« ロタ AS MATMOS | トップページ | 古宇利島にて »

2008年11月26日 (水)

サンゴ礁の空に舞う

鳥は苦手な方も、これくらいは大丈夫かなと思い、載せてみました^^

 

一緒に飛びながらモデルになってもらって撮らせてもらいました・・・・・・・

 

って、んなわけないだろ!^^

 

 

まぁ、いつかフライトスーツなるものが発明されて鳥と一緒に自在に飛べる時代がもしかしたら

くるかもしれません。

そうしたら本当に並んで飛びながら撮影が出来るかも^^

 

もっともその時代にはカメラなんていうものは無くなって、記憶から映像を取り出す時代になっているかも

しれませんが。

 

 

「こんなん見てきたよ」

と記憶から見てきた風景を取り出すつもりが・・・・・

 

「ちょっと、いったい何見てきたの!」

と、世間のあちこちで騒動が勃発する時代であるかもしれませんが^^

 

Rotabird

2008年8月 ロタ島 (クリックすると大きくなります)

|

« ロタ AS MATMOS | トップページ | 古宇利島にて »

風景」カテゴリの記事

コメント

どこから撮影されたんですか???

本当もう1羽の鳥さんに乗せてもらっての撮影のように感じます。
RAKUとびさんの発想・・・楽しいですね!!!

投稿: みー | 2008年11月26日 (水) 08時51分

こんばんは、みーさん
これは崖の上からです^^
バードサンクチュアリという観光スポットで、崖から海を見下ろすと
鳥が飛び交っていました。

前にTVで、鳥をヒナの時に自分を親だと思いこませて、飛べるようになって
親代わりに飛行機で一緒に鳥の編隊を連れて飛んでいるのを急に思い出し、
こういう出だしにしたら、急に思考が自分でも予期せぬ方向に行ってしまいました^^

投稿: RAKUとび | 2008年11月26日 (水) 20時47分

写真とは直接関係なくて申し訳ないんですけど、今やっと気づいたんですが、先月ラパス行ってきたんですか?
実は来年9月に行きたいなぁって思ってるんですよ。
今回も旅行記作られますか?
かなり楽しみに待ってマス happy01

投稿: ワン之助 | 2008年11月26日 (水) 22時19分

いつも思うけど、鳥さんってホント飛ぶときの姿って美しいですよね~。ムダがないっていうか・・・・・。
こんな風に自由に飛びまわれるなんて!
気持いいんだろうな~!

小さい頃、めちゃめちゃニルスが羨ましかった~(ごぞんじです?)

投稿: arare | 2008年11月26日 (水) 23時22分

こんばんは、ワン之助さん
やっと気付いてもらえましたか^^
あしか的には9月の後半から10月上旬くらいがよさそうですよ。
それ以外はその時期はこれといって目玉はないみたいですが。
めん玉飛び出てるやつとか、小さい座布団の変態、じゃなくて編隊は
もっと寒くなってからみたいです。
旅行記はのんびりお待ち下さい^^

投稿: RAKUとび | 2008年11月27日 (木) 00時09分

こんばんは、arareさん
今回ラパスでペリカンを見て、本当に鳥って軽いんだなと思いました。
鳥の骨は中空だから犬にあげるなと言いますが、やはりそうして体を軽くする進化を
しないと空は飛べなかったんだろうなと改めて思いました。
そんなに軽量化してペリカンのような大きくて空気抵抗の大きい鳥が海という
コンクリートの床に突っ込んでいって骨折しないものか、考えると心配になりました。

ニルスは見ていませんでした。
だって、もう子供じゃなかったもん^^

投稿: RAKUとび | 2008年11月27日 (木) 00時17分

RAKUとびさん、こんばんは。

きれいですね~。
飛ぶためだけの形状であるという機能美であるのに、
生き物であるという生命力が一体となっている魅力、とでもいうのでしょうか…。
鳥の写真は好きです。
RAKUとびさんの鳥のお写真は、ことにシャープに感じられて大好きです^^

投稿: 淡紫 | 2008年12月 2日 (火) 19時50分

こんばんは、淡紫さん
空を飛ぶって、考えてみるとものすごく大変なことに思えますよね。
骨を中空にしたり、体の形を最適化することで初めてその大変なことが
実現できるのでしょうね。
だから自ずと機能美が出てくるのだと思います。
デジ一は実は飛んでいる鳥はものすごく苦手で、滅多にシャープに
撮れないのです。
フィルムカメラだったら十分なデータでもデジだと全然ダメで、
これはまだ究明できていません。
7種類のデジ一で、どれも同じですから、たぶん共通の問題が
あるのだと思います。
フィルムカメラと同等に飛んでいる鳥が撮れるデジがあったら
こっそり買ってしまうかもしれません^^

投稿: RAKUとび | 2008年12月 2日 (火) 20時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロタ AS MATMOS | トップページ | 古宇利島にて »