« 5月24日 近所雑記 | トップページ | 椰子の実の高さ »

2008年6月10日 (火)

6月1日 「近所雑記」

10日前の日曜の近所です。

土曜が雨だったので、日曜起きてみて日が差していると我慢出来ずに出かけてしまいました。

 

最初は「大金鶏菊」。

バックにピンクを入れてみました。

 

 

サクラソウの仲間だとは思いますが、同じ色の写真はネット図鑑3種では見つけられませんでした。

 

 

最近出来た家の庭に長い紐でつながれている柴です。

そこのお家は塀がないので、ついつい庭にちょっと入ってしまいます^^

まだ成犬になっていないから(多分ですが^^)、遊びたくてしょうがないみたいで、ちょっと遊びモードにすると

興奮してくるので、ちょうどやかんのお湯が噴きこぼれないくらいの火加減で遊んであげることが重要です^^

 

 

そういえば、ジャノメチョウってあまり見かけません。

子供の頃は都内でもたくさん見ましたが、減っているのか、場所の問題なのかはわかりません。

 

 

モンシロチョウは乱舞していました。

 

 

あ、ハナムグリだ。

今年もそういう時期になったんだなぁ。 

 

 

ふんふん、こっちがハナムグリ。で、あっちはミツバチ。

あっちがミツバチでこっちがハナムグリ。

あ、ややこしや~、ややこしや。

って、全然ややこしくないだろ!(と、一人つっこみを入れるのでした^^)

 

みんな花の蜜がお目当て。

そして花は花粉を運んでもらう。

動けない生き物と動ける生き物があること自体が不思議で、それは置いておいて、この補完システムが出来てからは

それで花の生存域が広がっていったと思うけど、そのシステムが出来ていなかった(おそらく)何億年とか何千万年の期間は

風まかせで、受粉の確率も極低かったんだろうなぁ。

 

 

夏に近づいてくると川の水が爽やかさを感じさせてくれます。

 

 

前に通った時はこの色のツツジは傷んでいて撮りませんでしたが、この時は元気な花があったので

喜んで撮りました。

 

 

最近色んな花でこういう白にピンクがにじんだようなのが増えていると思います。

それが好きだからうれしいですが^^

 

 

ジャガイモ、さん?

 

 

去年、もうだいぶ寒くなってから見つけたお気に入りの場所。

 

 

ウグイスとかの鳥のさえずりしか聞こえない静かな一角です。

しばし目を閉じて佇んでいると、気持ちが安らかになっていきます。

My healing spot。

 

 

ハルシャギク、別名ジャノメソウだそうです。

 

 

スイカズラ。

だんだん黄色くなっていくそうです。

この時期はとてもきれいです。

 

 

超望遠で狙っても気配を感じたらしく、気にしながら遠ざかっていきました^^

 

 

前回もご紹介したキンポウジュですが、青空バックに、あの葉っぱを入れると、

そこはもうパラダイスって感じ^^

 

 

ワ~イド! 

 

 

ユリの季節ですね。

ユリは好きです。

人の名前じゃないですよ^^ 

 

 

あじさいも天気のいい時の、このピンクまじりのが一番お気に入りです。

 

 

日が当たると色が鮮やかになるから、プロが言う曇りの方が花の陰影が濃くなり過ぎなくて撮影には

向いているというのは、私には当てはまりません。

写真を撮れば撮るほど、自分は強い日差しが好きなんだと思うようになりました。

晴れていてもちょっと光が弱くなるとファインダーを覗いていても気分が高揚しないのですが

日が強くなって影が黒く濃くなるといきなりテンションが上がります。

やっぱり生き物は何でも光を浴びて輝くものでしょう^^

 

 

あ、ヒナが!

この場所は小川沿いの道で、水面からは2m~3m高いのです。

川沿いには金網のフェンスがあり、その金網を隠すように黄色い花を咲かせている植物が生えています。

今まで随分この場所には通いましたが、この高低差のせいで、道にカモが上がってきたのは初めて見ました。

子供達が川辺で遊べるように、この場所のすぐそばに階段が2年ほど前に作られましたが

それでも一度も上がってきたのは見かけませんでした。

完全に休憩モードだったので、撮る態勢が遅れて、姿が消える直前にあわてて撮ったらぶれてしまいました^^;

でも可愛いから、関係ねぇ^^ 

 

 

親に続いて、ほぼ90度のコンクリートの壁を(きっと)必死についていって、無事水面に到着^^

 

 

なんだか、ヒナが親を護送しているみたい^^

 

 

お母さん?から離れないようについていく姿が可愛かったです^^

 

 

|

« 5月24日 近所雑記 | トップページ | 椰子の実の高さ »

近所雑記」カテゴリの記事

コメント

やはりアクセントでピンクが入ってる花は綺麗ですね。
カルガモかな???とても可愛いですね!!!
RAKUとびさんのお気に入りの道・・・私も素敵だと思います!
身近にこんな場所があるのっていいですね!

投稿: みー | 2008年6月10日 (火) 08時53分

今日のお気に入りは 
ワンコ しっぽの太いニャンコ あじさい ヒナ 
でした^^*

投稿: KotokO | 2008年6月10日 (火) 19時13分

こんばんは、み-さん
そうです、カルガモです。
いつも親が下の方の水面にいるだけなので
いきなりガサガサと現れた時はびっくりしました^^
生まれたばかりなのでしょうね。
あの高さを垂直に落ちるように降りていくのは
きっと本能だけでも怖かったと思います。
でも生まれて初めて見た親が親なので必死に
ついていったんだと思います。
びっくりしました。
落ちて怪我するんじゃないかって。
でも大したものですね^^
両手ですくうように捕まえてまじまじと見たかったです^^

あの場所、ほんと癒されるんですよ^^

投稿: RAKUとび | 2008年6月10日 (火) 20時27分

こんばんは、kotokOさん
ありがとうございます。
ワンコはちょっと笑い顔風に、にゃんこはさりげなく雰囲気があるネコという感じで
撮ろうと思いました^^
あじさいは小さい頃からどよ~んとしてじめじめした空気の中で見るもので
時々カタツムリ、ナメクジ、という、あまり楽しいイメージの無い花で
そんなに好きではありませんでしたが、近所雑記を撮るようになって
明るくポップなあじさいがあることに気付いてから、あじさいもいいなと
思うようになりました。
ヒナ、両手で包んで目の前で見てみたいです^^

投稿: RAKUとび | 2008年6月10日 (火) 20時34分

素敵な風景です。^_^
リフレッシュしますね。
大人になってから見るのは人工の風景
が多いです。
子供の頃に遊んで見ていたなにげない
自然に会いに行きたくなりました。

わんこもあたたかくて気持ちよさそう。
わんこは機嫌がいいとわらってるような顔
しますよね。
護送船団くんたちはしっかりがんばって
いますね^_^かわいいっ。

投稿: ASA | 2008年6月11日 (水) 22時58分

こんにちは、ASAさん
本当にどこに行っても人工物だらけで、自然の風景を
横浜周辺で見たいと思ってもないんですよね。
平野部では車でよっぽど走ってもなくて、山間部に行くしかなくて、
山じゃないんだなと思うと、じゃあどこまでいけばいいの?
という感じです。
でも、ここはほんの小さな一画ですが、独特の雰囲気を持っていて、
別世界に迷い込んだ気がするのです。

笑い顔としてはコーギーとかゴールデンとか洋犬のイメージかもしれませんが
日本犬も笑ってます^^

カルガモ軍団、SPにも見えますね^^
ちょうどいい形になりました。

お母さんが川底をつついてはエサを探してちょっと止まると
その間に小ガモが先に流されますが、はっと気がついて一生懸命
親の方に戻ろうとするのも可愛かったです^^

投稿: RAKUとび | 2008年6月12日 (木) 07時00分

本当に自然が少なくなっていってしまって
さみしいですね。
自分自身も街や車の風景に慣れてしまって…

RAKUとびさんのお写真を見せていただいて
身近な小さな自然も楽しむことができるんだって
思うようになりました。
悲しいのは仕事に埋もれて、そういう目線を
忘れていた自分だったんだなぁと。
思い出させていただけてうれしかったです。
ありがとうございます"^_^"

東京や横浜には時々行きますが、
家や建物がぎっしり詰まって建っているなぁ
と思います。東京から帰ってくると、
東京は人も街も混んでいるなぁ、
逆に自分が住んでいるのは地方都市なんだな
と実感します。(人も建物も混み具合が違います)
まだ山などが残っているので、
行く気になれば、なんとか歩いていくことが
できるんです。それでもやはり普段
見るのは街と車の風景…。
考えると味気ない、さみしいですね。^_^

投稿: ASA | 2008年6月13日 (金) 23時05分

こんにちは、ASAさん
本当に人工物のない広い場所って、もうよほどのところに行かないと
無くなってしまった気がします。
だから、広くはなくても、ちょっとした隠れ家みたいな場所を見つけると
嬉しくなります^^
ファインダーを覗いている時は、見たくないものを省いて見たいものだけ
見ているので、それで写真を撮るのが好きなのかもしれません。
その時だけは、ご紹介しているような世界しか見えていないということですから^^

毎日高層ビルの灯りを見ないと落ち着かないと言っていた同僚が
いましたが、私はやはり自然がないと休まらないです。

このあたりは、車でも近くには大した自然には出会えないのが残念です。

投稿: RAKUとび | 2008年6月14日 (土) 05時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月24日 近所雑記 | トップページ | 椰子の実の高さ »