« RAKUENの風景13 | トップページ | ピンクスクワットロブスター »

2008年4月 9日 (水)

城山カタクリの里 その5

最後は梅を。

 

 

アカバナミツマタをバックに撮ると映えると思いましたが、思いの外埋もれてしまいました。

 

 

でも、アップにするとコントラストが出ます。

 

 

つぼみだけの枝があり、つぼみは色が濃いので目立っていました。

 

 

カタクリの里を出て、40分か50分の散策コースがあるというので、駐車場の人に聞いたら

「この道をまっすぐ行くと城山湖に出るから、帰りは上の道を戻ってくればいいよ」と言うので

普通の舗装路を歩いていきました。

途中撮るものも殆ど無く、延々と歩き、この梅はその途中での数少ない撮影ポイントでした。

 

 

しばらく行くと、斜面一面に梅が咲いているところがありました。

金網フェンスの隙間とか上から撮ってみましたが、このあと坂道を上っていくと城山湖の駐車場があり、

そのすぐ近くにこの梅林の入り口がありました。

結局カタクリの里から車で移動すれば良かった!

 

 

天気も良く青空との対比が気持ちよかったです。

 

 

数本だけ紅梅があり、アクセントになっていましたが、白梅もこれだけ集まっているときれいでした。

 

 

まさに咲き誇っているといった風情で、花の香が漂っていました。

 

 

ちょっとアップも。

 

 

この木は見事な咲きっぷりでした。

 

 

梅林の中の道は舗装してある道があるのですが、舗装していないこういうルートもあり、そこを切り取ると

結構いい雰囲気になりました。

 

 

最後はおまけで、カタクリの里でみたチョウを。

やっとそういう季節になったんだと嬉しく思いました。

 

 

シジュウカラを見かけました。

 

 

あ、飛ぶ!

羽の筋を見ると、ああ鳥の羽ってそうなってるんだよなと、改めて思いました。

 

以上で城山カタクリの里とその周辺のご紹介でした。(2008年3月22日)

|

« RAKUENの風景13 | トップページ | ピンクスクワットロブスター »

よもやま写真館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« RAKUENの風景13 | トップページ | ピンクスクワットロブスター »