« 城山カタクリの里 その3 | トップページ | RAKUENの風景13 »

2008年4月 8日 (火)

城山カタクリの里 その4

続きです。

 

これは分かりません。

撮ったことがないと思うと片っ端から撮ってしまいます。

花が下向きだったので軽くストロボ焚いています。

 

 

これはコブシでもなくネコヤナギでもないモクレンです^^

 

 

モクレンの花びらもぐぐっと寄ってみると、さっきのつつじのような質感があります。

 

 

ホトケノザ(仏の座)は見ると撮りたくなります。

最初に認識したのは近所をブラブラしている時で、その時はパラパラと咲いていただけなので

群生を見ると妙に興奮します^^

 

 

色といい形といいかわいらしさ満開です。

 

 

「しょうじょうばかま」というそうです。

色がきれい。

 

 

「菊咲いちげ」だそうです。

これも初めてでしたので^^

 

 

もう一枚。

 

 

これはわかりません。

これも初物でした。

花びらの形状のしょぼさに対して柄は結構インパクトがあると思いません?^^

 

 

最後は「大犬の○ん玉」という意味の「オオイヌノフグリ」という外見とはまったく結びつかない

可憐な花です。

 

 

T_70s2_dsc_1726

ちょっと違う撮り方で。

この花もホトケノザと並んで好きな「野草・雑草」の花です。

 

|

« 城山カタクリの里 その3 | トップページ | RAKUENの風景13 »

よもやま写真館」カテゴリの記事

コメント

ホトケノザ、オオイヌノフグリ 子供の頃凄く大好きでした^^
この写真見て心が温かくなりました~
最近あまり見かける機会がないですが、実家にこの時期に返ると近くの田んぼの脇道とかお寺の庭に沢山あって見つけると嬉しくなるのと同時にとても懐かしくなります
オオイヌノフグリは子供の頃に始めて名前の由来を聞いてびっくりしました 笑
RAKUとびさんも書かれてるとおり、本当にこの姿から想像がつかないですよね!
最近では桜を見に花見には行きますが、なかなか小さな花にふれる機会がないなぁと、改めて感じました!
この写真見て近々そう言う散歩にでも行ってみようかなぁと思ってます♪

投稿: りょおこ | 2008年4月 8日 (火) 21時45分

こんばんは、りょおこさん
りょおこさんは子供の頃からホトケノザをご存知でしたか。
私はまだほんの数年前です。
春先に撮るもの無いなあと思いながら地面を見て歩いている時
小さくて色のついたものがあるから何だろうと思ってマクロレンズで目一杯
寄ってみたら思いの外形も色もきれいで一目惚れでした^^
オオイヌノフグリは名前を付けた人に聞いてみたいですね。
すくなくともブルーじゃないですよね?って(笑)

投稿: RAKUとび | 2008年4月 8日 (火) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 城山カタクリの里 その3 | トップページ | RAKUENの風景13 »