« 阿嘉島にて | トップページ | パラオ »

2010年7月25日 (日)

セミ捕りに興味を持てない地域

 

日本中で、ここほどセミ捕りというものに興味を持てない場所はないと思います。

 

種類はこの時期アブラとミンミンとクマです。

今年はクマが少ないみたいです。

 

これは、胸の高さから膝の高さの間に、20匹以上いた樹です。

 

歩いていても、いくらでも見かけます。

 

他の地域ではどこに行っても、セミというのは声はすれども姿は・・・

 

という生き物なのですが。

 

 

Sdscf3235

2010年7月 愛知県知多市 (クリックすると大きくなります)

|

« 阿嘉島にて | トップページ | パラオ »

生き物・植物」カテゴリの記事

コメント

RAKUとびさん こんばんは
これは 宇宙からの新種の生物の来襲でしょうか?

ときたまニュースでも見ますが、もしこんな光景にでくわしたら
虫は平気の私でも あまりいい気分はしませんね
そもそも セミやキリギリスはようやく1匹見つけるものなのです
これだとホント 見つけた時の喜びや高揚感がありませんね

投稿: バックエントリー | 2010年7月26日 (月) 00時23分

こんにちは、バックエントリーさん

学生の時、初めて名古屋に行ったときに、セミが低い位置で
たくさん見られるのにびっくりしました。
でも、市内より、やはり郊外の方がもっとたくさん
見られるみたいです。

東名高速のSAも、車から降りると蝉の声がうるさいくらいでしたが
姿はみつけられませんでした。
セミって、そういうものですよね^^

投稿: RAKUとび | 2010年7月26日 (月) 05時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 阿嘉島にて | トップページ | パラオ »