« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月30日 (土)

象の像

サムイではあちこちで大から小まで象の像を見かけました。

 

信仰の対象だからなのでしょうが、どうも「そうとは思えないなぁ」と思うことも時々ありました^^

 

 

これは泊まったホテルにあったものです。

いかにも信仰の対象といったかんじです。

 

 

これは散歩して見かけた寺院の境内です。

これも神様といった感じです。 

 

 

WELCOMEに使われるているのを見ると、「本当に神様って思ってる?」と突っ込みたくなります^^

 

 

こうなると「全く敬ってないだろう?」って感じです^^

 

 

あ、ここにも、

って、ちがうか!^^

 

 

2009GW サムイ島タリンガムにて

 

 

| | コメント (2)

タリンガムのビーチ

タリンガムビーチにはまるまる3日滞在して、初日は南方向へ徒歩でカメラ片手にぶらぶら、2日目は

北方向へぶらぶら、3日目は遠くに見えていたFive Islandという島の方に釣りに行きました。

 

これは2日目の北方向に往きは道を歩いて、帰りはビーチ沿いに戻った時の風景です。

 

のんびりしていてよかったです。

 

 

Sn70_0587

2009年GW サムイ島 (クリックすると大きくなります)

| | コメント (2)

2009年5月26日 (火)

海水浴その後

「海水浴」の続きです。 

 

 

T_dsc04085

あ~気持ちいい^^

 

  

T_dsc04086

そろそろ上がるかな。。。

右見て、左見て。。。。

あ、必要ないか^^

 

  

T_dsc04087

体が自然にブルブルしてしまうわ。

耳に水が入ると具合悪くなるのよねぇ。。。

 

  

T_dsc04088

もう少しでビーチ♪

 

  

 

Sdsc04089

ちょっとだけど涼んだ~^^

さぁ、だれか食べ物くれる人探しに行こうっと^^

  

みたいな^^

 

 

そういえばおまえ、さっき食べ物もらってただろう?

T_dsc04076  

 

2009年GW サムイ島チャウエンビーチ (最後の2枚はクリックすると大きくなります)

    

| | コメント (8)

2009年5月25日 (月)

不毛な砂漠と接する海の中は

紅海のエジプト側にハルガダという、少しは日本人観光客も訪れるリゾート地がありますが、更にその南に

ソマベイという殆ど日本人の訪れない、数件だけホテルが集まっているリゾート地があります。

 

ホテルの敷地以外は全くの砂漠地帯です。

 

でも、そこに接してある紅海の中は生き物たちのRAKUENでした。

 

 

Sdsc_0983

2006年8月 エジプト ソマベイ (クリックすると大きくなります)

 

 

| | コメント (10)

サムイの文鳥?

今回ぶらぶらしていて気がついたのは、家とか店の前に鳥籠がある家が結構あったということです。

 

そして、その中で一番人気がこの鳥でした。

 

頭の羽の形が特徴的で、声もきれいなので、人気なんだろうなと思いました。

 

日本でいうと、さながら文鳥といったところでしょうか。

 

 

Sd702_dsc_2297

2009年GW サムイ島にて (クリックすると大きくなります)

 

 

| | コメント (2)

2009年5月24日 (日)

ムサ オルナータ

普通のバナナは花(正しくは花びらに見えるところは「苞葉」と言うそうです)が下向きにぶら下がっていますが

この「ムサ オルナータ」という種類は苞葉が軽いため上向きに育っているのが特徴です。

(花は苞葉のところにある黄色いものです)

 

なんといってもこの種類の目を引くところは普通のバナナの苞葉のどぎつい赤色と比べて、上品なきれいな

ピンク色のところです。

 

 

Sdsc03037

2009年GW タイ サムイ島にて (クリックすると大きくなります)

 

 

| | コメント (2)

泊まったホテル

これが泊まったホテルの部屋からの景色です。

 

こぢんまりとしたホテルで、リラックスできるいいところでした。

 

宿泊客も見かけたのはほんの何組かで、日本人客はいなくて、本当にのんびりできて、スタッフの感じも

みんなよくて、豪華さやおしゃれ感はそんなにありませんでしたが、居心地の良さは一品でした^^

 

 

Sn70_0333

2009年GW サムイ島 (クリックすると大きくなります)

 

 

 

| | コメント (4)

タリンガムのビーチ

サムイ島の西海岸は素朴さが残っているという言葉に惹かれてタリンガムというビーチ沿いにあるホテルに

泊まりました。

 

これは近所をぶらぶら散歩していた時、タリンガムビーチに面した他のホテルから見た風景です。

 

遠くには「Five Islands」と呼ばれる島が見えます。

 

 

Sdsc03147_2

2009年GW サムイ島 (クリックすると大きくなります) 

| | コメント (6)

2009年5月23日 (土)

そういえばこれもこの川では一度も見たことがなかった

池や、一級河川の鶴見川の浅瀬とかでは普通に見かける亀も、ここでは浅すぎるし餌も少なそうですから

いなくても不思議ではありませんが、今日初めて見かけました。

 

 

なんでだろう・・・・・・・・

 

 

Sn70_1371

2009年5月23日(土)午後3時50分 横浜市内神奈川区にて

| | コメント (4)

こういうのも見かけました

なまずに気付く前に、このあちこち調べても名前の分からない淡水魚の幼魚の群れを見かけました。

 

これも今まで何年かここに通ってきましたが、撮ったことがありません。

  

なんか水面に小さな水紋がたくさんあると思い、近づいてみると小魚の集まりでした。

 

 

なんでだろ~・・・・・・

 

 

Sn70_1361

2009年5月23日(土)午後3時45分 横浜市内神奈川区にて

| | コメント (2)

鯉・・・・・じゃないじゃん!

いつもの近所の川にて。

 

その川はとても浅くて、小さな子供が入ってもまず大丈夫という深さですが、鯉はけっこうたくさんいます。

 

鯉の写真も時々撮ります。

 

今日もたくさんいるなあと思いながら見ていると、ふと違和感を覚えました。

 

あれ?アイツ、同じ色で同じくらいの大きさだけど、形が違うじゃん。

 

そうなんです、鯉じゃなくてどうみてもなまずの仲間です。

 

でも、調べてみても、夜行性で昼間は底でじっとしているとのことで、道理で今まで見たことなかったんだと

納得しましたが、でも今日はず~~~っと鯉と一緒に延々とうろちょろ泳いでいました。

 

なんでだろう~~~~???

 

ま・さ・か・・・・ 

 

お願いだから、ただの気まぐれって言って!^^

 

 

と、書きながらも、イヤな感じが・・・・ 

 

 

T_n70_1399

2009年5月23日(土)午後4時13分 横浜市内神奈川区にて

| | コメント (2)

海水浴

サムイ島の一番賑やかなビーチ、チャウエンビーチです。

昼間は観光客の大半はビーチ沿いのパラソルやホテルのビーチチェアで過ごしているかんじでした。

 

海は遠浅で波もないので、海に浸かってほてりをとるのも気持ちよさそう^^

 

 

あの一人で浸かっている人・・・・・・・・・・・・

 

うん?・・・・・・・・・・・ひと?^^

 

 

Sdsc04083

2009GW サムイ島 チャウエンビーチ (クリックすると大きくなります)

| | コメント (6)

2009年5月14日 (木)

薔薇 3

これもカクテルに次いで最近のお気に入り。

 

カクテルと似ているパターンですが、もっと大きい花で、迫力はあります。

 

この濃厚アイスみたいなクリーム色とストロベリーシロップのような赤の組み合わせが好きなのです^^

 

 

Sn70_1326

 

| | コメント (6)

薔薇 2

この数年、一番のお気に入り。

その名も「カクテル」

 

ちょっとピークを過ぎてしまっていましたが、今年も逢えて良かった^^

 

 

Sn70_1290

| | コメント (6)

先週の日曜は空は大して青くはありませんでしたが気温は上がって、浅い川の鯉達も、ほんの少しでも

日陰を求めているかのようでした^^

 

 

Sn70_1231

| | コメント (4)

2009年5月13日 (水)

薔薇

バラにも色んな種類があります。

ピンクのバラはうっとりする感じがし、クリーム色とピンクが混ざったのもきれいだし、白もそれなりにいいですが

この「深紅」のバラは圧倒的な力を見る人に見せつけている、そんな気がします。

 

生き物全般なんでもカタカナ表記が標準で、漢字で書くと却って違和感があるものが多いですが、

この「バラ」という植物は漢字で書いた方が雰囲気があっていいと思います。

 

 

Sn70_1325

 

 

| | コメント (10)

アヤメ

アヤメは乾燥したところに生え、ハナショウブは湿地に生える違いがあるそうです。

そしてアヤメは花びらに網目模様があって、ハナショウブには無いそうです。

その網目模様がアヤメの名の元になっているとのことです。

 

なるほど。

 

ということで、これはアヤメです。

 

ショウブというのは巷でショウブと呼ばれているハナショウブとはまったく別の植物でサトイモ科の植物だそうです。

 

 

Sn70_1285

| | コメント (4)

2009年5月12日 (火)

植わっていていいのかよくないのか?

ケシです。

植えていい「オニゲシ」とか「ヒナゲシ(英名ポピー)」と、植えてはいけないケシとありますが、

このケシは

どちらのケシかわかりません^^;

 

ネットで見る限り「オニゲシ」とも「ヒナゲシ」とも違うように見えます。

 

まさか・・・・・

 

と、まあ追求するのは止めて、気になったのは、そうです、あの濃い色のシミみたいなものです。

 

何か着いているのかと思ったら、裏側もしっかり色がついていました。

色がついているだけでなく、質感も違うのです。

しかも、各花びらに一枚ずつ紫のサロンパスが貼られていました。 

そして、この一輪だけがこうなっていました。

 

 

不思議や、不思議や、なんでやろう?

 

 

Sn70_1268

 

 

Sn70_1266_2

| | コメント (2)

もう春も終わりですか

タンポポもどんどん綿毛になって散っていきます。

 

夏がひたひたと近づいてきている証でしょう。

 

 

Sn70_1262

| | コメント (4)

2009年5月11日 (月)

こんときの彼らは速かった^^

一番先頭を後ろの2羽が追いかけていたようです。

 

水が盛り上がるようなものすごいスピードで、でも 涼しげな顔で、泳いでいました^^

 

 

S203_dsc_0061

| | コメント (4)

橋のある風景

小さな小さな橋ですが、橋があると絵になりますね。

 

あの白い花も、道端で見るものより数段大きくて立派だったので、なんかいい感じに撮れないかと思ったら

近くに橋があったので、離れたところに移動して、人が気にならない状態になるまで待って撮りました。

 

 

Sdsc04410

| | コメント (4)

鯉のぼり 再び

四季の森公園にはまだたくさんの鯉のぼりが泳いでいました^^

 

 

Sn70_1209

| | コメント (2)

カモ

カモが草むらを歩いていました。

 

右上の花がちょっとしたアクセサリーになっています^^

 

 

S203_dsc_0022

| | コメント (0)

市民の森

自転車で40~50分こぐと「市民の森」というのがいくつかあります。

 

しかし、あまりにワイルド過ぎて、逆に心が落ち着きません。

 

ああいうところでどでかいハチが飛んでくると、本当にヤバイという感じです。

 

花もなく、落ち葉がぼた雪のように降り続き、下はふわふわ落ち葉か、ぬかるみか。

 

ああいう所は写真だけでいいです。

 

この写真はかなり「初級」の場所です。

 

 

Sdsc04362

| | コメント (2)

これも初めて見た花

この花の花びらも、どうなっているのかわからない複雑さを持っていました。

 

花びらの逆の先端はよく見るとつやのある、まるで蜜の溜まっている袋のようです。

 

ふしぎだぁ。

 

 

Sn70_1257

| | コメント (2)

ものすごくありふれた花ですが、少しでもきれいに撮ってあげたいと思いました。

 

 

Sn70_1245

| | コメント (0)

ニホンアマガエル

カエルは大好きな生き物です。

 

でもニホンアマガエルは初めて見ました。

 

きれいなグリーンで太っていて可愛かった。

 

 

S203_dsc_0051  

| | コメント (2)

2009年5月10日 (日)

水車

暖かくなって、水車を見ても涼しげに心地よく感じる季節になってきましたね^^

 

昨日は自転車でちょっと足を伸ばしました。

 

 

Sn70_1196

2009年5月 四季の森公園 (クリックすると大きくなります)

| | コメント (4)

この花は初めて見ました

近所をブラブラしていると、或るお家の塀の柵の前に高さ30センチくらいの草花がありました。

 

パッと見初めて見るなと思い、しゃがんで撮っていて、ふと顔を上げると、その家の人が塀の柵の向こう側に

立っていてびっくりしました。

 

まぁ、家の人からしてみると、滅多に人の通らない奥まった場所で、塀の前で帽子を被った男がしゃがんで

もそもそしていたら気味が悪かったことでしょう^^

きっとドキドキしながら様子を見に来たのだと思います^^

すると、なんだ花を撮ってるんだとわかり安心されたのだと思います。

 

目があったとき「庭にはの他の色のも咲いてるんですよ。よかったら見ていってください」とおっしゃるので、

お言葉に甘えて他のも撮らせていただきました^^

 

パッと見変わってるなあと思ったのは、花びらは花びらであるのに、もうひとつ釣り鐘状に花があるように

見えたことです。

 

よく見ると、花びらが交互に違う役割をしているのです。

 

面白いですよね^^(どの写真もクリックすると大きくなります)

 

  

Sn70_0114

最初に塀の前で撮ったものです。

普通に撮るとバックはコンクリートのグレーになってしまうので、グリーンとピンクになるように撮りました。

この時の姿勢はかなり怪しかったと思います^^

 

 

Sn70_0117

これは庭で撮らせていただいたものです。

きれいに2重構造になっていて面白いですよね。

しかもこの色だけ、1枚が内側に入っているのです。

それも不思議です。

 

 

 

Sn70_0127

これは紫バージョン。

これも1枚だけ違うのですが、藍色のように内側には入り込んでいません。

内側に入り込んでいるのは藍色のだけでした。

 

 

  Sn70_0137

これは一番地味でしたが、よく見ると控えめな色のグラデーションが上品です^^

 

 

 

Sn70_0140

一番春らしいのはやはりこの色でしょうか。

春らしい明るくて華やいだ感じになるように撮ってみました^^

 

 

 

| | コメント (2)

幹線道路からほんの少し入ると

ウチの前は幹線道路で、横浜駅からもそんなに離れていませんが、すぐ裏手にはまだ畑が残っています。

 

普通に撮るとあれこれ建物やら高圧電線の鉄柱やら色々写り込んでしまいますが、アングルによっては

このようにキャベツ畑が広がっているとんでもなく広大な自然のある場所のように見えます^^

 

 

遠くから通勤して、週末は自然豊かなところでゆったり過ごすというライフスタイルはどうですか?みたいな

不動産広告を時々みかけることもありますが、実際はそれじゃ不便で、実行に移せる人は限られてしまいます。

 

でも、本当は、どこでもドアがあれば、週末だけでなく、毎晩でも帰る場所は南のリゾートがいいですね^^

 

もっとも、時差で朝と夜が逆の場所に帰ってしまうと、毎日寝不足で病気になってしまうかもしれませんが^^;

 

 

Sn70_0304

| | コメント (0)

ツツジ

桜が終わるとツツジ、サツキの時期になります。

 

近所できれいに咲いているところを見つけました。

 

ツツジとサツキはどう違うのだろうと思ったら、分類状、本来サツキはツツジの中に含まれるものですが、

咲く時期が少しずれて皐月に咲くということで別名称になっているそうです。

 

それにしても色んな種類があるものですね。

 

 

Sn70_0110

 

 

 

Sn70_0147

 

 

 

Sn70_0144

2009年4月 近所 (クリックすると大きくなります)

 

| | コメント (2)

ティアレ ジャポネ

以前も紹介したと思うのですが、今年もこの花の季節になりました。

 

ティアレ タヒチのように匂いが強いので、名前が分からなかったから日本のティアレ タヒチだということで

勝手にティアレ ジャポネ(タヒチはフランス語圏なので^^)と名付けました^^

ティアレはタヒチ語で「花」という意味です。

 

南国の匂いです。

後で調べたらジャスミンでした。

南国原産だから南国の匂いがするのですね。

 

花の大きさからは想像できない強い匂いです。

日本原産のものじゃないからジャポネというのは言えませんでした^^;

 

 

Sn70_0155

2009年4月 近所 (クリックすると大きくなります)

| | コメント (2)

寒いは暑かったです^^

火曜の朝にタイのサムイ島からバンコク経由で戻ってきました。

日本に戻ってからあっという間に5日が過ぎました。

  

サムイは暑かったです。

タイの焼きそばをたくさん食べてきました。

ビールも日本ではあまり飲まないのに、たらふく飲んできました。

 

おかげで就寝時刻は毎日とんでもなく早かったです^^;

  

前半は何にもないのんびりムードの西海岸、最後は東海岸でサムイで一番賑やかな所と、違った二つの

雰囲気を楽しんできました。

 

どちらも楽しかったです。

 

犬も歩けば棒に当たるというのが旅の楽しさだと思っていますので、西海岸に滞在中に散歩した時には

思わぬサプライズに出会ったりしたことが楽しかったです。

 

普通の人には「ふーん」ということかもしれませんが、小学校の低学年の時理科室の前のガラスケースに

標本が展示されているのを見て、なんて不思議な生き物がいるものだと思い、後に2億年も前から

変わらぬ姿で今まで生きてきた「生きた化石」だということを知り、漠然とですがいつか生きているのを

見てみたいと長い間思っていた生き物でした。 

日本のものと全くの同一種ではないといえ、まさかタイで、サムイで、しかもお散歩中に^^出会えるとは。

  

それもほんのちょっとでもタイミングがずれていたら出会うことはなかったと思うと、それだけで奇跡的な

出会いだと思いました。

 

 

T_dsc03094

おや、あの子供が見ている生き物はなんだろう・・・

 

えっ!

まさかっ! (と、ここでアドレナリンが一気に放出されるのでした)

 

T_dsc03095

やっぱりカブトガニだ!!!

 

 

T_dsc03136

背中はこんなかんじ。

 

  

T_dsc03133

捕まえてみました^^

 

 

T_dsc03128

プレデターみたい。 

 

 

カブトガニ。

生きた化石。

日本では産卵できる海岸が随分前でほとんど無い状態だったので今はどうなっているのかと思います。

 

フィリピンに行ったときも、見られるかもということで半日がかりで探しましたが、地元の漁師さんも

最近見ていない、という反応ばかりで、実際に見ることはできませんでした。

 

もう見るチャンスは無いと思っていました。

 

 

会えてよかったぁ!^^

 

 

| | コメント (4)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »