« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

オレンジミツマタ

ミツマタはこうぞ・みつまたと言われるように和紙の原料です。

黄色を基調としたのが多いようですが、こういうオレンジ色のも所々にありました。

黄色はきれいですが、これはこれできれいでした。

 

S_m0010562

2008年3月22日 城山カタクリの里 (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (4)

梅の小径

城山にカタクリを撮りに行ったついでに足を伸ばした城山湖隣の梅林での風景です。

斜面にたくさんの低い梅の木が植えられていました。

帰ろうと戻りかけた時に見たこの感じがいい雰囲気で思わずシャッターを切りました。

 

50_dsc_8457

2008年3月22日 神奈川城山 (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (0)

ボホール水中編 ちょこっと更新しました

やっとまた少し更新しました。

今度も水中マクロ編です。

今回はクマノミをちょっと。

よろしければ覗いてみてくださいm(_ _)m

http://rakutobi-bohol.cocolog-nifty.com/blog/

| | コメント (0)

2008年3月30日 (日)

垂れ桜

この土曜日に、身延山久遠寺に垂れ桜を見に行ってきました。

朝8時40分頃ついた時には、「三門」近くの駐車場は満車で、看板に従っていくと、上の本堂に近い駐車場まで

延々と待たされ、結局駐車場に入るまで小一時間かかってしまいました。

並んでいる間はとてもいい天気でしたが、それも本堂のあたりで撮った時まででした。

それ以降は「ほぼ曇り」状態になってしまいました。

その晴れの時間も、本堂のあたりはもう大勢の人で、本当はこういう風に撮りたいという構図は

色々ありましたが、人を入れないように撮るために、非常にフラストレーションを感じました。

いくら写真は引き算と言っても、「そういう引き算じゃないだろ!」と言いたくなりました。

 

T_70s2_dsc_1871_2

2008年3月29日 身延山久遠寺 (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (0)

2008年3月28日 (金)

ダテハゼ

南の海でハゼで一番多く見かけるのはダテハゼ。

もうスズメのような存在で、目に入っても脳には届かないくらいのやつです^^

 

でも、こうして見ると意外ときれいなんだなと、ちょっと見直してしまいます。

こう見えても、脱ぐと・・・みたいな^^

 

T_0007101_2

2000年7月 奄美大島 (クリックすると別ウインドウで大きくなります) 

| | コメント (0)

昼間の月

昼間の月を撮る時は、何かと絡めて撮りたくなります。

月の表面の陰影が分かる大きさで、且つ、ピンク色が木に咲いている花ということが何とか分かるように

ということを目標にしました。

 

構図を決めて、ピンクを少しでもはっきりさせるために絞りを目一杯32まで絞って、そうするとスローシャッターに

なるので、ISO感度を目一杯上げて1600にし、それでも1/200秒にしかならなかったので、セルフタイマーを

10秒の方にして撮りました。

絞りが8とか11ではピンクがぼけすぎてなんだかさっぱり分かりませんでした。

絞ればピンの位置をもっと手前に置けばピンクがもっとはっきりしそうですが、実際は月の陰影が

分かるようにというと殆ど自由度はありませんでした。

やはりわずか数メートル先のものと3億8000万メートル先のものを両方にピントを合わすのは無理です^^

 

T_201_5543_2

| | コメント (6)

2008年3月27日 (木)

何桜?桃?なに?何年撮ってもわからない

 

何故なら正しい情報できちんと調べたことがないのと、一度調べても忘れるのに復習しないから。

 

それと、撮る動機はきれいと思うか、かわいいと思うか、珍しいと思うかどうかですので^^

 

これはきれいと思ったからです。

 

D200_dsc_7771_s

2007年4月14日 近所 (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (2)

コブシ

家の近くの街路樹はモクレンだとばかり思っていたら、今年よくみたらモクレンらしくない花の咲き方でした。

つぼみはモクレンと同じみたいだし、花が上向きに咲いていないし、なにしろ花びらがしわしわで、

開ききっているのが多いし、そんなモクレン見たこと無いと思い、後で調べてみるとどうもコブシという木のようです。

ということは3月9日に載せたのもコブシだと思います。

真っ白のもありましたが、ピンクが混じっているのがきれいでした。

 

T_50_dsc_8474
                                                      (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

これは真っ白バージョンです。

 

 

T_50_dsc_8476
                                              (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

これはピンクが混じったバージョンです。

遠目にもきれいです。

 

 

T_50_dsc_8466
                                                        (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

色はきれいですが、花びらがモクレンのようにしっかりしていなくて、向きもバラバラです^^

 

 

T_70s2_dsc_1737
                                                        (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

青空バックで一番形の良さそうなのを撮ってみました。

ピンクは花びらの外側についているようです。

 

 

T_70s2_dsc_1742
                                                        (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

これも何本かの木の中で、青空バックで色が濃いめで開ききっていなくて、ペアみたいに咲いているのを探しました。

 

花びらはシワシワでも春らしい色合いでいいなと思いました。

| | コメント (0)

2008年3月26日 (水)

メジロ

去年はピンクとの組み合わせが撮れましたが、今年は白との組み合わせを狙っていました。

やっと何とか撮ることが出来ました。

 

S201_5473

2008年3月15日 県立相模原公園 (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (4)

2008年3月24日 (月)

菜の花

家の近所では菜の花がまとまって咲いている場所がないので、たくさん咲いていると嬉しくなります。

フィッシュアイで寄るというのもありますが、フィッシュアイは空間が大きく湾曲するので、どうしても対角180度の

画角が欲しい時に、しかも人工的な直線の物体が無い時に使うとか、たまにはいつもと違う見せ方で撮りたい

という時に使います。(水中は全く事情が違うので水中では逆にワイドはフィッシュアイで撮るのが適していますが)

 

しかしデジ一眼では普通の広角で最短が寄れ最大撮影倍率の高いレンズが全カメラメーカー、レンズメーカーを

通して一つもありませんでしたので、陸でワイドで寄って大きく写すにはフィッシュアイしか手段がなく

フィルムの時と比べて出番がやや多くなっていました。

 

そこで標準で24ミリ、ワイコンで19ミリ、最短1センチ、最大撮影倍率当倍以上で写りには定評のある

リコーのGX100というコンデジを先般購入してみました。

早く一眼の世界でもこういうのを出して欲しいものです。

 

T_m0010502

2008年3月15日 県立相模原公園 (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (0)

2008年3月23日 (日)

片栗粉

元々はユリ科のこれの根から作っていたそうです。

今は自生しているものは少ないので馬鈴薯から作っているそうです。

 

T_201_5630

2008年3月22日 城山カタクリの里 (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (2)

2008年3月22日 (土)

まだそんな頃だった

2003年のGW。

タヒチの中でも観光化に毒されていないライアテアの空港を出る時、待合所にいた女の子達が可愛かったので

カメラを向けました。

写真を撮られるのは嫌いではないみたいで、3人で並んで満面の笑顔^^

 

その時のカメラはデジカメだったので、撮った写真をその場で液晶で見せたら、すぐに結果が分かることが

珍しかったのか大はしゃぎで^^、今度はふざけて「変顔」で撮って撮ってという感じでカメラを向けるのを

待っていました^^

その結果を見せたら更におおはしゃぎで、その後も何枚か撮ってあげました。

 

5年前。

まだそんな頃だったんだなぁ。

 

T_121_2112

 

 

T_121_2113

2003年GW タヒチ ライアテア

| | コメント (9)

2008年3月21日 (金)

公設市場通り

カメラを上下に傾けると、上すぼみになったり下すぼみになったりします。

だから本当は出来るだけ水平に構えたいものです。

でも広角だと手前の要らない部分がたくさん入るのでどうしてもカメラを上向きにして、上すぼみの

写真を撮ることが多くなります。

身長が2m半くらいあれば随分違う絵が撮れるのでしょう。

この写真は、腕を上に伸ばし、できるだけ水平にして撮ったものです。

背が高いと普通に撮ってもこういう風に撮れるのはいいなぁ。

 

T_2007_07010212

2007年6月 那覇 (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (0)

2008年3月20日 (木)

群れること

弱い生き物は群れを作り、強く見せかけ、攻撃を避けようとします。

この場合、攻撃(捕食)を仕掛ける側は、大きい相手に果敢に挑んでいく感覚なのか、「集まって大きく

見せようたってお前らはちっちゃいのは分かってるんだ」と気にせずにアタックしているのだろうかどっちかな

といつも思うのです。

 

生き物を観察していると、闘う前に自分と相手の大きさを考慮しないものが多い気がします。

それは人間以外は基本的に自分の姿を見ながら成長していかないから相手と自分の体の大きさを

比較することがないせいではないかと思うのです。

 

魚でもクマノミやスズメダイは縄張りに入ってきた魚は自分の何倍も何百倍もあっても構わず追い払おうと

攻撃しますし、犬でも猫でも相手の大きさ関係なしです。

そうなると小魚が集まって大きく見せる意味は無いことになります。

それとも人以外の生き物が大きさ関係なく攻撃する時は、完全にテンパっていて、生命の保存という

本能が麻痺した状態であって、基本は自分と相手の大きさを比較しながら生きているのでしょうか。

 

魚が集まる意味は本当のところどうなのでしょう。

 

T_062

1998年GW バリ (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (0)

2008年3月19日 (水)

RAKUENの風景10

風景ではありませんが^^;

中米ホンジュラスのロアタン島にあるアンソニーズ・キー・リゾートというリゾート。

完全にアメリカ、カナダ等北米白人専用リゾートといった感じでした。

日本人で行くのは北米、メキシコ等の駐在人家族が多いのではと思います。

それも1週間近い滞在中、一度ちらっと見かけたくらいでした。

まさに非日常^^

でも、なつかしいなぁ。

 

 

T_dsc_0417_edited1

| | コメント (0)

2008年3月18日 (火)

県立相模原公園 春 Part4

最後は梅、寒桜を。

 

 

同じ木から2色の花が咲いているのを見つけました。

こんな近い枝で色が違うって面白いです。 

 

 

同じ木ですが、何カ所かこういう状態の部分がありました。

 

 

ピンクが濃すぎず薄すぎずで空の濃すぎないブルーとマッチしていました。

 

 

これは一見白っぽいですが、よく見るとほんのりピンクで日本的かな。

 

 

これはしっかりしたピンク。

これはパッと見でもきれい。

 

 

梅、桜は上を向いている花は少なくて、せいぜい横向き、多くは下を向いていますから、

本当はレフ板がいいのでしょうが、スナップ撮影ではそんなものは無いので、軽くストロボを炊いて

花が黒っぽくなるのを抑えたりします。

ストロボの光が強いと不自然になるので、調光補正でマイナスにしてやる必要があります。

 

 

菜の花バック その1

 

 

菜の花バック その2

 

 

と、4回にわたって春の相模原公園をご紹介しました。

| | コメント (0)

2008年3月17日 (月)

県立相模原公園 春 Part3

去年入らなかった大温室に入ってみました。

 

さあ入ろうと思ったら、入り口と思っていたのは裏口でした^^

 

 

あ、カルガモだ。

前回の噴水のところのもやっぱりカルガモだろうな。

 

 

入り口はいる手前に小さくてそんなに派手じゃない色の花がチマチマチマと集まって咲いている

高さ40、50センチの植え込み?がありました。

でもよく見ると結構きれいでした。

 

 

温室の中は、入ると温室と言うより、くつろぎの空間みたいな感じで、お茶するエリアがあったり

小部屋があって中にディスプレーの一つとして花があったり、絵のギャラリーがあったりで

イメージとだいぶ違いました。

ゆっくり回っていくと、ガラス戸があって、そこを入るといわゆる温室でした。

 

この向こう側の下も温室になっていて、背の高いものが植えられています。

 

南方系の花がいろいろありましたが、見慣れないものを撮ってきました。

 

これは見たこと無いなぁ。

 

 

このサボテンは「緋牡丹」という名前ですが、本当に鮮やかなかき氷のイチゴシロップのような

赤い色でした。

これは「十二の巻」というサボテン。

どういう人が何をイメージして付けたのでしょうか。

 

 

上から見るとデザイン画風で面白いです^^

 

 

これは「金華山」。

こんなきれいで可愛い花が咲きます。

いかにも南方系ですという花。

水滴かと思った光るポツはそれぞれの花びらに牡丹のように同じ場所についているところが

作り物のようです。

 

 

T_70s2_dsc_1477

これは以前フィリピンで撮ったことがありますが、その時もこういう逆光でした。

でもこれは逆光の方がきれいなんじゃないかと思います。

 

 

アンスリウムにはいくつか種類があるようで、葉が真っ赤なよく見るのは作り物みたいですが、

ピンクは多少植物らしく見えました。

 

 

温室には小さな滝もあって、熱帯らしさを演出しています。

 

 

白いのもありました。

 

 

この色は本当にすごい!と思いました。

 

 

滝をバックに。

自然の中でもこういう風に見てみたいものです。

| | コメント (0)

2008年3月16日 (日)

県立相模原公園 春 Part2

そもそも去年ここに行ったのは、このメタセコイア並木を見たかったからでした。

 

 

去年の11月半ば過ぎはまだ青々としていましたが、常緑樹っぽいのに常緑樹ではなく、

こういう感じになっていました。

「新緑の候」という頃には急速に緑になっていくのでしょうね。

*去年の記録はこちらにあります。

http://rakutobi0804.cocolog-nifty.com/satsueizakki/2007/12/post_cc6a.html

 

 

「噴水広場」という名前が付いているようですが、やっぱり冬より春に見た方が木々は坊主でも

なんか楽しい気分になります^^

 

 

噴水の縁にはカモが同じ首の形で休んでいました。

公園のHPにはカルガモが載っていましたが、顔が分からないと分かりません^^

カルガモはカモとしては珍しくオスとメスが同じ色だそうです。

 

あ、片足で立って寝てる!

器用だなあ。

昨日は暖かかったので、水に浸かっている足を見ても寒々しい感じがありませんでした。

 

 

噴水は3つあって、これは真ん中の小さい噴水。

噴水が小さいので水面に映る噴水と本体とを対称させて撮ろうと思いました。

PLフィルターを常用していると、そのまま撮ると水面の反射が抑えられて

影が写らなかったりしますので、はずすか、一番水面の反射が強くなるように回転させる

必要があります。

 

 

そしてこれが一番奥の一番大きい噴水。

時々左右からも吹き出して、夏に見たらもっといい感じだろうなと思いました。

 

 

寒桜が大温室に沿って何本かぽつぽつと並んでいましたが、そのままだと

ただの散漫な感じにしかならないので、1枚の中に圧縮して入れて、

「咲いてる感」を出しました。

 

次はその大温室をご紹介します。

| | コメント (2)

県立相模原公園 春 Part1

暖かくなったらまた行こうと思っていた相模原公園に行ってきました。

19度の予想でしたので、今日を逃してはと思いました。

 

着いたのは11時頃。

まだ人影もまばらでした。

 

 

パンジーがあちこちに咲いていました。

 

 

レンテンローズ(だと思います)

クリスマスローズとも言うそうです。

 

 

菜の花畑が遠目でも輝いていました。

 

 

モクレンのつぼみがこれでもかというくらい^^開花を待っていました。

 

 

クロッカスもたくさん咲いていました。

 

 

紫、黄色、白、紫ミックスと4色ありましたが、黄色と紫の組み合わせがきれいだと思いました。

 

 

逆光だと花びらが透けてきれい。

 

 

紫と黄色の組み合わせがきれいでしたが、紫の花自体に黄色をもっていました。

 

 

紫ミックスもきれいでした。

 

 

白は雨が降ると土がはねて汚れてしまうのが残念。

 

 

ハナビラの色は違っても花弁の色は同じなんだ。

同じ花なんだから当たり前なのかもしれませんが、だったらどうして花びらの色は色々なの?

という気もします。

 

 

と、こんな感じで始まりました。 

| | コメント (2)

2008年3月15日 (土)

RAKUENの風景9

水があるから物理的にも気持ち的にも暑さが緩和されていますが、やっぱり暑いのは暑いよねぇ^^

 

T_35344

2002年8月 モルディブ ヴィルリーフ (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (0)

2008年3月14日 (金)

夕焼け富士山

この前の日曜日、焼けそうだったので、すぐ近所の送電線の鉄塔が入らない所まで行ってみました。

風が強かったので富士山がはっきり見えました。

 

T_50_dsc_8317

2008年3月9日 近所にて

(クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (2)

2008年3月13日 (木)

保護色

ヘラヤガラの保護色。

自然界で生き抜くための知恵って本当にすごい。

 

T_200408akr_90_062_2

2004年8月 ホンジュラス 

| | コメント (2)

去年の今頃は

今年は先月にひどい風邪をひき、今月もまたひいて、土日も日曜にほんのちょっと出ただけですので、

去年の同じ時期のを。

今年はやっぱり去年より1~2週間遅い感じです。

 

 

T_d50_dsc_3608_2

2007年3月 近所にて (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (0)

2008年3月12日 (水)

エビ

潜る海で、種別個体数というのは随分違います。

或る場所では普通でも或る場所では年に数回見るか見ないか、だったりします。

場所によっては固有種もいます。

それで生き物好きなダイバーは見たいものによって色んな海に出かけます。

 

カリブの生き物は見慣れないものがたくさんでとても楽しかったです。

 

T_200408akr_90_023

2004年8月 ホンジュラス (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (2)

2008年3月11日 (火)

桃色

白梅や紅梅もいいですが、春は中間色が似合う気がします。

 

T_201_5383_2

2008年3月9日 近所にて (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (2)

2008年3月10日 (月)

白梅

去年、寒桜とメジロの組み合わせは撮りましたが、梅との組み合わせは撮れなかったので、

今年は撮りたいと思っていますが、今日はメジロの姿自体を殆ど見かけませんでした。

 

T_m0010483

| | コメント (0)

2008年3月 9日 (日)

モクレン

先月ネコヤナギをご紹介しましたが、今日、「あ、ネコヤナギから花が」と思ったら、モクレンでした^^

それにしてもそっくりだなあ。

 

T_201_5375

 

 

T_201_5379_2

2008年3月9日 (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

 

| | コメント (2)

2008年3月 8日 (土)

シャークショー

バハマのシャークショーで事故が起き、オーストラリアから来ていた医師が足を噛まれ死亡したという

ニュースがありました。

 

ダイバーの間ではサメは危険という考え方と、そうじゃないという考え方と分かれます。

私はもちろん前者ですが、色々見聞きしていると後者の方が圧倒的に多いのではと思います。

個人のコメントから雑誌の記事や書籍に至るまで、後者の説を後押しするようなものが多いです。

どんなに、日本や海外でサメの被害にあったという記事が出ても、その考えが揺らがないのが

不思議でなりません。

 

それって、飛行機は安全な乗り物かどうかというのと同じかもしれません。

飛行機が落ちる率はとても低いから車に比べて安全なんだ、ということみたいですが、飛行機は

落ちたらまず100%死にますから、そういうものを安全と思える感覚は私にはありません。

 

サメも同じです。

カツオノエボシとかハブクラゲとかクラゲの被害は多いと思いますし、その傷も結構ひどいですが、

死ぬことは滅多に無いようです。

どちらが危険かといったとき、私は何の迷いもなくサメと答えます。

 

この写真は昔行ったマナ島のサメの餌付けショーの時のものです。

当時そのショーでは日本人ダイバーで知らない人はいないのではという名物ガイドがいたので

そんなに有名なら一度くらいは見ておこうかと行きました。

バハマのショーは100匹くらい集まってくるのが通常のようでした。

 

T_003

1994年12月 フィジー マナ島 (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (2)

ボホール旅行記

中断していましたボホール旅行記を再開しました。

水中編のパート1をアップしました。

お時間ある時に見ていただけたらと思います。

http://rakutobi-bohol.cocolog-nifty.com/blog/

| | コメント (2)

2008年3月 7日 (金)

RAKUENの風景8

小さい頃からグリーンとブルーが好きだった。

昔の男の子では普通だったかもしれないけど、多分好きさ加減が人一倍強かったんだろうな。

 

T_dsc_7876

2007年6月 沖縄 古宇利大橋 (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (0)

RAKUENの風景7

伊江島の有名なスポット、湧出(わじ)の展望台。

着いた時に、学生風の男子のグループが来ていて、ここで休憩していました。

でも、彼らと自分だけしかいない時に、わざわざ人を入れて撮る気にはならないと思って

ゆっくりと、崖の上の小径を移動しながら写真を撮っていました。

しばら~くねばって、やっと自分だけになったよ、と思いながらシャッターを切って、自分も湧出を後にしました。

 

今年も夏の天気のいい時に沖縄に行きたいなぁ。

行けないかなぁ・・・・

 

T_dsc_8326  

2007年6月 沖縄 伊江島 (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (0)

2008年3月 6日 (木)

ツーショット

タテジマヘビギンポがストロボの光が当たったらきれいに写るだろう場所にいたので、それを狙おうとしたら

イシガキカエルウオがヒョコッと現れました。

両方入った方が面白いと、ツーショットに切り替えることにしました。

 

2匹の目両方にピントが合うには、2匹の目から等距離にカメラを移動させなくてはなりません。

シャッターを切るまでに許される時間は1秒?2秒?3秒?

生き物相手の撮影は秒単位。

しかも一期一会。

そこがおもしろさであります。

 

T_00093

2000年9月 奄美大島 (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (2)

2008年3月 5日 (水)

日向ぼっこ

ふふ^^

 

T_50_dsc_8300

2008年3月1日 菊名池公園にて (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (2)

2008年3月 4日 (火)

擬人的には

人に喩えると「えへへ^^;」か「はっ!」か「え?」かなぁ^^

 

T_201_5268

2008年3月1日 菊名池公園にて (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (4)

2008年3月 3日 (月)

掻くんだ^^

カモも四つ足動物のように「かいかいかいかいかい」って掻くんだ^^

 

T_201_5259

2008年3月1日 菊名池公園にて (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (0)

2008年3月 2日 (日)

マガモ

マガモとアヒルと両方にこれと殆どそっくりの色柄があるようです。

これは多分マガモです。

光が当たるとエメラルドグリーンと光沢ブルー、オレンジ、黄色、白、茶とカラフルで結構きれいなんだなあ。

 

T_50_dsc_8272

2008年3月1日 菊名池公園にて (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (4)

2008年3月 1日 (土)

菊名池公園

先日写真を撮っている時に話しかけてきた男の人から聞いた菊名池公園にカワセミを撮りに行ってきました。

結果は・・・・・

 

もっと近くで撮れる場所はないかなあ。

 

それにしてもカワセミほどきれいな鳥は日本ではいないと思います^^

 

Kawa
2008年3月1日 菊名池公園にて (クリックすると別ウインドウで大きくなります)

| | コメント (5)

RAKUENの風景6

南のRAKUENは色んなところにあります。

ここはマジュロ環礁の細長い数百メートルの小島のビーチ。

波の高さ数センチ。

風、微風。

いつまでも見ていたい風景がここにもありました。

 

70_dsc_8936

2007年8月 マジュロ (クリックすると別ウインドウで大きくなります)  

| | コメント (6)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »