« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月27日 (金)

宮古島

明日の午後から宮古島にちょろっと行ってきます。

行く日は直行便はおろか那覇経由でも朝便が取れなかったので夕方着。

中日の日曜と月曜は、気象庁のHPをすり切れるほど(すりきれませんが^^)繰り返し見ても、

未だに雲マークのままです。

台風が停滞予想の間はよっぽどキャンセルしようと思っていましたが、熱低になったので、

かろうじてキャンセルは踏みとどまりましたが、ずっと曇りの予報ではイマイチ気分がのりません。

何もアップしなかったら、全く青空が無かったと思ってください。

| | コメント (5)

2008年6月24日 (火)

壁紙

アルパインのカーナビのユーザーサイトに壁紙ダウンロードサービスというのがあります。

全体の枚数はあまり多くありませんが、そこに今日私の壁紙が2枚だけ加わりました。

マジュロの小島のビーチとタヒチのプルメリアが浮かんでいるのとです。

アルパインから委託されているWEBデザイン会社さんからの依頼で6枚提供しましたが、

実際にアップされたのは2枚だけでした。

もしもアルパインのナビユーザーでしたら、ああこれは「RAKUENへの扉」のだ、と思って下さい^^

 

T_tahiti01

 

 

 

T_majuro01

| | コメント (11)

2008年6月22日 (日)

カラスアゲハ

先日、三浦半島に行った時、黒いアゲハチョウが花の蜜を吸いに来ました。

後で調べたら、クロアゲハではなく、カラスアゲハのようです。

 

普通のキアゲハは数も多いし、市街地でも花の蜜を吸っているのを、近くで見られますが、

黒いタイプのアゲハチョウは、数も少なく、市街地で見かけても、いつも飛びっぱなしで、写真として

見られる大きさで撮れたことは一昨年の黒島の時くらいです。

市街地ではないところでは地面に留まって水を飲んでいたりするそうですが、そういう場面に

出会ったこともありません。

 

クロアゲハは中学1年の時に高尾山へ夏休みの宿題にと昆虫採集に行った時に、まったく近寄ることも

できずに、クロアゲハを採集することは難しいと思ってから、ずっと意識して見ていて、カメラを

持っている時はいつも撮るチャンスを狙っていたチョウなので、今回は嬉しい出会いでした^^

 

虫嫌いの方が多いと思いますので、羽の美しさが分かって、しかもできるだけ刺激の少ないアングルのを

アップしました。

 

S70s2_dsc_5217

2008年6月 くりはま花の国 (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (0)

2008年6月18日 (水)

6月7日 「近所雑記」

6月7日の近所です。

 

先ずはアジサイから。

 

最近好きな色。 

 

 

アジサイはじめじめしたイメージではないという主張です^^

 

 

バックにブルーを入れてみました。

 

 

 

 

濃い紫もきれいです。

 

 

アジサイが耳飾りしてる^^

 

 

とっても小さなガクアジサイ。

この花は「墨田の花火」というそうです。

 

濃い紫のガクアジサイもありました。

 

 

いつもの「近所」に入る場所の近くの川沿いにこんなにたくさんサボテンがあることに

今まで気付きませんでした。

そのサボテンの花が満開でした。

 

 

 

 

虫が見るとあのテカテカが美味しそうなんだろうなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

これがもうすぐ花になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

花びらが細いとつぼみの時も糸みたい。

 

 

 

 

 

川沿いの地面近くに咲いていた小さな花です。

目立たないけど、よくみるとかわいらしい花でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブルーの「放電中」^^

名前調べたのに忘れてしまいました。

 

 

つぼみはちょっとグロい気がします^^

 

 

白いのもありました。

 

 

 

 

 

白いのもつぼみは同じ^^

 

 

踏切を越えて

 

 

ちょっといくと、サッカーの試合観戦客目当ての屋台が並んでいました。

思わず今年初かき氷を食べてしまいました^^

 

 

 

 

 

川沿いの土手にたくさんありました。

 

 

時々群生。

 

 

高さ5センチくらいなので、撮るのがしんどいです。

でもかわいらしいのでつい撮ってしまいます^^

 

 

ドリルみたいな感じが面白くて撮りました。

 

 

矢車菊のシーズンですね。

 

 

 

 

 

可憐という言葉が合う小さな花です。

 

 

なんでしょう・・・?

 

 

ユリもシーズンになってきました。

 

 

こういう状態から

 

こうなって

 

こうなって

 

開花です。

 

 

 

 

 

花が思いの外きれいでかわいかったです。

 

 

あちこちでたくさんみますが、これが「ドクダミ」とは知りませんでした^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つぼみの時は結構はっきりしたピンクなのに、花になると、ほんのりピンクに

なってしまいます。

 

 

こんな土曜日でした。

 

 

| | コメント (4)

2008年6月16日 (月)

前ボケ

金糸梅がこの時期全開状態です。

先日このコーナーでアップした近所雑記に出てきた柴犬のお家の垣根もこの金糸梅です。

 

ワンコの紐が長いので、その垣根から体ごと道に出てきて、しばらく遊んでいました。

すると、金糸梅のつぼみが目の前にあって、見るとちょっと艶があって、なんだか塩ビっぽい質感を漂わせている

ことに気付きました。

 

普通に撮ろうとしたら、もわっと白っぽい前ボケが見えて、こういう感じもいいかな、あれ?そういえばこのボケは何だろう?

と思いファインダーから目を離したら、その前ボケの正体が分かりました。

 

「お前のしっぽかぁ^^」

 

T_201_9004

| | コメント (0)

2008年6月15日 (日)

バハマ旅行記始まりです

やっと、バハマ旅行記、作り始めました。

バハマのカラーはフラミンゴのピンクなので、背景をピンクにしました。

会社で見ることを考慮して、できるだけ薄いピンクにしました。

実はちょっと前に概容編を作ったのですが、自分の写真が無いのでオープンにしていませんでした。

ちょびちょび作っていきますので、サイドバーのリンクから時々覗いて見てください^^

http://rakutobi-bahamas.cocolog-nifty.com/blog/

| | コメント (0)

油壺湾

相模の国に三浦氏という氏族がいました。

遡ると平安時代になるそうですが、様々な浮沈を経て、1516年に北条早雲に滅ぼされた場所が「油壺」だそうです。

北条氏を相手に3年間も立てこもり抵抗した果てに陥落した「新井城」があったのが今の油壺マリンパークのあたりで

関東大震災の前は、三方が海で、一方は橋で、その橋を切り落としたため、長期戦が出来たとのことです。

武器や食料や、海の守りは当時有名だった三浦水軍が活躍しましたが、その拠点が陥落して新井城も万策尽き

全員自害したり、討ち死にしたという歴史があるそうです。

 

「油壺」の名前の由来は、奥まった湾で、いつも水面が穏やかだからついた名前というのが今の「冷めた」時代の定説のようです。

しかし、以前は、その時の兵士達の死体が湾に浮かび、その血が油を流したように湾に広がったことから

「油壺」と呼ばれるようになったと、というのが定説でした。(私も昔聞いた記憶があります)

 

昨日は風もあまりなく穏やかな夕暮れ時でしたが、湾にはさざ波が立っていました。

 

やはり500年前、今はヨットが我が物顔に使っているこの湾に、生死をかけた人間の情念が渦巻き、

様々な無念な思いが血とともに湾に浮かんだという歴史を残すためにも、以前の定説を継いでいきたい気がします。

 

S700_dsc00259

2008年6月14日 (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (2)

2008年6月13日 (金)

見えませんか?

どこの動物園で撮ったか忘れてしまいましたが・・・

 

インパルス 板倉

T_itakura0

 

 

酔っぱらった板倉。

T_itakura1

ただそれだけです^^

 

 

| | コメント (5)

2008年6月12日 (木)

椰子の実の高さ

椰子の木は普通は見上げるような高さで、実はその上の方についていて、時々現地の人が

道具も使わずに上って鉈で蔦を切って落としたり、所によってはお猿さんに上らせて落とさせたりしています。

きちんとしたリゾートホテルでは、ゲストが椰子の実爆弾で死なないように^^人が歩く所にある椰子の木は

実を落としています。

そうじゃないところはいつ落ちてくるやもしれない「爆弾」の恐怖を感じつつ歩く、というのが椰子の実だと思っていました。

この時までは。

 

あれ?こんなに低いところに実がある。

こういうのって今まで気がつかなかった。

 

でもそれ以来、時々見かけるようになりました。

 

Borabora005

2001年GW ボラボラ島 (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (4)

2008年6月10日 (火)

6月1日 「近所雑記」

10日前の日曜の近所です。

土曜が雨だったので、日曜起きてみて日が差していると我慢出来ずに出かけてしまいました。

 

最初は「大金鶏菊」。

バックにピンクを入れてみました。

 

 

サクラソウの仲間だとは思いますが、同じ色の写真はネット図鑑3種では見つけられませんでした。

 

 

最近出来た家の庭に長い紐でつながれている柴です。

そこのお家は塀がないので、ついつい庭にちょっと入ってしまいます^^

まだ成犬になっていないから(多分ですが^^)、遊びたくてしょうがないみたいで、ちょっと遊びモードにすると

興奮してくるので、ちょうどやかんのお湯が噴きこぼれないくらいの火加減で遊んであげることが重要です^^

 

 

そういえば、ジャノメチョウってあまり見かけません。

子供の頃は都内でもたくさん見ましたが、減っているのか、場所の問題なのかはわかりません。

 

 

モンシロチョウは乱舞していました。

 

 

あ、ハナムグリだ。

今年もそういう時期になったんだなぁ。 

 

 

ふんふん、こっちがハナムグリ。で、あっちはミツバチ。

あっちがミツバチでこっちがハナムグリ。

あ、ややこしや~、ややこしや。

って、全然ややこしくないだろ!(と、一人つっこみを入れるのでした^^)

 

みんな花の蜜がお目当て。

そして花は花粉を運んでもらう。

動けない生き物と動ける生き物があること自体が不思議で、それは置いておいて、この補完システムが出来てからは

それで花の生存域が広がっていったと思うけど、そのシステムが出来ていなかった(おそらく)何億年とか何千万年の期間は

風まかせで、受粉の確率も極低かったんだろうなぁ。

 

 

夏に近づいてくると川の水が爽やかさを感じさせてくれます。

 

 

前に通った時はこの色のツツジは傷んでいて撮りませんでしたが、この時は元気な花があったので

喜んで撮りました。

 

 

最近色んな花でこういう白にピンクがにじんだようなのが増えていると思います。

それが好きだからうれしいですが^^

 

 

ジャガイモ、さん?

 

 

去年、もうだいぶ寒くなってから見つけたお気に入りの場所。

 

 

ウグイスとかの鳥のさえずりしか聞こえない静かな一角です。

しばし目を閉じて佇んでいると、気持ちが安らかになっていきます。

My healing spot。

 

 

ハルシャギク、別名ジャノメソウだそうです。

 

 

スイカズラ。

だんだん黄色くなっていくそうです。

この時期はとてもきれいです。

 

 

超望遠で狙っても気配を感じたらしく、気にしながら遠ざかっていきました^^

 

 

前回もご紹介したキンポウジュですが、青空バックに、あの葉っぱを入れると、

そこはもうパラダイスって感じ^^

 

 

ワ~イド! 

 

 

ユリの季節ですね。

ユリは好きです。

人の名前じゃないですよ^^ 

 

 

あじさいも天気のいい時の、このピンクまじりのが一番お気に入りです。

 

 

日が当たると色が鮮やかになるから、プロが言う曇りの方が花の陰影が濃くなり過ぎなくて撮影には

向いているというのは、私には当てはまりません。

写真を撮れば撮るほど、自分は強い日差しが好きなんだと思うようになりました。

晴れていてもちょっと光が弱くなるとファインダーを覗いていても気分が高揚しないのですが

日が強くなって影が黒く濃くなるといきなりテンションが上がります。

やっぱり生き物は何でも光を浴びて輝くものでしょう^^

 

 

あ、ヒナが!

この場所は小川沿いの道で、水面からは2m~3m高いのです。

川沿いには金網のフェンスがあり、その金網を隠すように黄色い花を咲かせている植物が生えています。

今まで随分この場所には通いましたが、この高低差のせいで、道にカモが上がってきたのは初めて見ました。

子供達が川辺で遊べるように、この場所のすぐそばに階段が2年ほど前に作られましたが

それでも一度も上がってきたのは見かけませんでした。

完全に休憩モードだったので、撮る態勢が遅れて、姿が消える直前にあわてて撮ったらぶれてしまいました^^;

でも可愛いから、関係ねぇ^^ 

 

 

親に続いて、ほぼ90度のコンクリートの壁を(きっと)必死についていって、無事水面に到着^^

 

 

なんだか、ヒナが親を護送しているみたい^^

 

 

お母さん?から離れないようについていく姿が可愛かったです^^

 

 

| | コメント (8)

2008年6月 6日 (金)

5月24日 近所雑記

先々週の近所です。

 

クリーニングを出しに行ったら、オープンがネットで調べた時間より1時間遅くて、時間つぶしに

いつも走らない場所をぶらついたりしました。

 

 

まずは、好きな色合いの白ピンク混合からです^^

 

 

ブラシノキ。

別名キンポウジュ(金宝樹)

オーストラリアが原産だそうです。

 

こんな感じでブラシみたいですが、金粉がまぶされているみたいで、ゴージャスなブラシ^^

 

 

あ、ハチがきた。

 

 

先端部分。

つぼみは一見普通の花びらが出てきそうですが、それがブラシみたいになるのが不思議です。

しかも金粉つけて。(って、金粉じゃないって^^)

 

 

立派で、傷んでないアマリリスを発見。

とてもきれい。 

 

 

アマリリスって滅多に見かけないし、ちょっと時期がずれると傷んできて、花びらに茶色の部分が増えてきて

しまいますが、ここに咲いていたのはどれもきれいでした。

  

 

 

 

 

ツリガネソウ。

 

 

こうすると釣り鐘かと分かりますが、でも釣られてない^^

みんな上向き。

 

 

名前は分かりません。

でも小さくてもおおっと目立ちます。

 

 

こういうのも。 

 

 

これも撮ったことありませんでした。

濃い色の入り方がいいです^^

 

 

こういうパターンも。

 

 

このちょっと黄色の入ったピンクの斑がきれいだと思いました。

 

 

カルミアというそうです。

作り物のようなかわいさがあります^^

これのピンクバージョンが会社のすぐ隣の公園に咲いていましたが、撮りそびれてしまいました。 

 

 

何度も撮っているので、撮り方を変えてみました。

 

 

赤、ピンク、黄色、白が混じり合って陽に当たってきれい^^

バックをグリーンにしたほうがきれいだと思いました。

 

 

ブルー

 

 

薄いピンク

 

 

この色は珍しいのではと思うのですが。

 

 

ただいま放電中。近づくな! みたいな^^

 

 

おおっ、バッタが。

うれしいなあ^^

 

 

1週間経ったらルピナスがたくさん咲いてる

 

 

バックにピンクを入れると華やかな感じ。

 

 

小川を覗いてみたら鯉でもメダカでもオタマジャクシでもなく、ヨシノボリがいました。

そうなんだ、こんなところにもいるんだ。

すごいなあ。

大発見(自分の中では^^)

 

 

虫だからちょっとベールをかけてみました^^

 

 

| | コメント (4)

2008年6月 5日 (木)

5月18日 「近所雑記」

もう2週間ちょっと前ですが、18日の日曜は天気が回復したので、また自転車で近所を

ブラブラしました。

 

 

最初は三ツ沢公園、それから「いつもの近所」に回ってみました。

三ツ沢公園ではバラがまだたくさん咲いていました。

 

最初はバラではありませんが。

最近白にピンクや赤がほんのり混じるパターンがどの花についてもお気に入りです。

因みにこれは二色空木(ウツギ)といいます。

箱根空木とそっくりとのことですが、ある場所で分けられているみたいです。

 

 

ここからバラです。

 

 

 

 この種類は、こういう黄色の強いのと殆ど無いのが同じ木に咲いています。

花びらの形は同じようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この赤の混じりも好きです。

 

 

 

バックに花びらを入れてぼかしました。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはシャクヤクです(と思います) 

 

 

これがつぼみですが、畑の縁にありました。

 

 

ちょっと面白い形^^

ストエカス・ラベンダーというそうです。 

 

ルピナス見るとハピナスなぁ(^ω^)      しょこたんか!^^;

 

 

アロエ・・かなぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

この色はちょっと少ないのではと思いますが・・・

 

 

 

 

 

よくみるとヒゲみたいなものが。

これがおしべなのかぁ。

 

 

これは、編み目がないからアヤメではない?

とすると、カキツバタ?ハナショウブ?

あまり見かけない種類だと思います。 

 

 

黄菖蒲と紹介されているサイトもありますが、正式名称なのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマボウシ。

アメリカヤマボウシ(ハナミズキ)との違いは花びら(本当は花ではないそうですが)が白のみで

先がとがっているところが違うとのことです。

 

青空をバックに爽やかでした。 

 

 

こんな近所でした。

| | コメント (6)

2008年6月 4日 (水)

夏の沖縄

一昨年の夏に石垣島に行きました。

最終日だけ晴れたので、日帰りで黒島に行ってきました。

広々として、のどかで、ビーチもきれいで、とてもいい所でした。

今、その時の写真は、壊れたHDDの中に眠っています。(永遠の眠りかも・・・)

壁紙コーナーに数少ない生き残りがありました。(縮小されていますが)

 

自転車でまわって、ビーチに出られそうな道があると覗いてみる、ということを繰り返していました。

 

そういえば、この自転車の前輪のカバーになんか書いてある。

うん?何て書いてあるんだろう・・・・拡大してみたら・・・・

あ、「なんくる」だって^^

あの、「なんくるないさ(なんとかなるさ)」の「なんくる」かぁ。

「なんくる号」。

なんかいいなぁ^^

(この一節だけで何回「なん」って使ったんだろう^^)

 

 

今年も沖縄のきれいなビーチが見たいものです。

 

Okinawa38_1024

2006年7月 八重山黒島 (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (4)

2008年6月 1日 (日)

ハーゲンダッツ

そろそろバハマ旅行記を作り始めようと思っていますので、バハマネタもこれからは少なくなると思いますが、

そういいながら、マリーナにあったハーゲンダッツのベンチがこんなのでしたので、ついご紹介を^^

 

座り心地は悪いですが^^、こういう遊び心って楽しくていいなと思いました。

 

S_dsc01490

バハマ アトランティス マリーナ (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

 

| | コメント (8)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »