« 歌を詠んだりしたのだろうな | トップページ | 腹 »

2008年7月25日 (金)

日本最古の僧門

京都、奈良でお寺廻りをしていると、門はたくさんくぐることになり、その内よほど大きな門でないと

あまり気にしなくなったりします^^

 

この東大門もそれほど大きな門でもなく、ものすごく暑かったのと、朝から動き回ってかなり消耗していた

こともあって、夢殿に行く時もぼんやり通り過ぎ、帰りもぼんやり通り過ぎましたが、ふと右手の看板を見たら、

こう書いてありました。

 

日本最古の僧門

国宝 「東大門」

、と。

Sms350dsc04987

 

日本最古なんだ~。

国宝かぁ。(丸で囲むな^^)

じゃあ、ちゃんと撮っておこう。

 

と思い立ってから、どれだけ粘っただろう・・・・

 

暑かったぁ。

しんどかったぁ。

イライラしたぁ。

 

人が入らないタイミングをひたすらひたすら待ちました。

 

S700dsc06594

2008年7月 奈良 法隆寺 (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

|

« 歌を詠んだりしたのだろうな | トップページ | 腹 »

風景」カテゴリの記事

コメント

法隆寺、何度か行ったことありますが・・・日本最古なんだ~!!
そういえば、明日香では日本最初のお寺にも行きました。
やっぱ、奈良って京都よりももっと歴史の浪漫を感じますよね!

それにしても、と~ってもお日様がサンサンと降り注いでいそうな日向なのに・・・お疲れ様でした~。
とっても素適です。
こんな風に人がいなくて、電線とか現代を思い起こさせるものがないと・・・タイムトリップして同じ場所に立っても、きっと同じ景色を見たんでしょうね~。
ちょっと妄想に走りそうなので・・・ここらへんで・・・。

投稿: arare | 2008年7月25日 (金) 07時32分

こんにちは、arareさん
奈良と京都の寺社仏閣の一番の違いは、昔の建物が残っているかいないか
という点だと思うのです。
京都は応仁の乱で大半焼けて、その後も歴史の表舞台にあって、戦火にみまわれたり、
落雷、放火等で、平安のまま残っているものはほゞ無い状態で、古くても鎌倉時代、
多くは江戸時代の再建ですが、奈良は天平の遺構が残っているものもけっこうある
ところが、一番違って感じられる所だと思います。
だから柱をなでなですると、1000年前の同じ時刻にその柱を誰かがすりすりしていたかもしれない
のです^^
そこが奈良の好きなところです。

投稿: RAKUとび | 2008年7月25日 (金) 08時03分

そうですよね~~~~。
確かに、奈良は昔の建物が、そのまんま残ってますよね。
ホント、昔の人と、シンクロできそうです!!!

加えて、京都に比べ、開発がそこまで進んでないのもよいですよね!
明日香や吉野、斑鳩のあたりって、自転車借りて走ってると、昔もそうだったのかな~~~って思える風景と沢山出会えますよね~!! 京都じゃ~そうは行かないからな~。
都が置かれた年数が桁違いに違うからかもしれないけれど、
平城京の栄枯盛衰がそのまま残った感じの、ちょっと侘しい奈良って、私も好きです!!

投稿: arare | 2008年7月25日 (金) 13時25分

こんばんは、arareさん

今回「大池」のほとりで撮っている時に地元の男の人としばらく立ち話をしたときに
その人が私の思っていた通りのことを言っていました。
「奈良は来たい人だけ来てくれたらいいんですよ。京都のように俗化したくないんですよ」と。
以前奄美に通っていた時にも奄美の若い人から同じことを聞きました。
沖縄みたいにならなくていい、と。
奈良もやっぱりって思いました^^
それでも以前の面影は少しずつ失われているのでしょうね。
今回唐招提寺は工事中だったりしたので南大門を外から眺めただけでしたが、それでも
亀井勝一郎氏の「大和古寺風物誌」の唐招提寺の頃の唐招提寺の雰囲気とは違うのでしょうね。

投稿: RAKUとび | 2008年7月26日 (土) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歌を詠んだりしたのだろうな | トップページ | 腹 »