« 12月6日の鎌倉 その4 | トップページ | もうあっという間にクリスマスが来る »

2008年12月11日 (木)

12月6日の鎌倉 その5

今回が最後です。

今回も全て壁紙サイズでご覧頂けます。

 

最後に寄ったのは浄智寺という北鎌倉駅の近くのお寺でした。

 

S700_dsc09395

北鎌倉に向かう道路沿いに今時珍しい茅葺き屋根の家がありました。

 

 

 

S700_dsc09403

浄智寺の入り口です。

 

 

 

S700_dsc09406_2

和風です。

 

 

 

  S350_dsc09290

この紅葉も見事でした。

 

 

 

S700_dsc09424

札に「おなかをなでてあげて下さい。元気がもらえます。」と書いてありました。

「あげて」という言い方が、上の存在と思っている神様を、なんだか「かわいい」存在に

感じさせてくれました^^

普通は動物とか相手に「○○してあげてください。よろこびます」とかという使い方が

多い気がしますので^^

 

  

S700_dsc09413 

締めは、一番古い都で歌われた柿です。

  

今回鎌倉に行ったのは、関東にも「古都」があり、古都はやはり秋(今の時代では冬ですが)

の風情がいちばん「らしさ」が出るのではないかと思ったので、天気もよさそうだし、それを

一度撮ってみようということでした。

 

「らしさ」を伝えることができたでしょうか?

 

  

|

« 12月6日の鎌倉 その4 | トップページ | もうあっという間にクリスマスが来る »

よもやま写真館」カテゴリの記事

コメント

紅葉の赤も、浄智寺の黄色と緑の風景も素適ですね~!!
和風です の写真なんて、と~~~っても素適で、
RAKUとびさんのいう「らしさ」をメチャメチャ感じることが出来ちゃいました~!(って、私的にですが・・・(;^_^A アセアセ・・・)

秋って、春以上に、いろんな色を楽しめる季節ですよね~!
紅葉(こうよう)緑~黄色~赤のグラデーション、大好きです!!!

投稿: arare | 2008年12月17日 (水) 18時19分

こんばんは、arareさん
「和風です」はいいですか?^^
実は今回の中で一番私の「和風」のイメージで、お気に入りなのです^^

arareさんの京都では今年はいろんな色が楽しめるというコメントを読んでから
こっちの古都ではどうなんだろうと、常にそれを意識して見ていました^^

投稿: RAKUとび | 2008年12月17日 (水) 20時53分

RAKUとびさん、こんばんは。

なんでしょう。
心が弱っているのでしょうか?
最期の一枚で涙が出てきてしまいました。

こちらは、すっかり冬の気配です。
RAKUとびさんもお身体ご自愛くださいね。

投稿: 淡紫 | 2008年12月19日 (金) 22時31分

こんにちは、淡紫さん
そちらは雪化粧が見られる時期になりました?
こちらは今日は暖かいですが、今年は去年より
冬の到来が早かった感じです。
そちらはこちらより冬が長いと思いますが、
それでもいつのまにか春は冬の向こう側で
ひっそりと出番を待っていると思います。
早く時々顔を覗かせて欲しいものですね。

投稿: RAKUとび | 2008年12月20日 (土) 11時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月6日の鎌倉 その4 | トップページ | もうあっという間にクリスマスが来る »