« カラフル | トップページ | 鈴木英人の世界 »

2010年5月24日 (月)

RAKUENの風景

これもグランドバハマです。

WEST ENDにレンタカーで行ったときのことです。

 

地図もものすごく簡単な地図しかなくて、一本道を走っていてもあまり見所がないなあと思っていました。

 

道がちょうど南側の海岸沿いから北側の海岸に向かって、内陸(というほどではないですが)

を北上していたときの事です。

 

向こうに白くて大きな教会が見えました。

 

近づいていくと、そこは北側の海岸に沿った道に面して建っている教会でした。

 

わぁ、きれいな海と真っ白な教会と青い空、白い雲!

 

人がたくさんいるぞ?

 

あ、そうか、今日は日曜日だった。

ミサの日だ。

それでか。

 

いいなぁ、こういうミサって。

 

南の島の教会って、本当に好きだ^^

 

 

Sdsc_4813

2010年GW グランドバハマ (クリックすると大きくなります)

|

« カラフル | トップページ | 鈴木英人の世界 »

風景」カテゴリの記事

コメント

また私ですみません。(^-^;
私も子供の頃に居た島で何も判らず教会に通っていました。娯楽の一部の様な感じでした。(神様すみません。)
島というところは決して豊かな人が多くないですが、でもみんな幸せそうに見えました。
自分が子供だったからかも。
でもサンサンと輝く太陽の下では、ブランドもののバッグもダイヤモンドの指輪も場違いですよね。
だから、そんなものも欲しいと思わない、Tシャツと履きなれたサンダルがあれば後は何でも良いという感じだから、
みんな幸せで居られるのかなと思うのです。
少ない年金で暮らすにはやっぱり南の島!と改めて思います。

北国が好き!と思う人も居てくれないと、南の島が混みあうのでバランス的には良いかもしれません。
そう主張して下さる人達にも感謝ですー。

みんな教会には精一杯、正装して行くのかな。
神様に敬意を表して。
そんな写真ですね。いい感じです。

投稿: kawasemi26 | 2010年5月24日 (月) 04時52分

こんばんは、kawasemi26さん
いつもコメントありがとうございます^^
幸せってよく言われることですが持ち物を競うことからは
生まれないですよね。
何もないけど何も要らない、という環境が一番幸せなんだろうな
と思います。
そうですね、みんながみんな南に行ったら混んじゃいますね。
でも、日本人よりたくさんの別の国の人間が今向かっているのが
憂鬱なところです。

このミサはみなさん正装でした。
色とりどりの服装で、子供からよたよたとしか歩けないお年寄りまで
集まっていて、いい雰囲気でした。
もしかしたら、何かのお祝いがあったのかもしれません^^

投稿: RAKUとび | 2010年5月24日 (月) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カラフル | トップページ | 鈴木英人の世界 »