« 12月7日 浜離宮恩賜公園 | トップページ | Merry Xmas! »

2007年12月16日 (日)

「近所雑記」 12月9日(日)

先週の近所です。

 

T_50_dsc_7528

家のすぐ裏手です。

横浜のこのあたりは昔は山あいの場所で一面の雑木林の地形だったと思われ、今もこういう所があちこちに点在して残っています。

 

 

20071209_02

この木の生え方が面白いと思いました。

タヒチのモーレアでも、未舗装の山あいの道を走っている時にこういう生え方のもっと規模の大きい林を見かけて面白いと思いましたが、すぐ裏手でも似たようなものを見るとは思いませんでした。

 

 

20071209_03

色の模様として切り取ってみました。

 

 

20071209_04

どんなところに住んでいるのかという感じですが、裏手の小高い道では、別世界が広がっていたりするのです。

 

 

20071209_05

下りられないですが、うわ、すごい雑木林!という場所も時々あります。

 

 

20071209_06

ここの紅葉の群生はかなりすごいです。

 

 

20071209_07

色も黄色、緑、紅、その混合、色々あって、撮るのも楽しい所です。

 

 

20071209_08

もう少し走った、新幹線の線路のすぐ脇の空き地に、撮ったこと無い花をみつけました。

 

 

20071209_09

今はこの花をあちこちで見かけました。

これがもうすぐ下のようになります。

 

 

20071209_10

 

 

 

20071209_11

どんどん足を伸ばして歩道を走っていると、きれいな敷地があって、思わず自転車を停めて撮りました。

 

 

20071209_12

何の施設かと思ったら旭硝子の中央研究所でした。

本当に箱庭のようで、見ていて気持ちがよかったです。

 

 

20071209_13

しばらく行くと、このへんの感じもいいな、という場所がありました。

 

 

20071209_15

あ、アメジストセージだ。

メキシカンブッシュセージ、レウカンスとかという呼び名もあるみたいですが、相模原公園でこれの群生を見てきれいだと思い、これが載っている図鑑を買おうと有隣堂に行って、20冊くらいの図鑑を全て見て、どれにも載っていないという現実に驚きました。

新しい外来種みたいで、図鑑作成側が追いついていない様です。

雑誌ではきっと時々載っているのでしょうが。

ウチの会社のビルと隣のビルの通路の花壇にも今置いてあるくらいですから、けっこうメジャーになってきているのではと思うのですが。

 

 

20071209_14

この白と紫の組み合わせとフエルトのような質感がお気に入りです^^

 

 

20071209_16

こんな不思議な花なんだか実なんだか分からないけど、興味を引かれるものも。

 

 

20071209_17

これはしばらく走った別の場所で撮ったものですが、これも最近増えつつあるのかもしれません。

 

 

20071209_18

この一角の雰囲気が独特の雰囲気を持っていて、いい感じだと思いました。

 

 

20071209_19

人気のない空き地に入ってみたら、そこもまた別世界でした。

この時期にこういう季節を感じさせない風景に却って新鮮さを感じたり^^

 

 

20071209_20

生え方が面白い^^

 

 

20071209_21

綿埃をかぶったようですが・・・

 

 

20071209_22

セイタカアワダチソウの花が枯れるとこうなっていくのです。

なんだかサンゴの白化現象を連想して可哀想とか思ってしまいましたが、これが通常の変化なのかどうかは分かりません。 

 

 

20071209_23

あ、ナナホシテントウだ

 

 

20071209_24

秋と秋じゃないのとの組み合わせ^^

ススキの構図を意識しました。

 

 

20071209_25

ANAだ。

 

 

20071209_26

飛行機は事故の悲惨さを思うと怖いけど、でも好きです。

 

 

20071209_27

天気がいいと気持ちいいです。

 

 

20071209_28

もう数分で家という所に戻ってきた時、真っ赤な生け垣にピンクの菊の花が咲いていて、きれいでした。

 

 

こんな感じの12月初旬の近所でした。

今年は季節が例年よりずれていて、こういう風景は11月の姿なんじゃないかなと思いながら撮っていました。

 

 

|

« 12月7日 浜離宮恩賜公園 | トップページ | Merry Xmas! »