« 普通の道で行ける所からの眺め | トップページ | 12月6日の鎌倉 その2 »

2008年12月 7日 (日)

12月6日の鎌倉 その1

今日 鎌倉へ 行ってきました

二人で 初めて 歩いた街へ

今日の 鎌倉は 人影少なく

思い出に 浸るには 十分すぎて

 

という歌がありますが、「ほんまそういう鎌倉見たいもんやわ~」という状態でした。

 

朝9時頃JR横須賀線の鎌倉駅に着いて、西口の駅前で自転車を借りて廻ってきました。

電動アシスト自転車しか借りるつもりはなかったので、それを1日2600円で借りました。

東口の駅前にも普通の自転車と電動アシスト自転車と両方あって1日2400円のところがありますが

そこは夕方5時までだったので、6時まで借りられる西口のお店で借りました。

 

レンタサイクルのカゴは小さいので、一番小さなカメラバッグと一番小さな三脚を一応持っていきましたが

それでもバッグがぐにゅっとなるサイズで、それに更に三脚を無理矢理押し込んで、なんとか出発しました。

 

ところが、鎌倉のお寺さんはどこも三脚禁止で、ただただ邪魔になっただけでした。

 

 

朝着いた頃は普通の街でしたが、午後3時頃に戻ると鎌倉駅から鶴岡八幡宮に続く道はもう自転車を

押しながらでも邪魔になって歩けないくらいの混み方でした。

 

北鎌倉近辺も、車は渋滞、歩道は人の絨毯で、自転車は歩道と車とのわずかな幅を車に当てないように

気を遣いながら進まなければならないし、やっと着いたお寺さんも人だらけで、「もう疲れた!」と

北鎌倉付近は「浄智寺」だけ見て鎌倉に戻りました。

 

当初の予定では「夕陽とお寺さん」みたいなのも撮ろうと思っていましたが、朝からずっと外にいると

もう寒くてその時間までは無理、という感じで帰ってしまいました。

 

今思うともったいないことをした感もありますが、どこで思った構図で撮れるかが分からないので、

夕方の混雑の中、行ってみた所でそういうアングルが無ければ、簡単に「ハイ次」と動ける状態でもないし

いくつかのお寺を廻ってみて、まず「五重塔」とか「三重塔」を見なかったので、一番撮りたい構図は

撮れそうにないのと、じゃあお堂は?というと、これが山をバックに建っているのが大半で、日が傾いてくると

山には陽が当たっているけど、その下のお堂は影で真っ黒になってしまっているのを見て、夕焼けに

シルエットが・・・という構図も無理そう、というので、トライするのを止めました。

 

これから何回かに分けてアップしていきます。

 

まずは最初に向かったお寺山に行く途中でみた光景からです。

 

S700_dsc09255
(クリックすると大きくなります)

「古都」っぽくはないですが、なんかいい感じ^^

 

 

 

Sdsc09256_2
(クリックすると大きくなります)

次は適当に走っていたらあった「杉本寺」です。

時間が無いと思ったので入り口だけ^^です。

 

 

 

S700_dsc09264_2
(クリックすると大きくなります)

紅葉がとてもきれいだったので紅葉だけを。

 

まずは第一弾です。

|

« 普通の道で行ける所からの眺め | トップページ | 12月6日の鎌倉 その2 »

よもやま写真館」カテゴリの記事

コメント

いやん、RAKUとびさんてば、いつもと違って
ロマンティックで~と^m^

なんて読んでたら・・・・・すっかりだまくらかされましたよ~~~(; ̄ー ̄川 アセアセ

鎌倉、多いんですね~。京都も相当多いけど、鎌倉もすごそう~!!
大好きな親戚が鎌倉で、何度か行った事があるのだけど、
相方とはマダ行った事がないので、行きたいな♪

「古都」っぽい写真、っぽい!! です~~~~~!!!
侘しさもあって、素適ですね~!
池?沼?写りこみの揺らやぎが、いいですね~!

投稿: arare | 2008年12月 7日 (日) 22時40分

こんばんは、arareさん
スミマセン、「縁切り寺」という歌の歌詞でした^^
ところで「いつもと違って」って(^_^;)
いつもロマンチストです(キッパリ^^)

鎌倉は京都みたいに「面」ではなく「線」での移動なので
人も車も、もう動きが取れない、といった状態に
なっています。
やはり何でも平日がいいですね^^

水に映る風景も、以前塔が片方だけだった頃の入江泰吉氏の
薬師寺の五重塔の礎石に写る東?塔の写真を思い出して、
今回ちょっと意識して撮ってきました^^

投稿: RAKUとび | 2008年12月 8日 (月) 00時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 普通の道で行ける所からの眺め | トップページ | 12月6日の鎌倉 その2 »