« RAKUENの風景3 | トップページ | マジュロの水中編、どんどん長くなってきました »

2008年1月27日 (日)

近所雑記 2008年1月26日

先週去年の2月の第一土曜の梅の写真を載せましたが、あと2週間でほんとうにそういうことになるのか

1週間経った様子を見にいつもの近所に行ってみました。

 

マンサク、かな?

しかし、全ての葉が真っ茶色。

これはどういう状態なのでしょう。

 

 

普通はこれから枯れた葉は落ちるのでしょうが、そうなると枝と花だけという妙な状態になるし。

これで花も枯れておしまいなのかと思ったら

 

 

まだこれから咲こうとしていて、これから春なんだから、そうだよなあと思いました。

でも葉は??

 

 

ああ、やっと春らしい光景が。

 

 

どんどん咲けよ。

 

 

ピンクは春を感じさせます。

 

 

葉の質感と渋さが目に留まったのですが。

 

 

う~ん、渋い。

 

 

花は地味^^

 

 

28-300に2倍テレコンで600ミリ相当で撮ってみました。

でもやはり200-500の方が写りはいいです。

 

 

これがあと1週間で咲くのでしょうか?

来週の気温次第でしょうか。

 

 

白いツバキが爽やかでした。

 

 

今日初めての虫でした。

川を覗いても生き物の姿は全くありませんでした。

花もほんの数種類といったところです。

夏には何百種類もの生き物が暮らしているのに、冬は人間プラス人間と共生している鳥たちくらいしか

地上にはいないということが、考えてみると随分と寂しいものがあります。

 

 

初めていつもの近所で見かけました。

呼びかけたら、家の方を見ながら助けを求めるようにわんわん吠えるので、近づくのは止めました。

図体はでかいくせに臆病なやつ^^

 

 

早く色んな生き物が出てこないかなぁ。

 

 

|

« RAKUENの風景3 | トップページ | マジュロの水中編、どんどん長くなってきました »

近所雑記」カテゴリの記事

コメント

早春の写真を見せていただいてなんだか明るく楽しい気持ちになりました。
美しい色のお花の生命力のおかげでしょうか。

それにしてもまんさくの茶色いはっぱは不思議ですね。
この冬はいつまでも気温が高かったのでこうなってしまったのでしょうか。
こういう現象に環境破壊の証拠を見て心が痛みます。
我が家の今年のテーマは「さらなるエコ」です。
少しでも環境破壊の進度を遅くするために(本当はここで止めなければならないのでしょうが)できることを淡々とやっていこうかなって思ってます。

投稿: norinori | 2008年1月27日 (日) 06時17分

こんにちは、norinoriさん

マンサクはやっぱり変ですよね。
これから葉があおくなって行くはずの時期に、これから散ろうとしている訳ですから。
異常気象のせいなのかもしれないですね。
植物はしゃべれないし、移動も出来ないから、何が起きてもじっと耐えて、耐えきれなくなったら死ぬだけという宿命だから可哀想ですね。
エコ意識は先進国では年々高まってきていますが、これから発展しようと思っている国から言わせるとそれはエゴだということになるようで、先進国は繁栄するために環境をさんざん破壊してきたくせに、自分たちがいい生活を送りたいと思った時には、あれもダメこれもダメというのは虫がよすぎるのでは?という感情があるから、地球規模での改善は難しいものがありますね。
でも、先進国もたがを緩めたら環境破壊のスピードは更に速くなりますから、やっぱり私たちも地道にエコしていかなくてはなりませんね。

投稿: RAKUとび | 2008年1月27日 (日) 10時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« RAKUENの風景3 | トップページ | マジュロの水中編、どんどん長くなってきました »