« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月30日 (金)

クラクラ、KURAKURA

またバハマですが。

先日コメント欄で少し触れた「パステルだけでなくクラクラするような鮮やかな空色の建物もありました」の建物です。

写真では表しきれないのですが、強い日差しの下で、この蛍光に近いブルーが目の前いっぱいに広がると

本当にクラクラする感じでした。

T_dsc01585

遠目でも目立ったので、わざわざ近くまで行って撮ってきました^^

 

表通りにはパステルカラーのお店が並んでいます。

その濃いブルーとパステルカラーを合わせて撮ろうと思ったところに濃い赤の小さくてかわいい車が来たので、

すかさずシャッターを切りました。

 

T_dsc01584

バハマ ナッソー ダウンタウン (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (6)

2008年5月28日 (水)

三好さん風

もう13年前のものです。

タヒチのフアヒネ島に行った時、カヌーでホテルの向かいのモツに渡りました。

その時撮った写真は今思えばほんの少しでしたが、今まででダントツに一番「お気に入り」の密度が高かった数時間でした。

その中の1枚です。

 

ブラブラしていると、浅瀬をカニがササササっと歩くのに気がつきました。

すると、そこにはもう一匹のカニがいて、エッチを始めました。

見てると、また別の個体のところに行ってはエッチしようとしていました。

カラッパの仲間だと思いますが、それ以来我が家ではカラッパのことを「エッチガニ」と呼ぶようになりました^^

 

こいつめ、捕まえてやろう^^と思った時、三好和義さんのタヒチでの写真にタヒチアンがスダレチョウチョウウオを

手ですくった写真があるのを思い出し、手ですくって撮ってみようかと思いましたが、カニなのでそれは無理と諦め、

相方にがっちりにつかんでもらって撮りました。

 

その時は20-35ズームと20ミリ単焦点と半水面用にハウジングの中にフィッシュアイとがありましたが、

被写体を大きく撮ってまわりの雰囲気も出すには、ズームもキヤノンの純正単焦点も最大撮影倍率が低く、

思ったような写真は撮れないのでハウジングからカメラを出してフィッシュアイで撮りました。

(ハウジングに入れたままだと水滴が写ったり、何より余分なガラスがあればクリアに撮れないので。)

 

ということまで今でもはっきり覚えています。

 

 

S_001

1995年GW タヒチ フアヒネ (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (6)

2008年5月26日 (月)

富士の芝桜

芝桜というと埼玉の羊山公園が有名ですが、自宅からだとちょっとしんどいと思っていたら、今年初めて

富士にも出来たというのを知り、行ってみました。

感想としては、まだまだ改善の余地ありでしたが、それでも見られただけでもよかったと思います。

何しろ人だらけで、来年は平日の天気のいい日に行ってみたいものです。

 

S_201_7974_2

2008年5月 本栖湖の近く (クリックすると別ウインドウで大きくなります)   

| | コメント (6)

2008年5月24日 (土)

花の命は短くて

花の様子は1週間たつと随分変わるものです。

1週間経つと盛りだったのが枯れた部分が増えて汚くなっていたりします。

これは先週の状態ですが、今週はもう全て咲いて、この時咲いていた花は枯れているのかもしれません。

自然界では「花の命は短くて」が守られていますが、人間の世界ではけっこう長くなってきているようです^^

 

S_201_8143

2008年5月18日 横浜市内 (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

 

| | コメント (0)

2008年5月22日 (木)

レストラン?水族館? (2)

続きです。

レストランの外に出ると、今度はその水槽を通路から見物することができます。

一粒で二度美味しいという作りになっています。

横から見ている時もマンタが行ったり来たりしていますが、外に出るとそれが池の鯉のように泳いでいるのが楽しめます。

トラフザメとかも時々水面まで来ます。

 

びっくりすますた、といった感じです^^

  

S_201_7826_2

バハマ (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (6)

レストラン?水族館? (1)

アトランティスホテルのロイヤルタワーというスイートのあるタワーには水槽の見えるレストランがあります。

通行制限があるのかどうか分かりませんが、レストランのやっていない時は水族館そのもの状態です。

営業中は水槽の前で食事が出来ます。

 

ワイドで撮ると周辺ほど歪むので、パノラマ合成する時にうまく重なりません。

だからできるだけ標準画角域で撮ってつなげたいものです。

すると画角が狭すぎて、つなげても広々感が出ません。

そういうときは、標準画角でカメラを縦位置にして撮るのです。

露出を固定にしておけばつなぎの明暗のばらつきもなくなります。

枚数は余計にかかりますがデジなら何の負担感もなく撮れるところがいいところです。

  

S_bahapano

バハマ (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (4)

2008年5月21日 (水)

バハマとサンダル

バハマに行って、すぐに気がついたことがあります。

それは、サンダルの図柄のものがけっこう多いということです。

この写真のように地元民芸品から、値段の高めのホテルのバスタオルから、Tシャツ、帽子、等々

色んなものにデザインされています。

何か特別の意味があるのかと思って調べてみましたがはっきりしたことは分かりませんでした。

 

ジャマイカを中心にカリブ地域に展開されているリゾート系列にサンダルスというのがありますが、

バハマの「サンダルス ロイヤル バハミアン」は世界の旅行会社が選んだNo.1オールインクルーシブリゾートとして

6年連続受賞をしたそうです。

そういう高級ホテルチェーンの名前のサンダルもあのサンダルが元のようです。

サンダルをカップルに喩えてサンダルスという名前にした、という説がありますが、それにしても

何故そんな庶民的な履きものを選んだのか。

 

アフリカから奴隷として連れてこられた人々が今のカリブ地域の住民のベースになっているから

そういう意味でサンダルには昔何か特別な意味があったのかも、と思ったりします。

 

S_dsc01301

2008年GW (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

 

| | コメント (4)

2008年5月20日 (火)

船のデザイナー

今回のバハマでは、泊まったホテルのマリーナで、見ているだけでわくわくするようなきれいなデザインの

クルーザーを色々見ました。

車のデザイン建築のデザインは身近なものですが、船はデザインの要素があまり多くないような

気がしていましたが、今回認識が変わりました。

船のデザインって、車みたいな制限が少ない分、より自由度があって楽しいだろうなと。

 

これなんか、本当にかっこよかったです^^

S_dsc03464_3 

2008年GW バハマ (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (12)

2008年5月18日 (日)

富士の氷穴

昨日、富士の芝桜を見に行ってきました。

その帰りしなに渡された風穴・氷結の割引券につられて、氷穴の方に行ってきました。

昔から名前は知っていたので、近いなら行ってみようと。

 

想像していたものとだいぶ違っていました。

イメージは普通の洞窟で、天井もそこそこ高く、その奥にメインのもの(具体的なイメージ無し)がある

というものでしたが、

実際は細くて傾斜の急な天井の低い通路を下まで下りて、また上がってくるというものでした。

最後にちょこっとした氷柱があって、あとは階段を上がって終点です。

三脚にカメラを着けて入ったのですが、あっという間に後悔しました^^

  

幹線道路から入っていくと、とってもきれいな舗装路の先に建物がありました。

駐車スペースは建物の手前の道沿いにもたくさんあり、すべて無料です。

先は有料かと思い手前の駐車スペースに停めてしまいました。

 

 

 

入園料は280円。

割引券といっても250円。

 

こういうもので、こんな感じの中です。

体感はもっと短い印象です。

 

 

腰の悪い人とか、91センチの高さに耐えられない人は遠慮してくださいと書いてあったので

ちょっとためらいながら、もうチケット買ったし、と入りました。 

 

 

 

最初のほんの少しだけ普通です。 

 

  

少し行くと天井の高い空間があり、暗がりにほんのり社が見えました。

ここは肉眼では殆ど暗いです。

説明のボードだけ少し明るくなっている状態でした。

30秒露出です。

実際はこんなかんじ。

T_201_8039

 

 

 

じきに寒い下り階段(といっても岩をラフに削ったようなものですが)をおりて、更に急な木の階段を

降りると、氷が積み重ねてあります。

昔は氷室にもなっていたそうです。

 

最後にお目当ての氷柱がありますが、こんな状態でした。

通路の部分も凍っているので布が敷いてあり、滑らないようになっていますが、そこからはみだした途端

つるつるに滑って危険です。

檻の前まで行こうとしましたが、その1m半が滑って行けずに諦めました。

 

 

で、階段を上がって帰ろうと思いましたが、やっぱり諦めきれずに、左上の白い看板のあたりから

もう一度入り直して、ぐるっとまわって氷柱の前に。

 

 

S_201_8046

今度は三脚を杖にして、なんとか檻までたどりつき、檻をつかみながら隙間から撮りました。

露出は20秒です。

2008年5月 富士 氷穴 (最後のだけクリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (4)

2008年5月16日 (金)

お気に入りのソファー

今回泊まったホテルのロビーにあったお気に入りのソファーです。

このブルーの色合いがとてもきれいで、しかも座り心地もよくて、通る度にきれいだなあと思い、

誰も座っていないと、通る度に撮りたくなりました^^

 

S_dsc01081

2008年GW バハマ (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (6)

2008年5月14日 (水)

ホテルの中の海

バハマで泊まったアトランティスというホテルは、本当に広くて大きくて、びっくりします。

敷地内にはプールもいくつかありますが海もあります。

これはサメ等のいる池の水にもなっていますし、水浴びやカヤック、シュノーケリングの場所にも

なっています。

(あ、もちろんサメの池とは行き来できないようなつくりになっていますが。)

そして、そのまま海に向かっていくと海に出てしまいます。

海に出るところの幅はある程度狭くはなっていますが、そういうつくりでいいんかい?とつい思ってしまいます^^

 

S_dsc03394

2008年GW バハマ (クリックすると別ウインドウで大きくなります)  

| | コメント (12)

2008年5月13日 (火)

浅い海

バハマの海は浅いですが、白い砂地が続いている浅い海はメインの島から離れないと無いようでした。

これはエグズーマ島というところです。

高速ボートで1時間半くらい突っ走って行ったところです。

 

ワンポイント入れてみました。

 

S_dsc01883

2008年GW バハマ (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (10)

2008年5月11日 (日)

パステル

バハマのパラダイスアイランドのハーバーに面したところに、こんなにかわいらしいホテルがあります^^

実物とは思えないですよね^^

 

建物には何かしらきれいな色があるのが基本みたいでしたが、そういえば、並んでいる家は必ず違う色という

暗黙の?ルールがあるみたいだと、ある時気がつきました。

 

後ろの大きい建物が泊まった超巨大ホテル「アトランティス」のタワー達です。

 

S_dsc01742

2008年GW バハマ (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (18)

2008年5月 7日 (水)

戻りました

昨日バハマから戻ってきました。

中日(なかび)はまるまる8日間、帰る日は15時にホテルを出たので、中日は8日半といった日程でした。

オプショナルツアー3つ(1日2つと半日1つ)とダイビング1日(半日)、あとの4日はホテル内の探索やホテルの近くの探索、

ダウンタウン散策、等で終わってしまいました。

 

バハマとは浅い海という意味だそうで、実際延々と浅い海が続いていて、結局紺色の海は見ず終いでした。

建物は国鳥のフラミンゴにちなんだピンク色とパステルカラーのブルー、グリーン、イエローが溢れていて

青空に映えてとてもきれいでした。

 

旅行記はまだ先になりますが、途中経過をここでご連絡します。

 

S_dsc02493

2008年GW バハマ エルーセラ島 (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (14)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »