« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月23日 (土)

ウナギ目

○○ウミヘビという名前の魚がいる。

名前はウミヘビでもいわゆる爬虫類のヘビのウミヘビではなく、ウナギ目の下にアナゴと並んで分類される魚だ。

つまりアナゴの仲間だ。(ここが今回の重要ポイント!^^)

 

以前フィリピンで潜っているときに見慣れないウミヘビが砂から頭を出していた。
(大体そうやって餌を待っているようだ)

この種類は初めて見たと思い急いでカメラを向けるといきなり砂に潜ってしまった。

 

チェッ、ダメだったか、と一瞬思ったその時、砂が盛り上がって、その盛り上がりがマンガのように動き始めた。

おおっ、どうしたんだ、どうしたんだと見ているとちょっとしてピタッと止まり、また頭を出した。

まだシャッターチャンスは残っていたと喜びながらまたファインダーを覗いていると、おや?隣にも同じ種類のがいる、と気がついた。

そうか、そうだったんだ。

この広い海の中でメスを見つけたんだ。

だからもう、一目散に目がけていったんだ。

 

「おなごみつけた!!!」といったところか。

 

アナゴなだけにね!・・・・・・・・ハニーフラッーーッシュ!♪ byいとうあさこ(笑)


 

2000年8月 フィリピン ミンドロ島(クリックすると大きくなります)
T_00084_044

|

2007年6月17日 (日)

富士山

昨日は梅雨入りしたばかりなのに朝から快晴で、TVを見ていたら富士山がくっきり写っていたので、ウチの近くでも見えるのではと自転車で以前夕焼けの富士山を撮った場所に行ってみた。

見えるのは見えるが、夕方と違い、全てのものが見えてしまうので明るいときはベストの場所とは思えなかった。

 

それでもっといい場所はないものかと自転車で走り回って、やっと視界の開けた場所を見つけた。(クリックすると大きくなります)

T_d50_dsc_5756

 

まあこの場所で人工物の入らない場所ってやっぱり無理かなと思いながら諦めずに探しているともっといい場所を見つけた。

T_200_9287  

 

人工物を入れないで撮れる場所があるとは思わなかった。

 

因みに、手前の森と富士山と両方にピントを合わせるために絞りを思い切り絞って、ぶれないようにセルフタイマー10秒でカメラの揺れが収まってからシャッターが切れるようにした。

 

2007年6月16日(クリックすると大きくなります)
T_d50_dsc_5769_2

 

結構走ってしまったので帰りは時間がかかった。

| | コメント (5)

2007年6月 3日 (日)

沖縄本部の思い出 その1

2001年の10月に、旅行会社の紹介で沖縄本島の本部半島にあるダイビングショップに行った。

紹介ということでオーナーが気を遣って下さり、水中も船上も夕食も我が家とショップのオーナーと完全にマンツーマンだった。

10月の体育の日絡みだったのでゲストが多く、船もフル回転で、普通なら休憩時間になるところも、ガイドの人達はピストン輸送のように次のグループと海に出て行った。

通常1日3本までは潜れるが、3本目にそこだけがひときわ目立ったきれいなイソギンチャクを見かけた。

滅多に見られないものなのでどうしても撮りたくて、それを言うと、オーナーはうーんと悩んで、それならと4本目のボートに乗せてくれ、そこのポイントで一人だけ落としてもらい後で回収してもらうというパターンを考えてくれた。

ダイビングの経験が多かったということと、浅いところで移動するわけではないということでそれが成立したのだと思うが、そのおかげでまた一つ財産が増えた。

ピックアップしてもらった時には陽もだいぶ傾きかけていた。

 

こうして本部通いが始まった。

 

2001年10月 沖縄本島 本部にて(クリックすると大きくなります)
0110_036ad

| | コメント (6)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »