« お気に入りのソファー | トップページ | 船のデザイナー »

2008年5月18日 (日)

富士の氷穴

昨日、富士の芝桜を見に行ってきました。

その帰りしなに渡された風穴・氷結の割引券につられて、氷穴の方に行ってきました。

昔から名前は知っていたので、近いなら行ってみようと。

 

想像していたものとだいぶ違っていました。

イメージは普通の洞窟で、天井もそこそこ高く、その奥にメインのもの(具体的なイメージ無し)がある

というものでしたが、

実際は細くて傾斜の急な天井の低い通路を下まで下りて、また上がってくるというものでした。

最後にちょこっとした氷柱があって、あとは階段を上がって終点です。

三脚にカメラを着けて入ったのですが、あっという間に後悔しました^^

  

幹線道路から入っていくと、とってもきれいな舗装路の先に建物がありました。

駐車スペースは建物の手前の道沿いにもたくさんあり、すべて無料です。

先は有料かと思い手前の駐車スペースに停めてしまいました。

 

 

 

入園料は280円。

割引券といっても250円。

 

こういうもので、こんな感じの中です。

体感はもっと短い印象です。

 

 

腰の悪い人とか、91センチの高さに耐えられない人は遠慮してくださいと書いてあったので

ちょっとためらいながら、もうチケット買ったし、と入りました。 

 

 

 

最初のほんの少しだけ普通です。 

 

  

少し行くと天井の高い空間があり、暗がりにほんのり社が見えました。

ここは肉眼では殆ど暗いです。

説明のボードだけ少し明るくなっている状態でした。

30秒露出です。

実際はこんなかんじ。

T_201_8039

 

 

 

じきに寒い下り階段(といっても岩をラフに削ったようなものですが)をおりて、更に急な木の階段を

降りると、氷が積み重ねてあります。

昔は氷室にもなっていたそうです。

 

最後にお目当ての氷柱がありますが、こんな状態でした。

通路の部分も凍っているので布が敷いてあり、滑らないようになっていますが、そこからはみだした途端

つるつるに滑って危険です。

檻の前まで行こうとしましたが、その1m半が滑って行けずに諦めました。

 

 

で、階段を上がって帰ろうと思いましたが、やっぱり諦めきれずに、左上の白い看板のあたりから

もう一度入り直して、ぐるっとまわって氷柱の前に。

 

 

S_201_8046

今度は三脚を杖にして、なんとか檻までたどりつき、檻をつかみながら隙間から撮りました。

露出は20秒です。

2008年5月 富士 氷穴 (最後のだけクリックすると別ウインドウで大きくなります)

|

« お気に入りのソファー | トップページ | 船のデザイナー »

よもやま写真館」カテゴリの記事

コメント

こちら、以前テレビで見たことがあって興味ありました~。
すごいですね~。
ちょっと感動です!
でも、苦労されただけあって、最後の写真幻想的~。

投稿: arare | 2008年5月21日 (水) 23時49分

こんにちは、arareさん
ありがとうございます。
檻の右手のちょっと隙間の広い所から撮りました。
フィッシュアイならもっと迫力のあるのが撮れたかなと
後で思いましたが、いずれにしても持っていませんでしたので
撮れはしなかったのですが。

氷穴は天井が低いところを通るのがしんどかったです。
距離は短いのですが^^;
途中に見える穴は、落ちると上がってこれないほど深くて
江ノ島まで続いていると言われているそうです。
でも確かめられないと^^
あの近辺には穴があちこちにあって、つながっているらしいのですが
いつか長時間駆動自走式ロボットが出来て、ず~~~~~っと
辿っていって欲しいです^^

投稿: RAKUとび | 2008年5月22日 (木) 06時37分

RAKUとびさん、こんばんは。お久しぶりです。

素敵なところに行かれたんですね~。
露出でかなり雰囲気が変わるんですね。わたしは暗い社も好きです。
氷室の電灯と氷もアンティーク(?)な感じですてきです。
でも、やっぱり白眉は最後の氷柱ですね。
すごい迫力と透明感で幻想的な魅力が伝わってきます。

投稿: 淡紫 | 2008年5月31日 (土) 00時07分

こんにちは、淡紫さん
お久しぶりです。
暗い所はコンパクトカメラで初期設定がフラッシュオートの場合がありますので
勝手にストロボが光ってしまうことが多いようですが、ストロボで撮ると「味」が
無くなってしまうんですよね。
電気冷蔵庫の無かった時代、氷は貴重だったでしょうね。
今の私たちが氷柱を見て感じることと、昔の人がこれを見た時の感覚はきっと
大きく違っていたのだろうと思いますが、どういう感想だったのか、
知りたいですね。
何か文献に残っていないものですかね。
中山道膝栗毛とか。

投稿: RAKUとび | 2008年5月31日 (土) 10時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お気に入りのソファー | トップページ | 船のデザイナー »