« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月29日 (日)

スポットライトと透明感

花芯のところはスポットライトを浴びているようにハイキーになっていて、左手の花びらが透けているような

イソギンチャクみたいな透明感が自分としては気に入っています。

 

 

Sd70s_dsc_6902

2008年4月 近所 横浜市内 (クリックすると大きくなります)

| | コメント (4)

ほんわかしん(花芯)ている^^

花のアップの写真はよく撮りますが、なかなかこういう芯の辺りがもやに包まれているような感じに

撮れることはありません。

ほんの少しの条件の違いですが、その条件を満たすことがあまりないということです。

 

 

Sd70s_dsc_6911_2

2008年4月 近所 横浜市内 (クリックすると大きくなります)

| | コメント (6)

2009年3月22日 (日)

風を切って 波を切って

今日みたいな天気の時は明るい風景を。

 

去年行った宮古島です。

 

来間大橋で撮っていたら水上バイクがやってきました。

 

水上バイク自体は賛成派ではありませんが、ワンポイントとしてはいいかなと思い、入れてみました。

 

 

T_700_dsc05662

2008年6月 宮古島 (クリックすると大きくなります) 

| | コメント (4)

君去らず

高速料金の割引が始まりました。

アクアラインも1000円ということで大盛況だそうです。

 

これで房総にも行きやすくなります。

 

アクアラインの千葉側は木更津です。

 

ところで木更津の由来をご存じでしょうか。

 

ヤマトタケルノミコトが東征をしたとき、海で嵐に遭い、ヤマトタケルノミコトの妻が嵐を鎮めるために海に身を投じて夫を救ったという伝説があるそうです。

その後ヤマトタケルノミコトが亡き妻を想って

 

「君去らず 袖しが浦に立つ波の その面影を見るぞ悲しき」

 

と詠んだことから「君去らず→木更津」となったという伝承から来ているというのが通説とのことです。

 

「袖ヶ浦」もそこから来ているのでしょうし、木更津の隣の「富津」は

その妻の着物が流れ着いたことから「布津→富津」となったといわれています。

 

 

 

T350_dsc09333

2008年12月 うみほたるより木更津方面を望む (クリックすると大きくなります)

| | コメント (4)

2009年3月19日 (木)

NIPPONの春

今年は桜の開花が早いそうで、うかうかしているとあっという間に時期は終わりました

ということになりそうです。

 

これは去年の4月の頭ですが、今年は同じ時でもだいぶ様相が違いそうですね。

  

 

Sdsc00364

2008年4月 山梨県下 (クリックすると大きくなります)

| | コメント (6)

2009年3月18日 (水)

20年前のマーレ

もう何年もマーレ市内には行っていません。

15回の訪モルで、市内をブラブラしたのは5回くらいだと思いますが、懐かしい思い出です。

 

この何年か、マーレで軍事クーデターがあったり、平常時でも悪質な客引きが増えたとか、

寂しい話ばかり耳に入ってきて、もうあのころののんびりした雰囲気はマーレ市内にはないのだろうなと

思います。

 

今のモルディブには、貧しくてもきれいな海があるから自分たちは幸せという人は少ないのではないか

という気がします。

 

これは古き佳き時代のモルディブの首都マーレでのワンシーンです。

 

 

Bandos

1989年 モルディブの首都マーレにて (クリックすると大きくなります)  

| | コメント (4)

2009年3月14日 (土)

写真共有サイト

ここ3週間ほど大手の写真共有サイトに出入りしていました。

 

3つ半^^のサイトを利用してみての感想です。

 

まず時間の点ですが、かなり時間に余裕がある人でないと自分の写真を見てもらえないという感じです。

時間帯によってはものの数分で新着から消え、消えた途端全くと言っていいほどアクセスが無くなりますから

自分の写真を見てもらおうと思うと張り付きで更新していかなければ、やっていないのと同じになってしまいます。

サイトによっては新着をランダムに入れ替えるものもありますが、それとてもほんのちょっとで

いなくなります。

 

内容の点ですが、本屋さんに並んでいるカメラ・写真雑誌を見れば当然と言えば当然ですが、

写真は好きだけど撮る方も見る方も興味の対象は殆どが国内の風景と身近なもの、ということです。

後は単なる飲み会のスナップとか大量にアップしたり、という仲間への連絡みたいなのと

作品を目指したものとがごっちゃになって、あっという間に流されてしまったり。

 

というので、自分の宣伝のつもりでしばらくやってみましたが時間の無駄と言うことがわかりました。

 

また「本業」に戻ります^^

 

 

今回はコガネヤッコという水中でも鮮やかな黄色の魚の幼魚です。

この蛍光ブルーがとってもきれいで目立つのです。

赤色は水中では色が失われて黒っぽくなってしまいますが、黄色やブルーはあまり変わらないので

赤色みたいにストロボを当てて写真に撮らないと色が分かりませんということはありません。

 

幼魚には時々「擬眼」柄を持つ種類がありますが、多くは「目」を攻撃されても致命傷にならないように

頭と反対側の尾びれの方にあります。

 

しかし、このコガネヤッコは体の真ん中にあります。

 

これは本当の目と偽の目とセットで、大きい魚が正面を向いていると敵に思わせる為だと言われています。

 

う~ん、攻撃されても致命傷にならないしっぽ側に擬眼はあった方がいいのか、大きい魚に見せて

攻撃自体を受けないようにするのとどっちが優れた防御法なのでしょうか?

 

このコガネヤッコのパターンだと、もし攻撃されたらどっちの「目」を攻撃されても致命傷になりそうですが・・・^^

 

 

T_s70s2_t_dsc_5578

ロタ島 (クリックすると大きくなります)

 

| | コメント (4)

2009年3月 7日 (土)

美ら海水族館にて2

美ら海水族館の有名な大型水槽です。

行けば必ず撮るもので、今回ももちろん撮ってきました。

 

馴染みのダイビングショップ「ファイブオーシャン」に寄って雑談していたら、ちょっと遅くなってしまいましたが

16時からの安くなるチケット(30%off)があるというのをきいて、行ってきました。

 

行ったのが夕方だったせいか、魚のお食事タイムで、水槽の端の方の上から網でエサを与えるので、

ジンベイは正面に向かってきたと思っても、すぐに水面の方に向かい、しかも頭を向こうに向けて

浮上しながら泳ぐので、しばらく粘っていたのですが、なかなか思ったような形で撮れませんでした。

 

そこで、しばらく他の水槽を見て、人もだいぶ少なくなってからもう一度戻ってから撮ったのが

この写真です。

 

ジンベイが寄り添うような形がちょっと珍しいかなと思います。

 

 

S701_dsc02158b

2009年2月 沖縄本島 本部 (クリックすると大きくなります)

| | コメント (6)

2009年3月 3日 (火)

花よ蝶よ

この写真は、珍しい写真だと思います。

少なくとも私は見たことがありませんでした。

 

なぜなら、本土では、少なくとも関東では桜が咲く季節にアゲハチョウは飛んでいないからです。

だからこういう組み合わせは通常無いと思います。

 

沖縄ならではのシーンだと思います。

 

  

 

S50_dsc_8692

拍手する

| | コメント (8)

2009年3月 1日 (日)

造花?^^

浜比嘉島をぶらぶらしているときに見かけたハイビスカスです。

ハイビスカスは種類が多いそうですが、これもバリエーションの一つみたいです。

 

何だか造花みたいにきれいでした。

青空に映えてますますきれいでした。

 

 

S701_dsc01931

拍手する

| | コメント (2)

海中の道

浜比嘉大橋は、古宇利大橋ほど長くないので、車を途中途中で停めながらというのがしにくくて、

歩いて往復しました。

 

ちょっと歩きましたが^^、所々で見るだけだと見落としたりするものも、歩くと気がついたりするもんだなと

これを見て思いました。

 

橋の下も浅そうな部分が多くて、何か生き物通らないかなと思い、下をのぞき込むように歩いていたら

ふと、「あれ?この場所のサンゴだけどうしてこんなに整然と整列してるんだろう?」と気がつきました。

 

これだけ整然としているということは人間の手によるものだろうと思いましたが、そういえばサンゴの植え付けって

恩納村とかは聞いたことがありますが、ダイビングスポットでもなく、もともと珊瑚畑が有名だったわけでもなく、

内湾でもなく台風で簡単に流されてしまいそうな場所で植え付けをするほど植え付けって盛んじゃないみたいだし。

ということで植え付け説は疑問が残ります。

 

もし人工のものではないとしたら、これはものすごく面白い自然の産物だと思います。

 

 

S701_dsc01750

拍手する

| | コメント (4)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »