« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

バハマ エルーセラ島のパート2をアップしました。

久しぶりのバハマ旅行記の追加です。

先日このコーナーでご紹介したレストランのあるエルーセラ島のホテルです。

日本には情報のないホテルは海外にはたくさんありますが、その中にはこういうホテルもあるんだなって

思いました。

http://rakutobi-bahamas.cocolog-nifty.com/blog/

 

 

T_201_7101

 

 

T_201_7130

 

 

T_70s2_dsc_3447   

 

 

| | コメント (2)

満ち潮、引き潮

潮の満ち引きに関して、前から時々「おや?」と思う記述をネットでみかけてきましたので、

簡単なご説明を。

 

まず、種類としては、「大潮」、「中潮」、「小潮」、「長潮」、「若潮」とあって、「大潮」は満月や新月の頃、

「小潮」は半月の頃です。「長潮」は更に小潮になった状態で、「若潮」はまた大潮に向かって潮が若返る時期です。

 

そして、満潮、干潮はそれぞれ1日に2回あり、その時刻は毎日月と地球と太陽の関係でずれていきます。

そのずれかたは、1日あたり30分~1時間くらいです。

ですから、1週間とか滞在すると同じ時刻に見るビーチの感じも結構変わったりします。

大潮にかかる時期とかからない時期では違いの程度も随分違いますが。

 

ですから、ここはいつも何時頃満潮になる、干潮になる、とかということはなく、日々時刻も深さも変わっていきます。

 

岩場で釣りをする人とか、採集家の間では常識ですが、シュノーケラーの方も知っていた方がいいと思います。

ダイバーも長潮の時はいいですが大潮とか若潮だと急に流れてきた時の流れがものすごかったりして、

そういう時に中層にいて下げ潮につかまったりしたら死ぬかもしれませんし、砂地のスロープにいる時に

下げ潮につかまると、斜面にしがみついても岩とかがないと蟻地獄みたいにじりじりと深場の方に

引きずり込まれていきます。(こわいですよぉ)

ダイビングに行く時にはチェックをして、それなりに心構えをしておいた方がいいと思います。

 

「潮見表」というのがあり、釣具屋さんにはタダでもらえるのが置いてあったりします。

ネットでも調べられます。「潮見表 ○○(場所の名前)」とかで検索するとその地域の釣り関係のサイトに

載っていたりします。

  

これは今年の6月29日11時3分の宮古の伊良部島です。

ここのその日のその時刻の潮見表を見ると、若潮の初日で、この後もう数日は更にもう少しですが

潮位が下がったようですが、かなり下限に近い状態でした。

1週間後の7月の5日か6日に行ったら、全く違う浜が見られたはずです。

全体にうっすらとしたエメラルドグリーンの浅い海が広がり、もっとうんときれいだったと思います。

 

ですから本当は撮影にいい時間帯に満ちている日程で行きたいのですが、そうも言ってられないので

撮れるものを撮ってきています。

 

S350_dsc04505

2008年6月 沖縄 宮古・伊良部島 (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (6)

2008年8月30日 (土)

雨に煙る

今年の正月に行ったボホールでの写真です。

 

南の島では自分のいるところが晴れていても、遠くが「あそこはすごく降ってる」と分かるように

雲の下が煙っているのをよく見ます。

 

これは、その「降ってる」ところに自分たちが入ったところです。

 

どんなにザーザー降りでも漁の手を休めることはありませんでした。

 

S201_4491

2007年末~2008年始 フィリピン ボホール (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (4)

オドリハゼ 紅海型

オドリハゼというハゼがいます。

胸ビレをヒラヒラさせているのが踊っているように見えます。

小型で、サンゴの中の砂地のくぼみとか、ハングオーバーになっているところの砂地のくぼみとかにいます。

これは紅海で撮ったものです。

太平洋型とどうちがうのだろうと思って調べたら、やはり紅海のは似て非なものでした。

第一背びれの丸い模様が紅海型はオレンジの輪郭があるのに太平洋型はそれがなくてぼんやりしているとか

第一背びれの後ろの白い模様が無かったり、他にも違いがありました。

 

やはり紅海は隔離されていて、長い間に少しずつ違うようになっていったのですね。

 

Sdsc_1608

2006年8月 紅海 (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (2)

写真じゃないですが

今日の帰り、初めて雨が怖いと思いました。

 

ターミナル駅からバスで、基本的には高い方に向かっていくのですが、その間にもアップダウンがあります。

 

驚いたのは、まず窓の外が今まで見たことがないくらい雨で煙っていたことです。

こんなにすごい雨見たこと無いというくらいでした。

 

次に驚いたのは、立体交差をバスが登り始めた時に、まるで坂を下りきった時に水たまりに突っ込んだかの

ような水の抵抗の音がしたことです。

何かと思ったら、それは立体交差の上から雨水が川のような量で流れてきて、それで水たまりに

突っ込んだような音がしたんだと知って、その水量に恐怖すら感じました。

 

そして降りるバス停に近づいた時、自分の席の所から一段高い床になっていて気がつきませんでしたが、

真半分の床は水が浸水した状態がまだ少し残っていたことです。

大型バスの床まで入ってくる水たまりが何カ所もあったということに、ますます驚きました。

 

そして最後に、バスを降りた時、更に高台の方からの雨水が川のように流れてきていて、全てのマンホールの

ふたからは水が噴水のように吹き上がっていました。

もう靴に水が浸みないかという次元の状態ではなく、普通に足首までドボンと浸かるくらいの量の

水が勢いよく流れていました。

 

結構高台なのに、更に高いところがあると、今日みたいな局地的な豪雨だとピークまでほんの少しの距離でも

川みたいな状態になってしまうということがわかりました。

おまけに雷もはんぱねぇというくらいの稲妻と音でしたから、バス停から家までの間に落雷で死ぬかと思いました^^;

おそろしかぁ。

これからはどこでも短時間で大変なことが起こる恐ろしい時代になったんだと実感としました。

 

そういえば昔、雨が降っている時に紀伊半島の東海岸の川沿いを移動していたら、水位が結構高いなとは

思ったのですがそのまま走っていて、ふと川を見たら、もう殆ど道路と川面の高さがが近づいていて

これはやばいと、山の方に逃げたことがありますが、その時今日みたいな雨だったら、一気に氾濫して

高いところに行く間もなく車ごと流されていたかもしれません。

 

これからは雨は侮れないと実感でわかりました。

 

皆さんも、  ゲリラ的豪雨には、  十分、 気をつけて、 ください。

お願いします。

 

以上、生徒会長の金子でした!(じゃないか^^;)

| | コメント (2)

2008年8月28日 (木)

今帰仁城跡のチケットもぎり小屋のネコ

今回は、にゃんこです。

今帰仁(なきじん)城跡に行った時、チケットもぎり小屋にいたにゃんこです。

 

8月の暑い昼下がり、もうこうするっかないっしょ、ってかんじでした^^

何匹かいた中で、この子が一番リラックスしていました。

にゃんこは体が柔らかいから、ポーズに多様性があって面白いですね。

この前足と後ろ足の形が可愛かったです^^

 

S700dsc07805

2008年8月沖縄 (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (4)

2008年8月27日 (水)

伊計村のシーサー

伊計島の村に迷い込んで、対向車が来たから端によけた後、ふと右手を見ると、とっても鮮やかな

水色の屋根が目に飛び込んできて、思わず「おおっ」と叫んでしまいました。

 

しかも屋根のシーサーも門のシーサーも本来の意味の魔除けになる顔のシーサーなのがうれしかったです。

最近のおふざけシーサーは本来の意味を忘れて観光に迎合しているようで、あまり好きではありません。

 

S350dsc05707

2008年8月 沖縄 伊計島 (クリックすると別ウインドウで大きくなります) 

| | コメント (8)

2008年8月26日 (火)

古宇利島のひまわり

去年沖縄北部の本部半島から橋でつながっている古宇利島にダイビングで初めて行きました。

その時ダイビング前と昼休憩の時、車で廻ってもらって写真を撮らせてもらいました。

でも、もう少し時間が欲しかったと思ったので、もう少し見て回りたいと思っていました。

 

それで今年沖縄本島に行くにあたって、1日古宇利島に当てようと思い、海岸線だけでなく、中の方まで

行ってみました。

 

道がつながっているのか分からなくて車を置いて坂道をぜえぜえしながら上ったり、車で行って

道が無くなってバックで戻ったりと、色々大変でしたが、誰もいないところを写真を撮りながらうろうろするのは

暑くてしんどかったですが楽しかったです^^

 

その時見かけた小さなひまわり畑のひまわりです。

大きい畑ではなかったのでアップで撮りました。

 

S700dsc07628

2008年8月 沖縄 古宇利島 (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (2)

2008年8月25日 (月)

潜ってみたい

先日ご紹介したのと同じ所の沖縄本島北部の「茅打バンタ」というがけの上から見た海です。

バンタは崖の意味の方言だそうです。

宮古の「フナウサギバナタ」の「バナタ」も同じ意味みたいですから、本島では「バンタ」、宮古に行くと「バナタ」

となるようです。

 

こういう海を見ると本当に中はどうなってるんだろうと潜ってみたくて堪らなくなります^^

浅いところで砂地に座って、まるで水族館で水槽の外から見るのではなく、中で見るみたいな見方で見たくなります^^

それは実際は出来ませんが、その代わり上からいつまでも見ていたくて、見ているとついたくさん撮ってしまいます。

この時も色々撮って、どれも見ているとわくわくします^^

その中の1枚です。

 

Sd702_dsc_2149

2008年8月 沖縄本島北部 (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (2)

2008年8月22日 (金)

千年呪い歌

沖縄本島北部に「金剛石林山」というカルスト地形があります。

その写真はまた別途ご紹介しますが、そこはまた「がじゅまる」の群生地でもあるそうです。

その中に今回ご紹介する大きながじゅまるがあります。

今回初めて知りましたが、「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」のロケでこのがじゅまるの近くの林が使われたそうです。

そうかぁ。

ウエンツもこの辺歩いたんだ^^

ロケ見たかったな^^

 

S350dsc05382

2008年8月 沖縄本島北部 金剛石林山 (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

 

 

大きさを出すために来ていた家族連れを入れたものを。

T_350dsc05386_3 

 

 

ちなみに「がじゅまる」は「バンヤンツリー」のことです。

モルディブを始め海外リゾートの名前に時々ありますよね。 

| | コメント (2)

2008年8月20日 (水)

伊計村

伊計島として紹介されるものは、ビーチが2つ、リゾートホテルが一つ、小さなサーキット?場くらいですが、

私が伊計島で一番楽しく写真が撮れたのは、ダントツに伊計村とそこで見た海でした。

沖縄らしい家も残っているし、爽やかな色の家とかもあって、本当はよそ者がうろうろして写真を撮るのは

好ましいことではないのかもしれませんが、ついついパシャパシャ撮ってしまいました^^;

 

この写真は実際よりおしゃれに写っていますが、本当はこういう色の海辺にある「普通のお家?民宿?」

という感じです^^

でも真っ青な空に映えて、ついきれいに撮りたくなってしまいました^^

 

S700dsc07968

2008年8月 沖縄 伊計島 (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (4)

2008年8月19日 (火)

沖縄 宮城島

沖縄本島周辺の離島に「宮城島」という島があります。

本島の東部に位置していますので、あまりメジャーではないと思います。

いくつかの島が橋でつながっていて、その先端が伊計島で、宮城島はその手前にあります。

 

今回最終日にそっち方面に行ってみました。

泳ぐわけではないのできれいな海とかを見られたらと思っていきました。

 

伊計島はまたご紹介しますが、帰りにちょっとカフェでも寄ってみようと思い、看板に従っていくと、

そこは「ぬちまーす」という塩を作っている工場とレストランとが一緒になっている施設でした。

 

最初は、あれ?ちょっとカフェというイメージと違うと思い、帰ろうかと思いましたが、とりあえず入ってみました。

2階にレストラン?があり、外にはテラス席もありました。

テラスからはきれいなグラデーションのラグーやリーフと無人島が見える、とても気持ちのいい場所でした。

 

S350dsc05808

2008年8月沖縄 宮城島 ぬちまーすファクトリー (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (2)

沖縄 宮城島

沖縄本島周辺の離島に「宮城島」という島があります。

本島の東部に位置していますので、あまりメジャーではないと思います。

いくつかの島が橋でつながっていて、その先端が伊計島で、宮城島はその手前にあります。

 

今回最終日にそっち方面に行ってみました。

泳ぐわけではないのできれいな海とかを見られたらと思っていきました。

 

伊計島はまたご紹介しますが、帰りにちょっとカフェでも寄ってみようと思い、看板に従っていくと、

そこは「ぬちまーす」という塩を作っている工場とレストランとが一緒になっている施設でした。

 

最初は、あれ?ちょっとカフェというイメージと違うと思い、帰ろうかと思いましたが、とりあえず入ってみました。

2階にレストラン?があり、外にはテラス席もありました。

テラスからはきれいなグラデーションのラグーやリーフと無人島が見える、とても気持ちのいい場所でした。

 

S350dsc05808

2008年8月沖縄 宮城島 ぬちまーすファクトリー (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (2)

2008年8月17日 (日)

シジミチョウ

今回の沖縄本島。

シジミチョウが本当にたくさんいました。

ですので、何回かカメラを向けましたが、その中の一枚です。

 

チョウから見ると花ってどういう風に写っているのでしょうね。

 

Spbrd702_dsc_2153

2008年8月 沖縄本島 北部 (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (0)

2008年8月16日 (土)

沖縄本島

ロタから戻った翌日火曜から沖縄に来ています。

名護という本島中部に泊まり、丸3日間レンタカーで回りました。

本日夜便で帰ります。

 

本島のきれいな海岸は今までの訪沖を含めて、これで大体廻ったと思います。

後は南部

ちょうど帰る方向だから今日はそっちを廻ってみようかと思っています。

 

S700dsc07320_2  

2008年8月13日 沖縄本島 北部 (クリックすると大きくなります)

 

| | コメント (6)

2008年8月14日 (木)

風力発電

 

電力会社技師A:今日は風がほとんどないなあ

電力会社技師B:まったく

電力会社技師A:でも、こういう時でも回ってないと、世間の人に、「なんだ、風の無い日は電気使うなってこと?

           でかいだけで役に立たないな」って言われちゃうんだよな。

電力会社技師B:確かに。そこがつらいところだ。

電力会社技師A:だから仕方ないんだよな。

電力会社技師B:ああ。

電力会社技師A:じゃあ、スイッチ入れるか。

電力会社技師B:しょうがない。でも、あの羽でかくて重いから電気食うんだよな。

 

なんてことにはなってないですよね?^^

S700dsc07509

2008年8月13日 沖縄本島北部 (クリックすると大きくなります)

| | コメント (6)

2008年8月 6日 (水)

おれかけれす

明日からちょこっとおれかけしてきます。

バディの仕事の関係で、短期で近場です。

ロタというサイパンのご近所さんの島。

でも初めて。

ダイバーの間では昔から(昔は?)とても有名な場所です。

以前はここで撮った水中写真がポスターや雑誌や写真集とかで使われていた時代もあったくらいです。

今は似たような写真があちこちで撮られるようになって、いつしか忘れられていきました。

 

中3日で、2日間はダイビングだから、あまり写真も撮れないと思いますが、

出来るだけきれいな写真が残せるよう頑張ってきます^^

| | コメント (14)

エグズーマ

続いてエグズーマのビーチです。

ただ砂と海と空だけの写真です。

 

Sdsc01910_3

2008年GW バハマ (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (4)

2008年8月 5日 (火)

エグズーマ

バハマのオプショナルツアーの目玉が2つあって、一つはエルーセラ島のハーバーアイランド、もう一つが

このエグズーマ島の日帰りツアーです。

パワーボートアヂベンチャーという高馬力のボートでかっとばして行くツアーで、往復は大変でしたが、

現地は今回でダントツにきれいな海が広がっていました。

 

この写真は手前から向こうにかけて見ていくと水面の感じが途中からもわっとした感じに見えるのは

気のせいでしょうか。

ちょっと不思議な感じです。

 

S201_6765  

2008年GW バハマ エグズーマ島 (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (6)

Mac Fan

「Mac Fan」というパソコン雑誌に毎月色んなサイトを小さく紹介するコーナーがあります。

6月の上旬に編集部の方から壁紙コーナーの或る写真を6月の末に発売される「Mac Fan」の「壁紙紹介コーナー」へ

掲載させてほしいという連絡をいただきました。

水中写真とのことでしたが、どの写真だろうと先方が指定してきたファイル名の画像を見て、「こ、これ、ですか?」

と思いました^^

この写真は大きいサイズで見るときれいですが、雑誌の小さい紹介だと何が写っているか分からないと思ったからです。

 

多分これを選ばれた方も水中写真をやられていて、こういう色合いで撮るのは意外と大変だということが

分かってらっしゃるから、これが目に止まったのかなと思いました^^

 

Water19_1024_2

(クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (4)

2008年8月 3日 (日)

8月2日 「近所雑記」

このところ週末出かけていたので、久しぶりにいつもの近所に行ってみました。

青空じゃなかったので、テンション上がらず、短時間で帰りました。

みつけた柴犬と久しぶりに遊ぼうと楽しみに行ったら、いつのまにか柵の中に入れられていてがっかり。

 

 

あ、小さなバッタがこんなところに^^

 

 

自転車で通り過ぎる時にチラッと見えてすかさず停まって引き返しました。

花びらの形から(左からの風だったので風が吹くと花びらがすぼまっていました)ちょっと隠れた感じが

面白いと思いました。

 

 

川面の葉ではシオカラトンボとムギワラトンボが。

 

 

ほうずき市は7月の上旬で終わってしまいましたが、このあたりではやっと色付いてきたという状態です。

 

 

このほんのりピンクと白の組み合わせが気分を和らげます。

 

 

オレンジと黄色とありますがここは殆どオレンジでした。

全般的にもオレンジの花が群生している所の方が多いような気がします。

 

 

そして、これはハイブリッド?

 

 

T_201_9408

この草は色といい質感といいちょっと異色ですね。

 

 

離れて見ると、なんだあの白っぽい草は?と思います。

 

 

この葉っぱは一見汚い気もしますが、よく見るとけっこうきれいかも?

と思いながら見たらここにもバッタが^^

 

 

花は紫がかった淡いブルーの涼しげな色で、赤と緑のきついコントラストの葉の

花とは思えない色合いでした。

 

| | コメント (2)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »