月 6日 (金) 11時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カンクン旅行記 始まりました | トップページ | グランドケイマンにて »