« マンジュウイシモチ | トップページ | 2010カレンダー販売 »

2009年9月19日 (土)

視力は大事

この何年か、小さい文字とか見えなくて眼鏡のお世話になっています。

 

以前は本とかでも、顔にくっつくくらい^^近づけても読めたのですが、今では「手が短いんだよ」

というくらい離さないと見えません。

 

あんまり離すと、今度は「字がちっさいんだよ」ということになってしまいます^^

 

 

この頃はよかったなぁ。

こんなのが見えたのですから。

 

何を撮ったか、まずおわかりにならないと思いますが・・・

 

Amami_ebi

(クリックすると大きくなります)

 

 つづきがあります!「続きを読む」をクリックしてください。 

 

大きくしても分からないと思いますので、撮ったものだけをトリミングして大きくしました。

 

Amamiebib

(クリックすると大きくなります)

 

 

最初の写真をもう一度載せます。

Amami_ebi_2

画面のほぼ真ん中当たりにある白っぽくて二つ並んでいるゴミみたいなのがこの透明なエビの目です。

 

そしてその少し上にあるモスグリーンの染みみたいなのがエビの卵?です。 

 

 

こういうのが見えて、更にマニュアルフォーカスでこのエビの目にピンを合わせることができたのです。

 

あの頃が懐かしい。

  

 

余談ですが・・・・

マクロ撮影とは本来、血管が切れるほど息を止めて神経を集中して、ファインダーの中で時々ほんの一瞬

フワっとはっきり見える撮りたい部分(この場合エビの目)が見えた瞬間にシャッターを切って、

それが「決まる」と初めて「撮れた」となるものです。

フィルムの頃は1枚の「重さ」が今のデジの100倍も重かったので、シャッターを切る瞬間の集中力は

日常ではありえないものでした。

 

以前、デジ一眼にした頃、フィルムの時と同じレンズで同じように撮っているつもりでも、フィルム一眼マクロ派の

人たちから、それでもマクロとは認められないと言われたことがありますが、その時は「一緒じゃん」と

思いましたが、今思うと、1枚にかける「重さ」の違いは大きくて、集中力という点ではやはり全く別のことを

しているのだなと思います。

そういう意味で、私も最近は「マクロ撮影」はしていません。

もう気力が無くてできません^^;

|

« マンジュウイシモチ | トップページ | 2010カレンダー販売 »

水中」カテゴリの記事

コメント

続きを見るまではサンゴしか判らなかったですsweat01
エビちゃんだ・・しかも透明shine

私は裸眼だと超近づけないと見えないですが・・・
コンタクトやメガネしてる時はRAKUとびさんと同じですsweat01

投稿: みー | 2009年9月22日 (火) 09時05分

こんにちは、みーさん
そうなんです、透明なエビなんです。
この目が裸眼で見えていたのが夢のようです。

だんだん五体不満足になっていきます(>_<)

投稿: RAKUとび | 2009年9月22日 (火) 11時53分

RAKUとびさんこんばんは~☆

昨日、やっと2回目のファンに行ってきました~。
で、勿論コンデジ持って突入いたしましたが
透明度8~10m、うねり有りで気力ゼロ
しかも、撮ってみたものの、「なんじゃこれ」の有様(笑)
いや~、水深20mってほんとに光が届かないんですね。。。

なので、このエビ見てびっくり!
こんな小さくてわかり難いもの見つけるって凄いです!!
(昔の話だとおっしゃるでしょうが・・・)

え?息止めていいんですか??

投稿: しぃ | 2009年9月27日 (日) 20時11分

こんばんは、しぃさん
2回目でもうカメラ持って入ったのですかい?
いくらなんでも早いんじゃあないですかぃ?^^
最低でも50本か60本は潜ってからじゃないと。

息止めは、すると頭痛の原因になるから
「しないほうがいい」
ということですが、マクロフォト派ダイバーは
小さいものを撮るために潜っているので、
「そんなこたぁかんけーねー」
という世界です^^

投稿: RAKUとび | 2009年9月28日 (月) 00時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マンジュウイシモチ | トップページ | 2010カレンダー販売 »