« サムイの文鳥? | トップページ | 海水浴その後 »

2009年5月25日 (月)

不毛な砂漠と接する海の中は

紅海のエジプト側にハルガダという、少しは日本人観光客も訪れるリゾート地がありますが、更にその南に

ソマベイという殆ど日本人の訪れない、数件だけホテルが集まっているリゾート地があります。

 

ホテルの敷地以外は全くの砂漠地帯です。

 

でも、そこに接してある紅海の中は生き物たちのRAKUENでした。

 

 

Sdsc_0983

2006年8月 エジプト ソマベイ (クリックすると大きくなります)

 

 

|

« サムイの文鳥? | トップページ | 海水浴その後 »

水中」カテゴリの記事

コメント

まさに、砂漠の中の楽園ですねshine
この写真だけ見てたら、とても陸上が砂だらけ。不毛の地とは思えないです。

いつか、行ってみたいところの一つに砂漠のリゾートがあるんです。
で海が隣接してる...海と青い空と緑...じゃなくて砂sweat01
なんだか、そのギャップに妙にひかれるんですfish

投稿: ひなの | 2009年5月25日 (月) 17時55分

こんばんは、ひなのさん
ありがとうございます。
紅海は沿岸に人が少ないことや、工場が無いことや
流れ込む河川が無いこと等で透明度のいい、生き物の楽園が
保たれているようです。
その中でもソマベイは有名なシャルムエルシェイクより
開発されていないので、「らしさ」が感じられるのではと
思います。

投稿: RAKUとび | 2009年5月25日 (月) 22時35分

ああぁ~潜りたいなぁ~
千葉の海でもいいや。あはは
海中が一番好きです。
羨ましい写真をどうもありがとう~ってイヤミみたいですね。あはは

投稿: まあです(^^)”。。。 | 2009年5月26日 (火) 20時50分

こんばんは、まあさん
まあさんも潜るのですか?
房総の海は伊豆と違って何かこわいイメージがありますね。
最近潜っていませんがTVとかできれいな水中を見ると
やっぱり潜りたくなりますね^^

投稿: RAKUとび | 2009年5月26日 (火) 22時40分

RAKUとびさんが撮られると、本当に楽園になりますねー。

大物が何にもいない海なんだけど、ソマベイは
ホテルは最高だし、浅くて安心して潜れるので、年配者向け(自分のこと)のダイブリゾートか?と思います。
ここでなら、きっと70歳過ぎても潜れると思う。
日曜日から行ってきま~す!

RAKUとびさんのご紹介のお陰で、いつかソマベイで日本人ダイバーに会える日が来るかと楽しみにしています。今回はどうかしらー?

投稿: あーにゃ@ランチ...(うるさい?) | 2009年5月27日 (水) 20時08分

こんにちは、あーにゃさん
ソマベイは大物がいないから、殆どの日本人ダイバー、シュノーケラーに対して
「売り」が無いので、なかなか増えない気がします。
でも、あの「超大型水槽」^^みたいな海は貴重だと思います。
また行きたいですねぇ。
?度目のソマベイ、楽しんできてください!

投稿: RAKUとび | 2009年5月28日 (木) 06時55分

ソマベイ、今回で5度目です。
パスポートにはエジプトのアラビア語の書かれたビザが
シャルム、ハルガダ、マルサ・アラムに行った分を含めると、
10個近くあって、ちょっとテロリストのパスポートみたいです^^。

そうですね。欧州からは便利なので、簡単に行かれますが
日本からは遠いですよね。
それにダイビングするなら、もっと素敵な海が日本近くに沢山ありますからねー。

こんなお花畑の様な水中風景も、モルジブの海でもたくさん観られますし。大物までいるし。

でもあの砂漠の果てのリゾートにある、ダイブショップで、日本人ダイバーさんに遇えたら、嬉しいだろうなぁとどうしても思ってしまって、つい知人にもRAKUとびさんのHPを紹介しまくっています...。

勿論、お会いできるのがRAKUとびさんご夫婦だったら、嬉しさ爆発!です。
でも遠い日本から、1度でも行って下さったのですから、もうそれだけで大喜びなんですけど。

ではでは、蟻地獄の様なソマベイ(一度行くとなかなか抜けられない)へ行ってきます。

投稿: あーにゃ | 2009年5月28日 (木) 07時38分

こんばんは、なんちゃってテロリストあーにゃさん^^
ソマベイは5回目ですか。
うらやましいかぎりです。

いえいえ、こんなお花畑みたいな海は私の潜ってきた中では
ソマベイが唯一です。
紅海は昔はゆで卵を食べるナポレオンが有名で、行く年来る年で
中村征夫さんが紅海から中継で、昼間の映像ですが、ということで
そのシーンを紹介していました。
もう一つ有名なのが、この数え切れないほどのキンギョハナダイの群れで、
フィッシュアイでこれだけ写る海は多分紅海以外にはないと思います。
フィッシュアイは対角180度、ということはレンズの前にあるものは
全部写ってしまうレンズで、至近距離でジンベイが全部入っちゃうくらいの画角ですから。
それでこれだけ全体にハナダイが写り込んでいるというのはいかに大きい群れかという
ことがわかります。
これと比べるとモルのキンギョハナダイの群れなんて15回の経験からみて
全然しょぼいもんです。

ゴールデンバタフライとキンギョハナダイの群れを撮るために紅海に行きました。
世界でここでしか見られないからです。
ということで、ソマベイも素晴らしい海なのですが、そのよさが理解できないダイバーが
殆どというところが残念です。
もっとも理解されたら大挙して押しかけて、ここまできて日本人がこんなに、
ということになってしまいますから、理解できる人だけ理解すればいいかなって
思っています^^

投稿: | 2009年5月28日 (木) 18時36分

世界中の楽園を知っているRAKUとびさんに、そう言って頂けると、ソマベイの海もそれなりに良いのかと、これから行くということもあって、嬉しくなりました。
ありがとうございます。

ゴールデンバタフライは水色のパンダ目が可愛いですね。
私のダイブ歴は殆どが紅海なので、普通の魚になってしまいましたが、可愛いので私も大好きな種類です。
キンギョハナダイも、たくさんいるとは思いましたが、モルにもいたよね?といういい加減な認識でいました。
今回の潜りでは、その辺を相棒にも強調してあげようと思います。
ソマベイの良いところは、それがホテルまん前の海で観られることだと思います。(と、ちょっとまた日本人ダイバーさんを勧誘^^。)

私が驚いたソマベイの魚に、ブルートリガーがいます。
RAKUとびさんもHPで書かれていましたが、大きさが凄いですよね。1mぐらい?なんて感じるほど大きいのが2匹も一緒に、桟橋を左手に行った方のラグーンに居て、かなり近づいたら、向かって来て怖かったことがあります。
産卵関係だったのかな。
ゴマモンガラといい、攻撃的で好きな魚ではないですけど。

アラビアンボックスフィッシュが私のお気に入りです。
あのカツラかぶったような頭?背中?と動きが可愛くて。

長々とすみません。
これで本当に行ってきますー。

投稿: あーにゃ@ランチ | 2009年5月28日 (木) 20時05分

こんばんは、あーにゃさん
紅海のキンギョハナダイは世界に誇れると思います^^
ソマベイはあのなが~い桟橋のおかげで、ボートに乗らずに
きれいな海にドボンと入れるのがいいですよね^^
ブルートリガーですか。
日本名的にはイソモンガラになるのでしょうけど、モルで時々見たのも
せいぜい30センチくらいでしたが、ソマベイのは大きくてびっくりしました^^
基本ゴマモンより温厚な気がしますが、やはりやつらはモンガラですからね^^
アラビアンボックスフィッシュは「ハコフグ飼育日記」という獣医さんの趣味のサイトの中の
「ハコフグ飼育について」というコーナーで「成魚の写真はこちらにあります」と
リンクを張って頂いていて、時々そちらから覗きに来られる方がいらっしゃいます^^
きっと私の写真が唯一なのではと思います^^
マスクドパッファーも楽しんできてください^^
あ~いいなぁ^^
写真楽しみにしています^^

投稿: | 2009年5月29日 (金) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サムイの文鳥? | トップページ | 海水浴その後 »