« 青丹よし 追補 | トップページ | 日本最古の僧門 »

2008年7月24日 (木)

歌を詠んだりしたのだろうな

昔、睡蓮は極楽浄土と密接に結びついているものだったのでしょう。

だから、平安貴族達は、こういう風に船を出しては、睡蓮の花に囲まれて厳かな気持ちで歌を詠んだり

したのだろうなと、

昔に思いを馳せながら撮っていました。

 

S700dsc06351

2008年7月 京都 大覚寺 大沢池 (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

|

« 青丹よし 追補 | トップページ | 日本最古の僧門 »

風景」カテゴリの記事

コメント

お~~奈良だけでなく、京都方面にも来られてたんですね!
大沢の池、3連休の時通ってますよん!!
いいですよね~この雰囲気。

中学の頃、大覚寺の観月祭にいって、船に乗ったことがあります。小さいながらに、古のロマンっていうか・・その雰囲気に圧倒されて、未だに忘れられない情景です~!

投稿: arare | 2008年7月24日 (木) 23時11分

こんばんは、arareさん
京都も嵯峨野だけ回ってきました。
arareさんもこの3連休で行かれたのですか^^

TVも何も無い時代って、自然に対して今よりずっと多くのことを
感じていたのでしょうね。
自分も写真を撮るという行為の中で、少しはそういう気持ちに
近づいているのかなとふと思いました^^

タイムマシンでいにしえの世界を覗いてみたいですね。
夏の夜に月明かりの下で睡蓮を愛でたいですね^^

投稿: RAKUとび | 2008年7月25日 (金) 01時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青丹よし 追補 | トップページ | 日本最古の僧門 »