« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月31日 (火)

ベルーガの赤ちゃん

6月に沖縄の美ら海水族館でマンタが産まれた。

ちょうど6月末に行くことにしていたから絶好の機会と思っていたら死んでしまった。

今度は愛知県に行く用がある直前に名古屋港水族館でベルーガの赤ちゃんが産まれて公開しているというニュースが流れたので、今度は見るぞと行ってみた。

水族館のHPでは普通に写っていたからそういうもんだと思って行ったら、大間違いだった。

水槽の前には飼育員らしき人が机を置いて観察しているようで、一般客は水槽から数メートル外側に設けられたガラス越しに見る形だった。

しかしそのガラスに色が付いているのか、やたら中が暗い。

撮ろうとしたらスローシャッターになってしまい、いくらレンズをガラスに押し当てて手ぶれを防いでも被写体が動くから被写体ブレしてしまう。

仕方ないからISO感度を最高の1600に上げても開放絞りでシャッター速度は4分の1秒にしかならない。

ベルーガの泳ぎはゆっくりだけど、それでも4分の1秒では止まらない。

何枚か撮ったが、全て被写体ブレしていた。

これ以上どうしようもないかと思った時、マイナス補整して撮って、後でプラス補整すればもう少しシャッタースピードが稼げると思い、マイナス補整した。

いわゆるフィルムで言う「増感現像」というもの。

するとシャッタースピードは10分の1から15分の1まで上がった。

フィルムの場合は1ロール単位になってしまうが、同じことがデジなら1カット毎に出来、しかもその補整幅もフィルムと違い1カット毎に変えられるのが便利な所だ。

それからAF補助光も暗いときには結構目立つから、メニューの中でAF補助光をOFFに変更もした。
どうせ届かないし。
そういうテクも必要な知識だ。

 

2007年7月 名古屋港水族館にて(クリックすると大きくなります)
T_dsc_8591

|

2007年7月30日 (月)

蝉のメッカ

蝉時雨という言葉がある。

蝉の声が雨のように降り注いでくる状況のことをいう。

しかし蝉の姿は大抵の場合見えない。

子供の頃のうんと昔でも蝉を捕るには長い竿の先に「とりもち」というのをつけて、それで樹の上の方にいる蝉にペトっとつけて捕るというのが本に書いてあったくらいで、蝉はそう簡単には捕れない高さにいるのが相場だった。

ところがそうじゃない場所が日本にある。

今まで色んな所に行ってきたが、これほど蝉が手の届くところに山ほどいる所があるとは思わなかった。

何しろそこでは蝶よりたくさん蝉が飛んでいる。

 

2007年7月 愛知県某所(クリックすると大きくなります) T_dsc_8341


 

え?何を撮ったのかよく分からないって?

 

それではマーク入りの大きい写真を。

 

(クリックすると大きくなります)
T_semi


こういう樹が所々にある。

これほどでは無い樹なら山ほどある。

種類も、アブラゼミとミンミンゼミと時期によってはクマゼミもごちゃまんといる。

蝉好きには垂涎ものの場所だと思う。

|

2007年7月27日 (金)

古宇利島 その1

今回の旅行でのイベントとしてはエモンズという古宇利島沖に1945年に沈んだ米海軍の掃海艇(全長90メートル)を見に潜るというのがあった。

ちょっとコンディションがよくないとしんどいし危険でもある沈船ポイントで、軟弱ダイバーとしては、久しぶりのダイビングだし、近場でまったりダイビングでもいいと思っていた。

しかし古宇利大橋の景色は一度見てみたいと思っていたので、天気も最高によさそうだったし、せっかくのチャンスだからと行くことにした。

メンツはダイビングショップの馴染みのガイドさんと我が家夫婦の3人。

小旅行気分で楽しいドライブをしながらいざ古宇利島へ。

 

あ、あれが古宇利大橋か!

わっ、海がきれい!

 

2007年6月 沖縄 古宇利島(クリックすると大きくなります)
T_dsc_7622

|

2007年7月25日 (水)

瀬底大橋 その3

今回の旅行では今までと違うところからの瀬底大橋を見てみようと思い、3日の滞在の最終日の昼食休憩の時、時間の無い中、ビーサンで急ぎ足で店を出た。

どこからどう見えるのかも分からなかったし、どこから見るのが一番いい感じなのかも分からなかったので、取り敢えず戻りの時間を考えて時間で決めようと歩き始めた。

幹線道路をしばらく歩いて海沿いに出ると、いつも見る瀬底大橋とはちょっと違った風景だった。

ちょっと撮っては、もう少し歩き、もうちょっとこういう構図で撮れないかな、もう少し行ったらそう見えるかな?とか色々思い、時計を気にしながら少しずつ進んでは撮っていった。

 

その中の一枚。

ちょっと緑が入るとよくなくなくない?^^

 

2007年6月30日 沖縄本島 本部(クリックすると大きくなります)
T_dsc_8139

|

2007年7月24日 (火)

紅海ソマベイ

去年の8月に初めてエジプトに行った。

メインはダイビングだったが、紅海で唯一有名なシャルムエルシェイクではなく、日本人にはほゞ全くと言っていいほど無名のソマベイというところに行った。

ヨーロッパからのツアーは普通にあるようだが、日本人は駐在員のそれもごく一部の人しか行ったことはなさそうな場所だった。

エジプトは雨期とかないから毎日快晴で、目にするものが全て鮮やかで、水中も今までのどの海より穏やかで、何十年来見たかった固有種も見られて満足だった。

でも、事前には日本語だけでなく、ヨーロッパ人のサイトも含めて旅行記は無かった。

だからこの素晴らしい所を、世界代表で?^^紹介しようと、旅行記も400枚以上の厳選した写真で、おそらく世にある旅行記というものの中で最大規模の旅行記を作った。

今でもソマベイで検索しても自分の旅行記しか出てこないと思う。

その「私の旅行記の海と空の色にやられて」今回同じ所に行かれた方がいらっしゃる。

ソマベイに行かれる方の事前イメージは私の旅行記しか無く、天候による印象の違いというのが無いということは、行ってみての感想がよかったかどうかは、ほゞ自分の責任みたいなものだ。

今回初めて自分の旅行記がきっかけでエジプトに行こうと決意されて、事前にメールでも色々情報を提供させていただいた方が昨日帰国された。

成田到着は午後1時頃のはずだから、自分と同じように感動して帰国されたらすぐにメールかご自身のHPの掲示板への書き込みがあるかなと思い何度メールチェックしても夜寝るまで無く、ご自身のHPの掲示板も何度も見てみたが、そちらにも何の書き込みも無かった。

ということは、次の帰国便は水曜だから、きっと水曜の帰国なのだろうと思ったら、今朝ご自身の掲示板に書き込みがあった。

私の旅行記が無かったら絶対に行くことは無い場所への旅行の感想は、それはそれは気になっていた。

ソマベイに到着されたはずの日から毎日、毎日、ソマベイは楽しめているだろうかと、感想の第一声は感動したというものだろうか、一体どうだったのか、気が気でなかった。

ところが、その掲示板の書き込みを見て本当にがっかりした。

内容は現地手配をした旅行会社が最高によかったということだけで、ソマベイについてはホテルについても海についても風景についても何の感想も無かったばかりか、きれいな写真も撮れなかったそうで(快晴でそうだということは、つまりきれいと思わなかったということ)、海というよりもいろんな所を見てみたいと(つまり、見たかった遺跡は興味深かったけど海は面白くはなかったということ)思われたそうだ。

旅行記も出発準備編は出発前に作られたが、その続きはいつになるか分からないとのこと。

つまり、感激して楽しんだ風景も海も、全然そうは思いませんでしたとの感想で、これほどがっかりしたことはHP開設以来4年の間で初めてだ。

自分の旅行記を読んで、そんな素晴らしいところがあるならと行ってみたら、よかったの一言の感想も書く気にもなりませんでした、というのが結果だというと、その責任の殆どは自分にあると思えて、旅行記の文面も変えなくてはいけないかと思った。

 

基本的にソマベイの海は流れも常に無く、世界でもっとも穏やかなだけに「大物」はいません。
だからマンタ、カメ、ジンベイがいないと満足できないのならダイバーでもシュノーケラーでも楽しめません。

もし館石昭さんが昔初めてモルディブを日本人に雑誌で紹介し、それを見て「そんな楽園があるんだ!」と行ってみたら、「シャワーは塩水で、食事は毎日カツオのカレーばかりで、楽しめませんでした」が第一声だったらさぞやがっかりしただろうな。

2006年8月 紅海ソマベイにて (クリックすると大きくなります)
T_dsc_4594

|

2007年7月23日 (月)

瀬底大橋 その2

瀬底大橋 パート2。

夕焼けというのは、夕陽と違って、晴れていれば必ず見られるものではない。

何故なら焼けるためには太陽の光を反射(乱反射?)するものが大気中にたくさんある必要があるから。

だから快晴のまま夕方を迎えると、そのまま焼けずに徐々に暗くなって終わってしまう。

夕陽を反射する代表的なものとしては雲ということになる。

しかし、これが微妙で、地平線の近くに雲が多いと雲に隠れたまま夕陽は沈んでしまう。

その辺りは光を遮るものが少なくて、その上の方には厚すぎず少なすぎない量の雲が空一面にあると空全体が真っ赤に焼ける。

今回は天気が良すぎて焼けないと思っていたらやはり焼けなかった。

だけど、一応沈んだ後の残光でも撮っておこうと思った。

  

すると何だか北斎や広重の版画にあるような橙色のグラデーションになった。

 

2007年6月 沖縄本島 本部(クリックすると大きくなります)
T_dsc_7598

|

2007年7月22日 (日)

瀬底大橋 その1

前回出てきた瀬底島と本部半島をつなぐ橋が瀬底大橋。

ダイビングショップからも見えるし、港からも見えるし、船からも見えるし、色んな瀬底大橋の姿が楽しめる。

 

最初は本部港からの姿を。

やはり沖縄でも夏は夏らしい空気がある。

伝わったでしょうか?

 

2007年6月 沖縄本島 本部(クリックすると大きくなります)
T_dsc_7535

|

瀬底島

13回行った沖縄 本部(もとぶ)のダイビングショップは瀬底島に近いところにある。

 

人間、何故か遠くに行くほど素晴らしい場所があると思いがちだ。

車で5分、歩いてだって十分に行ける瀬底島は、心理的に「瀬底もきれいだけどね」というくらいの評価で、近いのに「こんなきれいな景色がこんな近くにあるなんて」と頻繁にその景色を楽しみに行くという話はとんと聞かない。

自分も、1回目の時の最終日にレンタカーで廻ったのと、プロカメラマンの夕日撮影に便乗して行ったのと、昼休みに瀬底大橋の上から撮ったのと3回しかない。

だけど、きっと島に渡って、海岸線の崖の上まで行けるところからの眺めは伊江島で見たのと同じくらい素晴らしいんだろうなと思う。

もし自分が本部に住んでいたら、「撮影雑記」のためにしょっちゅう電動アシスト自転車で行っちゃうだろうな。

それでも毎回何かしら撮るものはあるだろうな、と思う。

 

2007年6月 沖縄 瀬底島 (クリックすると大きくなります)
T_dsc_7528




T_dsc_7530 

|

2007年7月21日 (土)

伊江島のダイビングポイント

本部エリアで潜る場所は大きく4つある。

一つはビーチポイントでも有名な崎本部、それから瀬底島、水納島、伊江島だ。

この中では伊江島が一番遠く、風によって行けないことも多い。

伊江島でのダイビングは、洞窟をくぐって地形を楽しんだり、、ある程度の深場にいる魚を撮りに行ったり、浅場では石の下に何か隠れていないかなと探したり、というスタイルが多い。

 

今回、いくつかあるポイントの一つを陸から見ることが出来た。

船はお世話になったショップの船ではないが、きっとここも潜ったことがあるんだろうなと思う。

 

そうかぁ。

こういう感じなんだぁ。

きれいだなあ。

あの辺はああなってるんだろうな、あのあたりはあんな感じだろうな、と一人で想像していた。

 

2007年6月 沖縄 伊江島にて(クリックすると大きくなります)
T_dsc_7404

|

煮しめ

伊江島で自転車を借りて出発してまもなくのこと。

「ニシメ」と書いた宣伝ののぼりを見かけた。

 

そうなんだ、伊江島では「煮しめ」って、「もずく」とか、「クルマエビ」とかみたいに有名なのかもしれない、とその時思った。

あれ?人の名前が書いてある。

そうか、ここはお店には見えないけど、この家が「順志郎」さんの家で、ここで作って卸しているのかな。

「順志郎」さんの「煮しめ」って有名なのかも、

と思って、写真撮っておこうと撮った。

 

しばらく乗っていると、所々に同じのぼりがあるのに気がついた。

あれ?  ということはさっきの場所は順志郎さんの家じゃなかったんだ。

それにしても随分宣伝してるな、ちょっとびっくり。

 

しばらくした時、その正体が分かった。

あるものに「煮しめ」順志郎、いや、ニシメ順志郎と書いてあった。

そう、選挙のポスターだった^^;

 

ニシメって人の名前なん?

順志郎は漢字なのにニシメはカタカナだし。

 

やっぱり沖縄は本土とは違うな^^

 

2007年6月 沖縄伊江島にて
T_dsc_7339

|

2007年7月20日 (金)

湧出(わじ)

伊江島の観光スポットに「湧出」というところがある。

「真水が湧き出で、本島からの海底送水が実現するまでは、島の重要な水源地だったことから、この名がつけられたという」(伊江村商工会HPより)

今回リュックを背負っての自転車だったので城山のふもとで疲れてしまった。

時間の関係もあったが、湧出だけは見ておきたいと思って行ってみた。

どうしてかというと、海の色が浅いところのグリーンと、深い方にかけてのブルーが濃くなっていくグラデーションのコンビネーションが何より好きだからなのだー。

そういう所は100%感激する。

 

あ、シュノーケリングしてる!

 

2007年6月 沖縄 伊江島にて(クリックすると大きくなります)
T_dsc_7356

|

2007年7月18日 (水)

RAKUEN空港

伊江島に降りた乗客は自分一人。

ヘリの人は空港の係の人に運行記録か何かを伝えるのが終わるとまた那覇に戻っていった。

残ったのは空港の係員の若い男性と自分の二人だけ。

 

滑走路には何も停まっていない。

エンジンの音も、話し声も何も聞こえない。

ただあるのは平屋の空港の建物と、滑走路と、真っ青な空と草だけ。

売店も何もない。

空港を出ても何もありそうにない。

  

タクシーの1台くらいは空港出たところに停まっているかなと思っていたらとてもそんな雰囲気ではなかった。

 

さて、どうしようかな・・・・

 

空港の係員の人に、「レンタサイクルとか借りられる場所はない・・・・ですよね?・・・」と聞くと、「ええ、この辺りにはありません。港に行けばありますけど」との返事。

「そうですか・・・・」

 

すると「車で送ってあげましょうか?」との助け船。

 

「でも、誰もいなくなっちゃいますよね?次の便はいつなんですか?」と言うと、

「不定期ですから。 もう来ないかもしれないし。 すくなくともしばらくは来ませんから」と何ともアバウトな返事^^

「だから大丈夫です。送っていきますよ」

 

そこでありがたくご厚意に甘えることにした。

真っ昼間に戸締まりをしてから、彼の乗用車で港に向かうことになった。

 

走り出してすぐ、まだ空港の中を走っている時、急に鳥が舞い立った。

のどかな風景、澄み渡った青空。そこに真っ白な鳥たち。

そこにRAKUENのひとつの姿を見た気がした。

 

2007年6月 沖縄 伊江島空港にて(クリックすると大きくなります)
T_dsc_7318

|

伊江島 城山

伊江島というととっても遠くからでも一目で分かる山がシンボル。

「城山」という。

「ぐすくやま」と読むそうだ。

「伊江島タッチュー」の呼び名で親しまれているそうだ。

 

港のすぐ前で自転車を借りて見回すと、やはり城山が目に飛び込んでくる。

手前に障害物のないように撮ろうと思い自転車を漕ぎ始めると、山に向かって上り坂になっていて、すぐに自転車に乗ったまま行くのを諦めて押しながら進んでいった。

炎天下をしばらく行けどもすっきり見える場所が見つからず、「そういう場所ってもしかしたらないのかな」と思い始めたとき急に視界が開けた。

面白いことに、城山のふもとのあたりは平地になっていた。

平地のまま一周できたかどうかは分からなかったが、平地の所を城山のまわりを歩きながら色々撮った。

その中でのお気に入りがこの場所からのカット。 

 

炎天下に重いカメラリュックを背負いながら(その後に使う予定の機材も入っていたので)自転車を押して坂道を上っていくのは結構しんどかったが、「伊江島タッチュー」というのを「たっちゅーの」「たっちゅーの」とずいぶん前に聞いたようなフレーズを頭の中で繰り返しその度にポーズも思い浮かべたりして、そのくだらなさをエネルギーに上っていった(笑)

 

2007年6月 沖縄 伊江島(クリックすると大きくなります)
T_dsc_8283

|

2007年7月15日 (日)

水納島

水納島という島が本部半島の近くにある。

この島はクロワッサンのような形をしているので、是非上から撮ってみたいと思っていた。

ところが水納島は、瀬底島と伊江島を直線で結ぶと左側に外れた位置にあって、伊江島の近くなので上空を通るのは変則ルートになる。

 

瀬底大橋を撮っていて、ふと前方を見るともう伊江島が近くに見えてきて、あれ?水納は?クロワッサンは?どこ?どこ?と左を見るときれいなリーフに囲まれた平べったい島が見えた。

あ、あれ?あれなん?

えー、もっと上通らないの?

乗る前に水納島通るって言ってたじゃん!

 

そう思っている間にも前方には伊江島がどんどん迫ってくる。

 

伊江の全景も撮らないと!

でもいくら平べったくても水納島は撮っておかないと!

ああ、この想定外の「見え方」をどうやって撮ろうか!

 

早く!早く撮らないと伊江に着いちゃう!

 

と焦りながら撮った内の1枚がこれだ。

クロワッサンと思わなければこれはこれでありかな、と思う^^

 

2007年6月 沖縄本島 本部(クリックすると大きくなります)
T_dsc_7199

|

2007年7月 9日 (月)

那覇からヘリで伊江島へ ラスト

この空撮シリーズは、もちろん一般向けですが、沖縄本部半島にあるダイビングショップ「ファイブオーシャン」のスタッフの皆さん、及びファイブオーシャンLOVEの方々に喜んで頂けると思い、従来の「撮影雑記」と違い一つの記事に大きなサイズを複数載せるという特別な形態をとってきました。

今回本部港と、瀬底大橋の所まで来ましたので、この空撮シリーズはこれで終わりです。

後は「RAKUENへの扉」の旅行記の方でご紹介します。

 

 

最初は本部港。

ここからダイビングに出発。

伊江島と本部を結ぶフェリーもこの港に入る。

右手がフェリー乗り場で、左手にダイビングボートがつながれていて、その左側が漁港。

T_dsc_7167_1
(クリックすると大きくなります)

 

 

 

本部港を通り過ぎたと思ったらすぐ近くに瀬底島と本部との間に架かる瀬底大橋だ。

T_dsc_7178
(クリックすると大きくなります)

 

 

 

 

この橋をくぐって水納島、伊江島に行く。

小さいリーフがあちこちに見える。

あのあたりの水中はどうなっているんだろうと想像してしまう。

T_dsc_7188
2007年6月 沖縄本島本部(クリックすると大きくなります)

 

 

|

2007年7月 8日 (日)

子ツバメ

家の近くのバス停脇のビルにツバメの巣があり、毎年ヒナが孵る。

ビルの1階の駐車場シャッターの上に巣があるが、2つはもう使われていなくて、今年の巣は見やすい場所にある。

もうかなり大きくなったヒナが巣に「たわわになって」いて可愛い。

もうそろそろ巣立ちのタイミングだと思い、この土日に撮っておかないとと、行ってみた。

 

早く親がごはん運んできてくれないかとみんな神経を集中して同じ格好で待っているのが可笑しいかんじ。
T_t_dsc_8234

  

 

 

「うわっ、帰ってきた!早く!早く!」
T_t_dsc_8239 

 

 

  

「早く~~~~~!!!!」
T_t_dsc_8241 

 

 

 

「今度はこの子の番ね」     ってところかな。
T_t_dsc_8242 
2007年7月 近所にて

|

2007年7月 7日 (土)

那覇からヘリで伊江島へ その3

那覇空港から20分足らずで本部半島の付け根まで来てしまった。

このあたりは採石が盛んで、91年の12月にレンタカーで「海洋記念公園」に行った時は、どんより曇っていたことも相俟って、途中の道は「ほこりっぽい」印象だった。

今では道も整備され広くなって、当時のような印象は無くなった。

T_dsc_7143_1 
(クリックすると大きくなります)

 

しかし、そのエリアを抜けるときれいな海を見ながらの楽しいドライブだ。

空からだと海岸線沿いには素晴らしいサンゴのリーフが広がっているのがわかる。

T_dsc_7149_1
(クリックすると大きくなります)

 

 

その先もずっとサンゴに縁取られた海岸線が続く。

T_dsc_7151
(クリックすると大きくなります)

 

 

そして、本島でも有名なビーチダイビングポイントの崎本部が見えてくる。

こういう風になってたんだ。

T_dsc_7158
2007年6月 沖縄本島 本部(クリックすると大きくなります)

 

 

 

|

那覇からヘリで伊江島へ その2

ここは残波岬を通り過ぎてちょっと行ったあたり。

素晴らしいサンゴのリーフが見える。

こんなきれいなところだからと開発を進め、それに伴ってサンゴがダメージを受けている現状がある。

T_dsc_7071_1

  

次はもう少し北上したムーンビーチのあたりから遠く伊計島方面を望んだ風景。

伊芸のサービスエリアからも見えるが空から見るとまた違った感じ。

T_dsc_7083

2007年6月 沖縄本島(クリックすると大きくなります)

|

2007年7月 6日 (金)

那覇からヘリで伊江島へ その1

エアドルフィンという会社が、那覇と本島周辺の離島との間を就航している。

今回那覇から伊江島まではセスナと思っていたらヘリだった。

乗客は自分一人。

操縦士と副操縦士と合わせて3人でのフライトだった。

 

那覇空港を飛び立ち「ウエストコースト」を北上し、わずか5分の頃の市民球場あたりの海岸がこんなに魅力的な色を見せてくれるなんて。

さすが沖縄!

 

(クリックすると大きくなります)T_dsc_7011

更に5分ほど行くとこんなきれいなリーフも見えてきた。

上から見ると楽しい^^

 

2007年6月 沖縄本島(クリックすると大きくなります)T_dsc_7061

|

2007年7月 5日 (木)

那覇空港

先週沖縄に行ってきた。

本島ステイとしては初めての朝便だった。

10時半に那覇に着いた。

11時半には乗り継ぎのオフィスに行かなくてはならなかったので、急いで沖縄そばを食べて、まだ少し時間があったので建物の中から外の景色を撮った。

丁度いい感じで対称に2機の尾翼が入る位置に停まっていたので、その向こうに見える慶良間諸島と組み合わせて撮っていると次々と飛行機が滑走路を移動していった。

何回目かのチャンスに真ん中に2機が重なるタイミングが有った。

すかさずそのタイミングでシャッターを切った。

 

それから「エアドルフィン」のオフィスへ行くと丁度いい時間だった。

 

2007年6月27日 那覇空港にて(クリックすると大きくなります)
T_dsc_6926_1 

|

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »