« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月24日 (木)

おれかけれすか

本日よりちょっとおれかけしますので、更新はしばらくお休みします。

戻ったらまたぼちぼち再開しますので、その折りはまた宜しくお願い致しますm(_ _)m

 

 

S_201_6127

2008年4月 横浜市内 (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (22)

2008年4月23日 (水)

チューリップ

先日の近所。

住宅地を自転車で適当に走って、ちょっと奥まった所を通ったら空き地に一本だけこのチューリップが

咲いていました。

真っ白に上品な紅色が入って、とてもきれいでした。

そういえばこの色柄のは撮ったことが無かったのですが、少ないのでしょうか。

 

それを撮って、他に何かないかなと草むらを見ていると、何かが飛んできました。

随分太い虫だなあ、クマバチかな?これだけ太いとスズメ蛾?でも時期が・・・

と思いながらよく見たらスズメバチでした。

大きさもスズメ蛾やクマバチの比ではなく、今まで見てきたスズメバチの比でもない、ものすごく大きくて太い

まるで太い注射器のようなスズメバチでした。

人の殆ど通らなそうな所だったので、ここでこれに襲われてさされたらきっと死ぬなと思い、全力でそこから

離れました。

でもその途中に小さい虫がびゅーんと追い越していったので、「アイツ」がその気になったら

逃れられないな、おそろしや~

とゾッとしたのでした。

 

「アイツ」もしかしたら、何らかの化学物質による突然変異なのでは?という気もするのです・・・

  

S_dsc01041

2008年4月 横浜市内 (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (0)

2008年4月20日 (日)

ハナミズキ

昨日、近所でみつけた大きなハナミズキの木。

白いのを見ることが多いですが、こういうきれいなピンクのもあるんだと思いました。

 

雲が多かったのですが、ほんの一部だけ青空が見えていたので、そこだけ狙って撮ろうとしている内に

だんだん青空の部分が増えてきました。

 

1912年にアメリカのワシントンDCへ桜を贈った返礼として1915年に贈られたのが始まりだそうです。

花言葉は「私の想いを受けてください」、「返礼」とのことです。

なるほど。

 

最初に贈られたのは白い花の苗木で、ピンクのはその後贈られたものだそうです。

 

S_dsc01071                                                  (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

 

 

S_dsc01061

2008年4月 横浜市内 (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (6)

ボホール旅行記完成です。

やっとボホールの旅行記完成しました。

GW前に完成させないとと、旅行の準備もせずに作りました^^

よろしければ覗いてみてくださいm(_ _)m

http://rakutobi-bohol.cocolog-nifty.com/blog/

| | コメント (4)

2008年4月18日 (金)

チューリップ

春の花の代表の一つがチューリップということは間違いないと思います。

それだけにあちこちに植えられて咲いています。

今まで撮ったことのない種類を探すのも面白いですが、そうでないものでもちょっと角度を変えて

撮ってみると意外とよかったりして^^

 

S_70s2_dsc_2374

2008年4月 近所 (クリックすると別ウインドウで大きくなります) 

| | コメント (0)

たそがれ(誰そ彼)時

三溪園の桜のライトアップを見に行った時のことです。

まだ完全に暮れきっていない黄昏時、池に浮かぶ小舟の縁にサギが佇んでいました。

真っ白の羽がライトアップの光を反射し夕闇に浮かび上がっていました。

 

S_dsc00475

2008年4月 横浜三溪園 (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (6)

2008年4月17日 (木)

RAKUENの風景14

中米ホンジュラスのロアタン島というところにアンソニーズキーリゾートというところがあります。

ロアタン側にレストランやレセプション、宿泊コテージ、桟橋、イルカショー用のプール、おみやげ屋さんがあり、

そのすぐ沖に小さな島が2つあり、正面の小島は宿泊コテージだけの島で、もう一つの少し離れた島には、

イルカとのふれあい用の大きなプールがありました。

 

沖の小島の方に泊まり、朝早く目が覚めたので外に出てみたらその時はまだ暗かったのですが、

しばらくすると朝焼けとともにゆっくりと夜が明けていきました。

8月のハリケーンシーズンなのにずっといい天気でした。

  

T_dsc_0534

2004年8月 ホンジュラス アンソニーズ・キー・リゾート (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (0)

2008年4月14日 (月)

ホトケノザ

仏の座は春の花の中では、そんなに目立つ存在ではありませんが、よく見るときれいで、お気に入りの花です。

空き地に一面のナズナに混じって咲いているのを見かけたので、ナズナをぼかしに使って撮ってみました。

ちょっとメルヘン調?^^

 

S_201_5688

| | コメント (0)

2008年4月13日 (日)

やっとみつけた

今年になってチューリップの花を見る度に片っ端から覗き込んでずっと探していましたが、やっと見つけました。

去年はもっと簡単に見つかったのに、今年はバッタの出だしも遅いようです。

 

S_201_6142

| | コメント (0)

名前が分からない

植物は名前がよく分かりませんので、これも毎年きれいだと思って撮るのですがわかりません。

何かの時に、「あ、これだ!」と思ったことも何度かありますが、すぐに分からなくなってしまいます。

ネットで「梅 種類 -梅干し」と検索して上位100件の中から関係ありそうなサイトを全て見ましたが

載っていませんでした。

「小梅」だと梅干しの話題ばかりだし^^

結局分からずじまいです。

梅と違うん?

 

でも、このほんわかした色合いが上品でいいなぁ。

 

S_70s2_dsc_1783

2008年3月23日 横浜市内 (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (2)

この街路樹は何だろう?

国道沿いの歩道で見慣れない花を見かけました。

  

花は全て下向きに咲いていて、色は桜風です。

 

 

これが全開の状態。

 

 

花びらは少しちりめんっぽい感じでした。

何だろう?・・・

 

 

| | コメント (0)

ジョウビタキ

先日県立相模原公園に行った時、メジロを撮った後にその近くで見かけた鳥です。

ジョウビタキという、日本やもう少し南で越冬する渡り鳥だそうです。

胸の色が印象的です。

 

 

T_201_5505

2008年3月15日 神奈川県立相模原公園  (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (0)

2008年4月12日 (土)

ハナニラ

ハナニラというそうです。

○○ニラという言葉は私の辞書にはレバニラしかないので、どうもこの名前が見た目と結びつかないのです^^

濃すぎず、薄すぎずの微妙な色加減が日本的でいいかんじだと思います。

 

T_201_5714

 

 

T_70s2_dsc_1765

2008年3月23日 横浜市内 

| | コメント (0)

ケイン?

いえ、色がちょっと「濃すぎ?(コスギ)」というだけです^^

 

梅でしか味わえないこの濃さもほんの一時です。

 

T_201_5710_2  

2008年3月23日 横浜市内 (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (0)

2008年4月11日 (金)

ヒヨドリ

頬の羽が茶色になっているのが目立つ特徴です。

でも全体としては地味系。

 

こいつはメジロをすぐに追い払うにくいヤツです^^

やっとメジロが来たと思って撮ろうと狙っていると、こいつがきて「どけどけぃ、どけどけぃ」と追い払ってしまうのです。

  

S_201_5704_2

2008年3月23日 横浜市内 (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (0)

メジロ

今年は白梅にメジロをと思っていて、それは撮りましたのでもういいかなと思っていましたが、

やはりピンクにメジロも見かけると今年も撮りたくなります。

寒桜の濃いピンクがメジロのグリーンとマッチします。

 

S_201_5732

2008年3月23日 横浜市内 (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (0)

ピンクの盛りは儚くて

ソメイヨシノの時期も終わって、濃い色の寒桜の時期は遙か彼方といった感じです。

もうピンクの季節は1年後です。

既に懐かしい気がします。

 

T_201_5706

2008年3月23日 横浜市内 (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (0)

2008年4月10日 (木)

夜の浜離宮恩賜公園 4月4日

先日、浜離宮でライトアップがあるというのを見て、会社の帰りにコンデジ一つ持って寄ってみました。

一応ちゃちな三脚も持って。

さすがに夜景を手持ちでは無理ですから^^

 

S_m0010719

浜離宮です^^

 

 

S_m0010733

灯り。

昔の人はこれくらいでも明るさを感じたのでしょう。

しかし、そのすぐ周りは漆黒の闇・・・

そりゃ辻斬りも出るさ。

って、考える方向が変?^^

 

 

T_m0010703

入り口近くの立派な松の木がライトアップされていました。(クリックすると別ウインドウで大きくなります)

 

   

S_m0010819

ビル群を背景にした庭園というところがここの一つの特徴だと思います。あ、東京タワーが見えた。

昼間行った時は気がつかなかったけど。(クリックすると別ウインドウで大きくなります)

 

 

S_m0010804

違う角度から見るとビル群という感じです。(クリックすると別ウインドウで大きくなります)

 

 

S_m0010710

菜の花畑もライトアップ?されていました。(クリックすると別ウインドウで大きくなります)

 

| | コメント (0)

ピンクスクワットロブスター

ピンクスクワットロブスターというエビ?カニ?コシオリエビ?という生き物がいます。

10何年か前に初めて雑誌とかで紹介された頃は、非常にインパクトがあり、これを撮っただけで

フォトコンに入賞するというくらいの生き物でした。

 

その後たくさんのガイド、ダイバーの目によってあちこちで見つかるようになり、次第にそれほどの

レアものということでもなくなりました。

 

それでもペアでというとそう見られるものではありません。

私は10年前に撮ってから一度もペアでは撮れていません。

 

T_055

1998年 GW バリ トランバン (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (0)

2008年4月 9日 (水)

城山カタクリの里 その5

最後は梅を。

 

 

アカバナミツマタをバックに撮ると映えると思いましたが、思いの外埋もれてしまいました。

 

 

でも、アップにするとコントラストが出ます。

 

 

つぼみだけの枝があり、つぼみは色が濃いので目立っていました。

 

 

カタクリの里を出て、40分か50分の散策コースがあるというので、駐車場の人に聞いたら

「この道をまっすぐ行くと城山湖に出るから、帰りは上の道を戻ってくればいいよ」と言うので

普通の舗装路を歩いていきました。

途中撮るものも殆ど無く、延々と歩き、この梅はその途中での数少ない撮影ポイントでした。

 

 

しばらく行くと、斜面一面に梅が咲いているところがありました。

金網フェンスの隙間とか上から撮ってみましたが、このあと坂道を上っていくと城山湖の駐車場があり、

そのすぐ近くにこの梅林の入り口がありました。

結局カタクリの里から車で移動すれば良かった!

 

 

天気も良く青空との対比が気持ちよかったです。

 

 

数本だけ紅梅があり、アクセントになっていましたが、白梅もこれだけ集まっているときれいでした。

 

 

まさに咲き誇っているといった風情で、花の香が漂っていました。

 

 

ちょっとアップも。

 

 

この木は見事な咲きっぷりでした。

 

 

梅林の中の道は舗装してある道があるのですが、舗装していないこういうルートもあり、そこを切り取ると

結構いい雰囲気になりました。

 

 

最後はおまけで、カタクリの里でみたチョウを。

やっとそういう季節になったんだと嬉しく思いました。

 

 

シジュウカラを見かけました。

 

 

あ、飛ぶ!

羽の筋を見ると、ああ鳥の羽ってそうなってるんだよなと、改めて思いました。

 

以上で城山カタクリの里とその周辺のご紹介でした。(2008年3月22日)

| | コメント (0)

RAKUENの風景13

歩いて行ってみようか。

 

T_img007

2002年GW タヒチ ランギロア (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (0)

2008年4月 8日 (火)

城山カタクリの里 その4

続きです。

 

これは分かりません。

撮ったことがないと思うと片っ端から撮ってしまいます。

花が下向きだったので軽くストロボ焚いています。

 

 

これはコブシでもなくネコヤナギでもないモクレンです^^

 

 

モクレンの花びらもぐぐっと寄ってみると、さっきのつつじのような質感があります。

 

 

ホトケノザ(仏の座)は見ると撮りたくなります。

最初に認識したのは近所をブラブラしている時で、その時はパラパラと咲いていただけなので

群生を見ると妙に興奮します^^

 

 

色といい形といいかわいらしさ満開です。

 

 

「しょうじょうばかま」というそうです。

色がきれい。

 

 

「菊咲いちげ」だそうです。

これも初めてでしたので^^

 

 

もう一枚。

 

 

これはわかりません。

これも初物でした。

花びらの形状のしょぼさに対して柄は結構インパクトがあると思いません?^^

 

 

最後は「大犬の○ん玉」という意味の「オオイヌノフグリ」という外見とはまったく結びつかない

可憐な花です。

 

 

T_70s2_dsc_1726

ちょっと違う撮り方で。

この花もホトケノザと並んで好きな「野草・雑草」の花です。

 

| | コメント (2)

2008年4月 7日 (月)

城山カタクリの里 その3

次は他の植物を。

 

弁のところがフリフリになっていて、しかもうっすらピンク色のツバキがありました。

卜伴(ぼくはん)という種類のようです。

 

 

ツバキはものすごくたくさんの種類があるそうで、そのためサザンカとの区別も難しいものもあるようです。

これは紛れのないツバキですが。

 

 

「雪割草」

 

 

「桜玄海つつじ」というそうです。

普通のつつじより淡い色で、遠目に桜のように見えました。

 

 

蝶のような形が面白いと思って^^

 

 

ぐぐっと寄ってみると花びらは滑らかではなく、細かいガラスのようにキラキラした粒子の集まりのような

質感です。

 

 

水仙には色んな色のバリエーションがありますが、単色の黄色というのは目立ちますね。

 

 

ショカツサイ 〈諸葛菜〉といいます。

この時期よく見かけ、時々撮りますが、名前調べるの結構大変でした。

花大根ともいうそうです。

 

 

「大岩うちわ」だそうです。

形のおもしろさと、花びらの光った質感がいいと思い撮りましたが、肝心の光った部分が

飛んでしまいました。

本当にデジはラチチュードが低くてイライラします。

 

 

名前は分かりませんでしたが、かわいらしく咲いていたので。

 

| | コメント (0)

2008年4月 6日 (日)

ボホール水中編 ちょこっと更新しました

やっとまた少し更新しました。

今度も水中マクロ編です。

今回はハゼです。

よろしければ覗いてみてくださいm(_ _)m

http://rakutobi-bohol.cocolog-nifty.com/blog/

| | コメント (0)

城山カタクリの里 その2

今度は31日に「オレンジミツマタ」というタイトルでご紹介したミツマタの写真を何枚かアップします。

 

通常ミツマタというと黄色です。

灌木といった高さで、これでもかという密度で咲いています。

 

 

球が一番効率よく多くの花が同条件で咲くことが出来る。

それも「進化」の一つでしょうか。

 

 

これの上の写真はマクロレンズで撮ったものですが、これは例のコンデジで撮ったワイドマクロです。

この場合、花の大きさは同じくらいで背景まで写るこのワイドマクロという撮り方は、街中では余計なものが

入りすぎてうざい感じになりがちですが、主題とその環境を両方伝えたい時には有効な撮り方だと思います。

 

 

殆ど黄色いものもありますが、殆ど白いものもあります。

 

 

色々見ていると、基本的には色の付いた花から落ちていくようですが、これはそれとは逆パターンです。

バックの色にこだわってみました^^

 

 

これは前回「オレンジミツマタ」と勝手に名前をつけてご紹介しましたが、「アカバナミツマタ」というちゃんとした

名前がありました^^

 

| | コメント (0)

城山カタクリの里 その1

先月の下旬(2008年3月22日)に行った城山カタクリの里のご紹介を。

単品でカタクリ、ミツマタ、梅林はちょっと前にこの撮影雑記にアップしましたが、他の写真もアップします。

 

数年前からカタクリの花を撮りたいと思っていて、今年も1月に、そういえばいつ頃が時期なんだろうと

思って調べたら、3~4月ということで、まだそんな先かと思いましたが、いつの間にかそういう時期になりました。

土曜は天気予報でもよさそうでしたので、行ってきました。

ちょっと開花が先週の予想より遅れているようでしたが、来週の天気も分からないので行くことにしました。

  

駐車場は無料です。

入り口の手前と、道路を挟んだ向かい側とにあります。

台数は合わせて40台くらいは停められそうです。行き帰りは空いていたので実際の所は分かりませんが。

 

 

入り口で300円払います。

 

 

入ると広場みたいな所にお店がいくつかありました。

素通りしたので見ていません^^;

 

 

早速中にはいると小径沿いにカタクリとか他の花ががポツポツ咲いていました。

先ずはカタクリのご紹介から。

 

カタクリは小さい花です。

地面に近いところに咲いています。

 

 

3つ縦に並んで咲いているところがありました^^

 

 

ワイドマクロでも撮ってみました。

天気が良かったので気持ちのいい絵になりました。

 

 

ペアで咲いているのはかわいらしい感じ^^

 

 

黄色のカタクリはこれからみたいで、一輪しか咲いていませんでした。

 

 

白も一輪しかありませんでした。

 

 

斜面の遠くに濃いピンクのも咲いていました。

500ミリで撮ってこの大きさです。

 

 

最後は逆光のを。

光が透けてきれいでした。

 

 

次はミツマタの花をご紹介します。

| | コメント (0)

桜も南関東ではもう終わろうとしていますが、考えてみるとつい先日まで「今年は梅が遅いなあ」と思っていたものでした。

青空バックの梅の写真は、同じ青空バックでも桜より空気の透明感を感じるのは気のせいでしょうか。

 

T_70s2_dsc_1749

2008年3月23日 横浜市内 (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (0)

2008年4月 5日 (土)

RAKUENの風景12

ポジの現像が上がってピントのチェックをしたとき、「よしっ!」

と思ったものでした^^

645手持ち、ワンチャンスです。

デジでは味わうことの出来ない写真の楽しさがフィルムにはありました。

その一つが現像上がりのわくわく感でした。

 

 

T_120

2001年12月 モルディブ エンブドゥビレッジ (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (2)

2008年4月 3日 (木)

垂れ桜 2

先週久遠寺に行く途中にあったきれいな垂れ桜です。

その時はまだ快晴で、それがあと2時間くらいしか保たなくて、その内1時間を駐車場待ちに費やすことに

なるとは思いませんでしたbearing

 

S_70s2_dsc_1793

2008年3月29日 富士宮あたり? (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (2)

2008年4月 2日 (水)

つくしんぼう

土曜に久遠寺に行った帰りにつくしがちょっと集まっているところがありました。

近所ではあまり見かけないので、喜んで撮りました。

 

そういえば、つくしって何だろうと思いちょっと調べたら、スギナの胞子茎とのことです。

スギナにくっついて出てくるから「付く子」という説があるそうです。

ところで「んぼう」の基準はなんだろう?

あかんぼう、あめんぼう、でもウリボウ。うりんぼうじゃあない。

またその内調べてみます^^

 

S_201_5874

2008年3月29日 (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (2)

2008年4月 1日 (火)

RAKUENの風景11

きれいだと思ったものを、それを見ていない人に、自分が見た時の気持ちが伝わるような見せ方で見せたい。

 

T_d70_dsc_3350

2006年12月 ニューカレドニア  アンスバタ (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »