« 県立相模原公園 春 Part3 | トップページ | RAKUENの風景10 »

2008年3月18日 (火)

県立相模原公園 春 Part4

最後は梅、寒桜を。

 

 

同じ木から2色の花が咲いているのを見つけました。

こんな近い枝で色が違うって面白いです。 

 

 

同じ木ですが、何カ所かこういう状態の部分がありました。

 

 

ピンクが濃すぎず薄すぎずで空の濃すぎないブルーとマッチしていました。

 

 

これは一見白っぽいですが、よく見るとほんのりピンクで日本的かな。

 

 

これはしっかりしたピンク。

これはパッと見でもきれい。

 

 

梅、桜は上を向いている花は少なくて、せいぜい横向き、多くは下を向いていますから、

本当はレフ板がいいのでしょうが、スナップ撮影ではそんなものは無いので、軽くストロボを炊いて

花が黒っぽくなるのを抑えたりします。

ストロボの光が強いと不自然になるので、調光補正でマイナスにしてやる必要があります。

 

 

菜の花バック その1

 

 

菜の花バック その2

 

 

と、4回にわたって春の相模原公園をご紹介しました。

|

« 県立相模原公園 春 Part3 | トップページ | RAKUENの風景10 »

よもやま写真館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 県立相模原公園 春 Part3 | トップページ | RAKUENの風景10 »